超越瞑想は、本当に効果があるか?……試してみた。

騒がしい日常のなかで安らぎのオアシスを求めて、やがて超越瞑想を試すことになった。

私が超越瞑想を学んだ理由と、今も続いている理由

私は人生の大部分を激しい不安やパニック発作で苦しんできた。

 

風変わりな鬼才たち:デヴィッド・リンチとリック・ルービン

優れたアーティストたちにとって偽りのない真の自分こそがインスピレーションの源だ。映画監督のデヴィッド・リンチと音楽プロデューサーのリック・ルービンも真の自分に留まることを大切にしている。

私が超越瞑想を学んだ理由と、今も続いている理由

ミュージシャン、音楽プロディーサーのブレーク・イアンが超越瞑想の体験についてブログで語っている。彼は、人生の大部分を激しい不安やパニック発作で苦しんできた。それが今ではほとんど不安を感じることなく生活しているそうだ。

ストレスに対処し、真の人生を生きる──ヒュー・ジャックマン

俳優、プロデューサー、そして良き父親であるヒュー・ジャックマンは、先日、FIFAワールドカップを観戦してから、2014年ウィンブルドン男子決勝の観客席に向かう合間に時間をつくって、シリウスXMラジオの番組『ストレスなき成功』に出演した。

パニック障害が消えてなくなった日

ティム・ペイジは長年、ワシントンポストの音楽評論家として活躍していた。1997年には、その明快で啓蒙的な批評が評価されてピューリッツァー賞を獲得した。ティムが最初に超越瞑想のことを聞いたのは60年代の初めであったが、実際に習って始めたのは1975年だった。

ジム・キャリーがマハリシ経営大学の卒業式でスピーチ

超越瞑想を実践している米国のコメディアンで俳優のジム・キャリーが、アイオワ州のフェアフィールドにあるマハリシ経営大学の卒業式で祝辞を行った。

魂にあいた穴を癒してくれたもの〜依存症から立ち直る

ジョーナはアメリカ南部出身の67歳の男性である。彼は若い頃からアルコールやドラッグの依存症であり、34歳のときに超越瞑想を出会って、薬物依存から抜け出すことができた。

ウオール街のビジネスマンのトレンディーは「瞑想」

ウォール街のビジネスマンの間では今、瞑想がトレンディーだ。オンラインのブルームバーグでは、ビジネスマンが変動する経済のなかで平静を保つために瞑想を行っている、と報道している。

超越瞑想は、PTSD患者を救う新しい治療薬?

多くの退役軍人が長年に渡ってPTSD(トラウマ)による後遺症で苦しんでいる。ニューヨーク大学ランゴン医療センター精神科の名誉会長ロバート・カンクロ教授は、PTSDの治療に医薬品だけでなく超越瞑想を適用するよう政府に呼びかけている。

ニコール・キッドマンが好きな、心を静める方法

『instyle誌(2014年3月号)』のインタビューで、女優のニコール・キッドマンは、彼女の好きな心を静める方法──それは超越瞑想を行うことであると語っている。さらに、キッドマンは、その古代の英知を最先端の技術と一緒に活用していると話した。

「女は瞑想で輝く」──ヴォーグ・ジャパン

ファッション雑誌ヴォーグ・ジャパン(2014.06月号)では「女は瞑想で輝く」と題して、瞑想をライフ・スタイルとして取り入れている人々を紹介している。瞑想の体験を語る8人のうち5人が超越瞑想を愛好している人たちだ。以下は、その記事からの引用である。

ジェニファー・アニストンの美しさの秘密

何がジェニファー・アニストン(45)を、輝くばかりに若く美しく見えさせているのか? starpulse.com(2014年3月27日)のサイトで、ジェニファーは、彼女の美しさの秘密は超越瞑想の実践にあると明かしている。

ヘザー・グラハムが語る「心を空っぽにする時間」

ハリウッド・スターのヘザー・グラハムは、これまで20年以上にわたって超越瞑想を実践してきた。彼女は、90年代の初めに『ツインピークス』の仕事をしたとき、デヴィッド・リンチ監督から超越瞑想を勧められ、それ以来ずっと1日に2回、規則的に瞑想を続けている。

「瞑想して自分自身のより深いレベルを知る」ギターリストのトシン・アバシ

八弦ギターの達人、トシン・アバシ(31才)は、「コンサートの前に瞑想すると最高の演奏ができる」と語っている。彼は高校時代から超越瞑想の実践者だ。

投資家の短期的な心理から離れ、冷静な目でマーケットを見るために瞑想は有効

「証券と資産運用という厳しい業界で生き延びられたのも、瞑想との出会いが非常に大きかった」と投資教育家である岡本和久氏(I-Oウェルス・アドバイザーズ株式会社代表取締役社長)は、週刊新潮の記事のなかで語った。

不安症、パニック障害、鬱病という牢獄からの解放

健康を促進する非営利団体、ASHAインターナショナルの理事長であるガーヤットリーは、超越瞑想の助けを借りて、鬱病と不安症を乗り越えたとCNNの記事のなかで述べている。

私たちの内側から奏でる「静寂の交響曲」

ジョージ・エリスが、哲学の学位をとって卒業した直後のことだった。サクラメント・シティ大学の美術部の学部長から電話がかかってきた。「あなたの申込書を読みました」と彼は言った。「フォルサム刑務所で哲学を教える人を探しているのですが、まだ見つからないのです。あなたが我々の最後の希望なのですが……」

人間の潜在力を活用するための技術。何かを得たければ「与えること」

人間の潜在力がまだまだあるとしたら、それは、どのような能力だろうか? 超越瞑想の創始者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーは、著書「超越瞑想──存在の科学と生きる技術」のなかで、人間の潜在力は、環境を最大限に活用する能力であると述べている。

山に登るために、まず海辺で瞑想する

WSJのコラム「あなたは、どんなトレーニングをしているのか?」のなかで、レストラン経営者のエリク・オーバホルツァーは、より注意深くあるために瞑想しているとインタビューに答えている。

戦争難民のストレスが、瞑想習得後10日で大幅に減少していた

昨年の研究によると、ストレス障害で苦しんでいたコンゴの戦争難民が、超越瞑想を実践することで症状が劇的に改善されることがわかった。この研究では、研究開始時点、超越瞑想を学んで30日後、135日後に、心的外傷後ストレス障害の評価を計測していた。

私たちの体は、アドレナリンで生きるようにはできていない

全社員が仕事に専念し、創造的で、生産的で、ストレスがたまっていない……そんな職場があるとしたら、どんな職場だろうか? 医師のノーマン・ローゼンタール氏は、ハフィントン・ポストの記事の中で、こうした活気に満ちた幸福な職場環境を実現する方法について考察している。