戦争

テロに戦わずして勝つ方法

暴力やテロといった問題を静かに解決する方法がある。ナチュラル・ヘルスの専門家イレーヌ・ガバラスさんは、その方法が瞑想であることをハフィントンポストで取り上げた。

現役軍人のPTSD(トラウマ)が瞑想で改善されるという研究結果

米国のジョージア州にあるアイゼンハワー陸軍医療センターは、現役軍人の治療に超越瞑想を利用した最初の医療機関だ。

アイオワの小さな町で瞑想して、戦争で負った心の傷が癒された顛末

イラクの自由作戦で配備された退役軍人であるフリーライターのスプリヤ・ベンカテサンさんは、アイオワ州のフェアフィールドに移り住み、毎日、瞑想することによって戦場でのトラウマから解放されたと、ワシントン・ポスト紙のブログのなかで述べている。

瞑想は、世界を変えることができるか?「瞑想する大統領」の驚くべき物語

心理学の雑誌「Psychology Today」のオンライン版に「瞑想は、世界を変えることができるのか?」という記事が紹介されている。長期の内戦で荒廃していたモザンビークをシサノ大統領は、防衛や教育に超越瞑想を導入することで奇跡的な復興を成し遂げたからだ。

回復への道──戦闘経験の悪夢から逃れる

戦争の傷跡は、体よりも心に深く刻み込まれる。それは訓練された兵士でも同じだ。アイゼンハワー軍医療センターでは、戦闘経験の悪夢から逃れることができない帰還兵に対し、治療のひとつとして超越瞑想を処方している。以下は米軍の公式サイトに掲載された記事の抄訳。

風変わりな鬼才たち:デヴィッド・リンチとリック・ルービン

優れたアーティストたちにとって偽りのない真の自分こそがインスピレーションの源だ。映画監督のデヴィッド・リンチと音楽プロデューサーのリック・ルービンも真の自分に留まることを大切にしている。

超越瞑想は、PTSD患者を救う新しい治療薬?

多くの退役軍人が長年に渡ってPTSD(トラウマ)による後遺症で苦しんでいる。ニューヨーク大学ランゴン医療センター精神科の名誉会長ロバート・カンクロ教授は、PTSDの治療に医薬品だけでなく超越瞑想を適用するよう政府に呼びかけている。

アフリカ難民の心的外傷後ストレス(PTSD)の症状が顕著に減少

戦場から帰還した兵士でも心の傷からは逃れることができない。多くの兵士が、帰還後も心的外傷後ストレス(PTSD)のなかで苦しんでいる。しかし、戦場となった国の犠牲者はもっと過酷な状況の中にある。

中南米の各国で、学校や軍隊に超越瞑想を大規模に導入

ブラジルの議会は、国内にある公立中高等学校すべて(約4千8百校)に、超越瞑想プログラムをカリキュラムの一部として採用することを承認した。それによって、近い将来、約4千5百万人のブラジルの学生が超越瞑想を学ぶことになる。

超越瞑想は人生を変換する。デヴィッド・リンチ財団の五年間の達成

過去5年間、デヴィッド・リンチ財団は、深刻なストレスに苦しむ25万人以上の人々を救済するために、超越瞑想が学べるよう支援してきた。瞑想を学んだ彼らの体験は目覚ましく、また、研究によって効果が裏付けられてきた。

超越瞑想が軍人の心の傷(PTSD)を修復し、苦痛から解放する

衝撃的な統計結果がある。米国では、毎日18人の退役軍人が自殺しており、しかもその三分の一は、退役軍人局の支援のもとで治療を受けている人々であった。退役軍人局は軍人達への支援を増やす対策を行っているが、それにも関わらず自殺率は過去最高のレベルにまで増え続けている。

帰還兵のPTSDに対処する超越瞑想の効果──CNNの報道

米国では、戦場から帰還した兵士が酷いトラウマで悩まされていることが問題視されている。「退役軍人の日」に、CNNのソウルダッド・オブライエンは、ラッセル・シモンズとボブ・ロス(デヴィッド・リンチ財団)にインタビューし、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しむ帰還兵を救うために

PTSD(トラウマ性ストレス)の悪夢から目覚める

1991年の湾岸戦争で砂漠の嵐作戦や砂漠の盾作戦に参加したカルロスは、戦争の後すぐにトラウマ性のストレス(PTSD)に苦しみ始めた。

それから軍隊を離れての20年間、彼の人生は生き地獄であった。

「戦争後、私の人生は激しい浮き沈みに直面しました。

心の傷は脳の傷──PTSDは精神的な障害ではなく脳が傷つく生理的な障害

一般に、軍人、警官、スワットチームのメンバーはタフだと思われている。ルーク・ジャンセンは、これまで軍警察やスワットチームで働いてきたので、アフガンの戦闘でストレスが彼の心を蝕み始めたとき、それを恥ずべきことだと感じ、死を望むまでに自らを追い詰めた。

シサノ元大統領がケニアの国民に呼びかけた「国家に平和をもたらす方法」

モザンビーク共和国のシサノ元大統領は、内戦と干ばつで苦しんだ自国を救うために、1993年、超越瞑想を国家(政府・軍隊・警察)に導入した。それ以来、モザンビークは、アフリカで最も経済発展と民主化が進んだ国の一つとなった(過去の記事)。

激しい内戦から復興を遂げたモザンビークの奇跡

アフリカの南東部にあるモザンビーク共和国は、アフリカのなかで奇跡的な発展を遂げた国として知られる。1992年には、20年間続いていた内戦が終結し、新政府を発足したが、深刻な干ばつの影響と政情の不安定さが予想され、連合軍が派遣された(日本からも自衛隊が海外派遣された)。

超越瞑想を学んだ士官候補生は、疲れず、ストレスからの回復が早い

アメリカで最も古い士官学校のノーウィッチ大学(ベルモント州ノースフィールド)で、超越瞑想に関する先駆的な研究が行われている。

これまでの研究から、超越瞑想の実践は、厳しい軍事訓練と勉強を行っている士官候補生にとって大変、有効であることがわかった。

アフリカの戦争難民が超越瞑想によってPTSDを克服する

過去20年間、アフリカの18カ国が戦争の惨禍によって荒廃してきた。数千万人の民衆が恐ろしいテロ行為を目撃し、暴力の犠牲となり、心的外傷後ストレス障害で苦しんでいる。

アフリカンPTSD救済は、デヴィッド・リンチ財団と連携して、こうした戦争難民に超越瞑想プログラムを教え始めた。

超越瞑想はPTSDの予防薬? ノーウィッチ大学の士官候補生を対象とした研究調査が始まる

アメリカで最も古い私立の陸軍士官学校ノーウィッチ大学(ベルモント州ノースフィールド)では、最近、超越瞑想が戦闘によるトラウマを予防し、トラウマからの回復力を高める効果があるかどうかを計測している。

息子が戦争から帰ってきた〜帰還兵の不安(PTSD)と解放

米国の退役軍人管理局は、イラクやアフガニスタンの帰還兵を助けるためにPTSD(心的外傷後ストレス障害)の新しい治療法として、超越瞑想の使用を検討していると、ワシントンポストが伝えている。