投資

ヘッジファンドの帝王レイ・ダリオに、最大の影響を与えた瞑想法

世界最大のヘッジファンドの創業者レイ・ダリオは、超越瞑想こそが「人生に最大の影響を与えたもの」だと話している。

乱高下する相場のなかで、投資家は静かに瞑想する

ウォールストリートで流行っている瞑想は、さらに勢いを増している。瞑想によって投資家は、心を静め、業績を上げ、より賢明に、より健康的になっているからだ。

ウオール街のビジネスマンのトレンディーは「瞑想」

ウォール街のビジネスマンの間では今、瞑想がトレンディーだ。オンラインのブルームバーグでは、ビジネスマンが変動する経済のなかで平静を保つために瞑想を行っている、と報道している。

投資家の短期的な心理から離れ、冷静な目でマーケットを見るために瞑想は有効

「証券と資産運用という厳しい業界で生き延びられたのも、瞑想との出会いが非常に大きかった」と投資教育家である岡本和久氏(I-Oウェルス・アドバイザーズ株式会社代表取締役社長)は、週刊新潮の記事のなかで語った。

私たちの体は、アドレナリンで生きるようにはできていない

全社員が仕事に専念し、創造的で、生産的で、ストレスがたまっていない……そんな職場があるとしたら、どんな職場だろうか?

医師のノーマン・ローゼンタール氏は、ハフィントン・ポストの記事の中で、こうした活気に満ちた幸福な職場環境を実現する方法について考察している。

労働時間を短縮するだけでは不十分。 瞑想は、ウォール街で働く人々を救えるか?

睡眠時間もままならない中、止むことなく働き続けている人々は多い。金融業界は、そのいい例だ。The Daily Ticker が、その深刻な状況と救いについて報道している。以下は、その抄訳である。

いかにして瞑想は、レイ・ダリオを戦っている忍者のように冷静にさせるのか?

目まぐるしく変動する投資の世界は、どんな人でも飲み込んでしまう。投資家のレイ・ダリオは、そのような中で、いかにして判断を誤らず、冷静さを保ち、成功を勝ち得てきたのか? ビジネスインサイダー紙(2月12日)がその彼の秘訣を伝えている。

ビジネスと精神性──ストレスを糧に人生の成功は得られない

ビジネスの世界は、特にその上層部は、わざわざ時間をとって静かに座り目を閉じて瞑想するというようなことが最も起こりそうもないところだ。しかし、そう考えるのは間違っている。

レイ・ダリオは投資の世界のスティーブ・ジョブズか?

日本経済新聞に、米ヘッジファンドの創業者レイ・ダリオ(瞑想者)氏の記事が掲載された。スティーブ・ジョブズとの共通点を上げているところが興味深い。

世界最大のヘッジファンドが、リーマン・ショックを予測して危機を回避した原則

投資会社ブリッジウォーターCEOレイ・ダリオ

リーマン・ショックを予測し、大きな損失を免れた世界最大の投資会社ブリッジウォーターCEOレイ・ダリオ氏は、40年来の瞑想者だ。彼はどのようにして危機を回避したのか?

その理由は「お金」ではなく「精神性」にあった。