TM導入

欠席、退学、成績が最悪の学校が優良校に

「成功ほど、成功を生むものはない」という諺がある。私は、ここで二つの成功談を紹介したい。一つは小さな成功。もう一つは、考え方を根本から変えるかも知れない大きな成功だ。

私の建築と瞑想は切っても切れない関係──建築家ビング・トム

ビング・トム氏は数々の受賞歴に輝く建築家であり、カナダで名誉とされる50周年メダル(国家に対して大きな貢献をしたカナダ人に授与される栄誉)を授与されている。

荒れた学校が再生し、サンフランシスコで最も高い幸福を記録

問題を抱えたサンフランシスコの公立学校が、超越瞑想を学生や教職員に提供し、大きな成功を収めている。それに関する興味深い記事が、サンフランシスコ・クロニクルに掲載された。

いかにして瞑想は、レイ・ダリオを戦っている忍者のように冷静にさせるのか?

目まぐるしく変動する投資の世界は、どんな人でも飲み込んでしまう。投資家のレイ・ダリオは、そのような中で、いかにして判断を誤らず、冷静さを保ち、成功を勝ち得てきたのか? ビジネスインサイダー紙(2月12日)がその彼の秘訣を伝えている。

ストレスを解消する瞑想が、ビジネスの強みになる

経営管理会社の社長ナンシー・スロモウィッツは、『狂気の職場! 機能していない職場を改善し、生き残る方法』という本の中で、企業がストレスの否定的な影響を軽減し、集中力のある、肯定的で、効率的な従業員を生み出すために、超越瞑想を推薦している。

学級崩壊の原因はストレス。機能不全の学校に転機が訪れる

ヴィジテーション・ヴァレー中学は、サンフランシスコの最南の貧困地区にある。そこは、サンフランシスコの中でも最も危険で抑圧された地域の一つだ。

ジム・ダーキーは、一九九九年にヴィジテーション・ヴァレー中学の校長に任命された。

中南米の各国で、学校や軍隊に超越瞑想を大規模に導入

ブラジルの議会は、国内にある公立中高等学校すべて(約4千8百校)に、超越瞑想プログラムをカリキュラムの一部として採用することを承認した。それによって、近い将来、約4千5百万人のブラジルの学生が超越瞑想を学ぶことになる。

カリブ海にあるドミニカ国で囚人の矯正教育に超越瞑想を採用

絵画のように美しく青々と茂った植物と澄み切った水、ドミニカ島は楽園としての条件を数多く備えている。しかし残念なことに、その清純な性質は、望ましくない記録によって損なわれている。ドミニカ国は、米国やロシアと共に、人口10万人あたりの投獄率が最も高い国の一つに上げられているのだ。

年間100万人の高校生が退学する米国で、瞑想は解決策になるか?

アメリカ・プロミス・アリアンス財団の最近の報告によると、アメリカの大都市で公立学校に通っている学生のうち、卒業証書を受け取るのは約半数に過ぎないという。アメリカの50の大都市のうち17の都市では、高校の卒業率が50%以下である。

静かな変革──サンフランシスコで最も荒れた学校が最も静かな学校となる

このビデオでは、サンフランシスコの教育委員会の教育長が、静寂の時間プログラム(超越瞑想)を取り入れた学校の校長、教師、生徒と共に、超越瞑想によって学校全体が大きく変わったということを語っている。

200万人が刑務所に服役する米国で、超越瞑想が受刑者の復帰を支援する

米国で刑務所に収容されている受刑者の数は膨れあがるばかりだ。それは人的資源と財源のすさまじい浪費である。

米国司法省の統計によると、200万人以上の成人が刑務所に投獄され、500万人の成人が執行猶予で保護観察下におかれているか、仮釈放されている。

緊張が解消されれば、残忍な人間でも同情心をもつようになる

健全な感情を育むことは、すべての人にとって重要なことだ。特に、反社会的な行動のために投獄されている人びとにとっては、それが絶対的に必要とされている。

刑務所を変える? 瞑想という新しい矯正教育が注目されている

「刑務所のシステムは、完全に崩壊している」と、21年間、刑務所に入っているケヴィン・ローパーは語る。「しかし、刑務所のシステムを変えることはできなくても、刑務所の中にいる人びとを変えることはできる」。

ガン治療の医療従事者が薬を使わずにストレスを軽減

ラヴィ・パテルが癌の専門医になったとき、最初は医学書に基づいて治療を行っていたが、すぐに患者のためにもっとよい治療法が必要だと感じた。癌の患者は、治療の面でも、精神的な面でも、さらに多くのケアが必要だったからだ。

シサノ元大統領がケニアの国民に呼びかけた「国家に平和をもたらす方法」

モザンビーク共和国のシサノ元大統領は、内戦と干ばつで苦しんだ自国を救うために、1993年、超越瞑想を国家(政府・軍隊・警察)に導入した。それ以来、モザンビークは、アフリカで最も経済発展と民主化が進んだ国の一つとなった(過去の記事)。

若者に人気! 島根県の自動車教習所「Mランド」は、人と人が高め合い、心を養う

「ただ今より、瞑想タイムに入ります」──校内にアナウンスが流れると、たちまち瞑想ルームは、50人ほどの人でいっぱいになる。瞑想開始の鈴の音とともに、静寂の波が辺り一面に広がった。

これは、島根県益田市にある自動車教習所、Mランドで毎日行われているグループ瞑想での一コマだ。

激しい内戦から復興を遂げたモザンビークの奇跡

アフリカの南東部にあるモザンビーク共和国は、アフリカのなかで奇跡的な発展を遂げた国として知られる。1992年には、20年間続いていた内戦が終結し、新政府を発足したが、深刻な干ばつの影響と政情の不安定さが予想され、連合軍が派遣された(日本からも自衛隊が海外派遣された)。

超越瞑想を学んだ士官候補生は、疲れず、ストレスからの回復が早い

アメリカで最も古い士官学校のノーウィッチ大学(ベルモント州ノースフィールド)で、超越瞑想に関する先駆的な研究が行われている。

これまでの研究から、超越瞑想の実践は、厳しい軍事訓練と勉強を行っている士官候補生にとって大変、有効であることがわかった。

ジョージ・ルーカス教育財団が制作した短編動画「静かな変革」に描かれた教育問題の解決策

映画「スターウォーズ」シリーズを制作してきたジョージ・ルーカスは、以前から教育に関心をいだき「教育こそが最も重要な仕事である」と語っている。

刑務所の鉄格子と闇の奥に隠されていたもの

高卒で27歳のジョッシュは、薬物乱用で逮捕され、刑務所に入った。恐怖が彼の心に忍び込んできたのは、オレゴン刑務所に収監されて2〜3週間後のこと。

ある夜、彼は独房から廊下を見ていた。廊下はいつもは10時まで灯りがついているが、それが突然、真っ暗になった。