TMの体験談

手記「人生の長い冬に、太陽の光が差し込める」

アイルランドのウォーターフォードに住むミュージシャン、ジョン・コーコラン氏は、彼の30数年にわたる人生の間に幾多の困難──家庭崩壊、パニック発作、鬱病、不眠症──に何度も立ちすくんでいた。そうしたある日、この状況が超越瞑想を学ぶことで一変する。

CNNキャスターが虐待された女性達を超越瞑想によって支援することを呼びかける

米国CNNテレビのキャスター、ソウルダッド・オブライエンは、虐待された女性達を救うために、デヴィッド・リンチ財団主催の「女性、暴力、瞑想」に関する公開討論会で講演を行った。

デヴィッド・リンチ財団は、虐待された女性達を精神的に立ち直らせるために超越瞑想を提供している。

少しずつ、少しずつストレスが溜まって……ささいなことで大爆発!

忙しい主婦になったつもりで考えてみてください。朝から何もかも調子が悪いというような日があります。朝から電話はかかってくる。赤ちゃんは泣く。あわただしくてうっかりトーストを焦がしてしまう。それを見てご主人が、

「おまえはいつになったらちゃんとトーストが焼けるようになるんだ!」

超越瞑想を学んだ士官候補生は、疲れず、ストレスからの回復が早い

アメリカで最も古い士官学校のノーウィッチ大学(ベルモント州ノースフィールド)で、超越瞑想に関する先駆的な研究が行われている。

これまでの研究から、超越瞑想の実践は、厳しい軍事訓練と勉強を行っている士官候補生にとって大変、有効であることがわかった。

「TMに勝る薬はない」心臓内科医の超越瞑想の体験

セザール・モリナ医師は、高校3年のとき超越瞑想を学んだ。その後、40年にわたる瞑想の実践は、自己の啓発に役立つものであったと彼は語っている。

「高校時代に、私は自己実現に関する本を何冊か読みました。実のところ自己実現とは何を意味するのか、よく分かりませんでした

家族が共に瞑想する

30年前、米国テキサス州エルパソの店に貼られていたTM(超越瞑想)のポスターが、ホセ・グティエレスの目をとらえた。

「私はTMの説明会に行き、探し求めていたものが見つかったと思いました。最初に瞑想したときから、信じられないほどのエネルギーを体験しました。それ以来、瞑想の体験は次第によくなっていきました。」

内側にある大きな幸福へ──効果のある超越瞑想はまったく努力がいらない

超越瞑想のことを初めて聞いたのは16歳のときですが、私はその話を聞いて魅力を感じました。「超越」とは、深くて、日常を超えたもののように思えました。そのころ私は禅について勉強し、それを実践しようとしていました。