TMの体験談

騒々しい教室が静かになる時間。校内暴力は瞑想で止められるか?

シカゴのゲージパーク高校では、校内暴力をなくすためにユニークな試みを行っている。それはシカゴ大学犯罪研究所によって選ばれた「静かな時間」というプログララムであり、生徒は教室でわずかな時間、瞑想するのだ。

若者が実践する、心を落ち着かせる簡単な方法

生活のペースが速くなり、インターネットやソーシャルメディア、携帯メールからの際限のない刺激にさらされ、若年層の人々の生活はかつてないほど難しさが増してきている。

瞑想は、身体が体験できる最も効果的なストレス解消

女性向けの情報サイト「POPSUGAR」の編集者、ハンナ・ウェール・マッキンレーさんは、学生の頃に父親からもらった贈り物が、その後、人生を支えていると、ブログで書いている。その贈り物とは、超越瞑想だった。

TMは、私の脳に効き目があった。

米国の女性向けの情報サイト、SheKnowsでライターのリジー・ヒルさんがTM(超越瞑想)を学んだ後の変化について綴っている。曰く、TMは、私の脳に効き目があった。

ストレスでまいっている人のための瞑想ガイド

米国では、ヨガに並んで超越瞑想がちょっとしたブームだ。ライターのジョシュ・ディーン氏は、少々懐疑的ながらもその真相を知るために超越瞑想を体験してみることにした。その結果は……。

悩みをリセットする「朝晩20分瞑想」──梅澤高明

経営コンサルタントであり、A.T.カーニー日本法人会長の梅澤高明氏は、28年間、超越瞑想を実践している。彼は、ビジネス誌「プレジデント(2016年4.4号)」の特集のなかで瞑想の実践がビジネスの強みになっていることを話している。

そして、最後に超越瞑想を学んでみた

CNNのiRepotでブログを書いているZuneraさんが、超越瞑想を学んでからの体験について取り上げている。彼女が他の瞑想より気に入った理由の一つは、実習そのものが楽で、努力が要らなかったからだ。

スキンケアは意識のケアから──自然派ラグジュアリーコスメのソダシの取り組み

化学物質が一切含まれていない、天然成分100%でつくられたラグジュアリーコスメ、「ソダシ(Sodashi)」は、そのレベルの高さから、世界各国の高級スパなどで愛用されている。

目を開けると、私が知っていると思っていた現実はすべて間違っていたことに気づいた。

母がガンと戦っている間、13才だった私は、できるだけ母を支え、助けようとしてきました。しかし、闘病の末に母は亡くなり、私は多くの深刻な症状を抱えるようになりました。

絶望のなかで見つけた幸福の体験

サンフランシスコにあるジョージ・ルーカスが設立したVFXの会社で勤めていたパオラ・ヴァルヴァロさん。数年前の不況のおり、大好きだった仕事を解雇された。

ザ・ビートルズを魅了した瞑想とマハリシ・マヘーシュ・ヨーギー

ビートルズが初めてマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーに会ったのは1967年のことだった。超越瞑想の教師として知られるマハリシが英国で講演ツアーを行っていた頃だ。

創造性は努力して引き出すものではない──リー・チェスナット

米国バーモント州バーナンドを拠点に活動しているリー氏は、現在、ユニバーサルミュージック・グループ傘下でヒットチャート上位の曲を送り出しているレーベル、パブリック・レコーズのコンサルタントとして全米を回っている。

超越瞑想は、本当に効果があるか?……試してみた。

英国のガーディアン誌の映画・テレビ・音楽を担当するライター、スチュアート・ヘリテッジ氏が、当コラムで「超越瞑想は、本当に効果があるか?」という自身の体験について書いている。

日々リセット──1000分の1秒の間にある永遠性の体験

ジョッシュ・ザバレラは、イベントを通して革新的考えや起業家精神を養う団体「サミット」の共同経営者・管理人だ。2008年以来、サミットは年に一回、三日間のイベント「サミット・シリーズ」を主催している。

瞑想は不安を静めるための効果的な道具──モービー

モービーは歌だけでなく、キーボード、ギター、バスギター、ドラムも演奏する多才なミュージシャンだ。彼は「電子音楽史上最大級のアーティスト」とか「この二十年のエレクトロニカ界で最も目立った存在」と言われてきた。

瞑想すると気楽になる。問題が依然としてあってもその重みがなくなるのだ。

長い間、私は美しい山の見える田舎の家を探そうとしていた。週末になると不動産屋と一緒にあちこちへ探しに出かけたが、気に入る物件はなかなか見つからない。探求の旅は徒労に終わり、そのたびに手ぶらで家に帰ってきた。しかし、今では自分は運がよかったのだと考えている。

存在することは、ただそれだけで至福である

「存在することは、ただそれだけで至福である。生きることは、ただそれだけで神聖である。」

初めて哲学者ヘッシェルのこの言葉に出会ったとき、これは非常に賢明な言葉だという感銘を受けたが、同時に、自分には馴染みのない経験のようにも思えた。多くの欧米人と同じように、私は絶えず活動の中にいていつも何かをしていたからだ。

超越主義のエマソンがかいま見ていた永遠なる一つの体験とは?

1836年に『自然(Nature)』と題されたエッセイが匿名で出版された。このエッセイはとりわけ大学生の間で大きな反響を巻き起こし、彼らは同好会を作ってそれについて論じ合った。

このエッセイは、アメリカ超越主義と呼ばれるようになった運動の端緒を開き、アメリカ全体に影響を及ぼした。

老子の「タオ」は抽象的な概念ではない。超越という実際的な体験

tao-de-ching-laozi老子は古代中国(紀元前6世紀)の首都に住み、宮中で公文書保管所の管理人として仕えていた。彼は偉大な英知の持ち主であったため、多くの人が彼の英知に惹かれて集まり、自分の教師として敬っていた。

10代の若者に向けたドキュメンタリー「ノイズを越えて〜私の超越瞑想の旅」

バックネル芸術大学3年生のダナ・ファーリーは、高校1年のときに超越瞑想(TM)を学んだ。将来は映画の仕事をしたいと願っていたダナは、4年前、100万人の学生にTMを教えるためのチャリティーコンサートに参加したとき、自分のTMの体験をドキュメンタリー映画にしようと思いついた。