宗教

自分自身と向き合えば、人生はもっと広がる──ジム・ジェームス

マイ・モーニング・ジャケットのフロントマン、ジム・ジェームズは、2015年11月4日にデヴィッド・リンチ財団が主催する慈善コンサート「変化は内側から始まる」で、ケーティ・ペリー、ジェリー・サインフェルド、スティングと共演した。

神の王国は、あなたの内側にある

あるときイエスは、神の国はいつ到来するのかと尋ねられた。神の国は人々が見たり指さしたりできるものではない、とイエスは答えた。そのとき、人々の心を打つ次の言葉が語られた。

「『見よ、ここにある』『あそこにある』などとも言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ。」(ルカによる福音書・第17章21節)

人は内側に平安を求めるべきであり、それ以外に頼るべきではない──仏陀

私たちは仏陀の生涯について、主として、彼が生きた時代から数百年経た後に書かれた伝説を通じて知っている。ゴータマ・シッダールタは、現在のネパールにあった王国の王子として生まれ、父親のスッドーダナ王の庇護の下、世間の辛苦から切り離されて豪奢な生活を送っていた。

目が見えなくても目が見えていても、そこには『絶対』がある──ヘレン・ケラー

ヘレン・ケラーは、二歳の頃から目が見えず、耳も聞こえなかったが、ラドクリフ大学を優秀な成績で卒業し、盲目と聾唖の障害を乗り越えて大学の学位を取得した最初の人になった。彼女は、講演と著述を通じて社会改革に生涯を捧げた。その著書のなかで彼女の内的体験が表現されている。

宗教の教えはすべて、無限性や普遍性のレベルに基礎をおいている

超越瞑想の実践者は、人生のさまざまな領域が豊かになるのを経験している。知的な理解力が高まり、行動が効率的になり、他人に対する思いやりが増していくなど、生命の多くの領域がより良くなるの経験している。このことは、宗教観についても言える。

人生が深い静寂に導かれる──とても優雅に、時には驚くような形で

私が超越瞑想の実践を始めたのは1971年です。その頃は、高校生活最後の年の最後の週だったのですが、私は米国史の授業を二学期続けて落第したため、その後もサマースクールに行くことになっていました。実を言うと、それは私が抱える問題の氷山の一角にすぎませんでした。

「内側へと向かい、自分の魂と出会う」正統派ラビがTMの実践について語る

ユダヤ人のラビ・アブラハム・シャインバーグは、ホロスコート生存者を親に持つ。彼の両親はポーランドのワルシャワ出身で、それぞれ別のルートでアメリカに移住し、ニューヨークのローワー・イースト・サイドで子供達を育てた。

深い精神的な体験は、宗教的な実践を助ける「TMは、私をユダヤ教に導き戻してくれた」

文・マイケル・シェヴァック(ユダヤ教の聖職者)

よくある誤解に、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教といった多くの宗教において、超越瞑想はヒンドゥ教の礼拝の一種で、したがって異教だ、という考え方があります。