静かな時間

超越瞑想は人生を変換する。デヴィッド・リンチ財団の五年間の達成

過去5年間、デヴィッド・リンチ財団は、深刻なストレスに苦しむ25万人以上の人々を救済するために、超越瞑想が学べるよう支援してきた。瞑想を学んだ彼らの体験は目覚ましく、また、研究によって効果が裏付けられてきた。

タイの貧しい家庭で育った少女たちが超越瞑想を学ぶ

タイの貧しい家庭では、娘達を学校に通わせることができない。適切な教育を受けていない少女たちは、条件の悪い仕事に就いているため、虐待、エイズ、搾取、麻薬中毒の危険にさらされている。こうした少女たちに教育を与えようと助けている一つの学校が急速に成長している。

一流の芸術大学で学生が創造性を刺激するために超越瞑想を提供

ミシガン州のデトロイトにあるクリエイティブ・スタディ大学(CCS)は、芸術とデザインの教育を行っている一流大学だ。この大学では、ストレスを取り除き、創造性を刺激する手法として超越瞑想を学生達に提供している。

「大きな魚をつかまえよう」デヴィッド・リンチのアイディア発想法

いったい彼の創造性はどこからくるのか? 映画監督のデヴィッド・リンチ監督の作品を体感した人は、そう思うことだろう。数々の賞によって高い評価を得ている彼の創造性は、映画に留まらず、絵画、写真、アニメ、立体作品、さらに音楽へと拡大している。

ジョージ・ルーカス教育財団が制作した短編動画「静かな変革」に描かれた教育問題の解決策

映画「スターウォーズ」シリーズを制作してきたジョージ・ルーカスは、以前から教育に関心をいだき「教育こそが最も重要な仕事である」と語っている。

ザ・ビーチ・ボーイズのマイク・ラヴは、今でも「いい感じ!」

50年間にわたるビーチボーイズの活動は、音楽界での成功、メンバーの個人的な悲劇、法的な闘争が続いてきた。その中で、リードボーカルのマイク・ラヴは、激しく揺れ動く感情を静めるために、超越瞑想が生み出す「いい感じ(good vibrations)」に頼ってきた。

ワシントンDCの危険地域の学校に通う生徒たちが静かに座る

文・ジョージ・ラザフォード博士(ワシントンDC理想アカデミー校長)

ワシントンDCで麻薬問題が深刻になったのは1989年のことです。若者たちの間で殺し合いが始まり、ワシントンはこの国で第一位の殺人都市になりました。

真の幸福は内側にある。リンチ監督が超越瞑想について語る

ある出版社の方から「デヴィッド・リンチ監督は、とてもいい人だそうですね」と言われた。私は、もちろん会ったことがないが、アメリカのTM運動に携わっている友人が同じことを言っていた。友人の話では、リンチ監督に会った人はみんな「彼はいい人だ」と口々に認めているそうだ。

「静かな時間プログラム」を授業に採用したアリゾナの学校で大きな変化

アリゾナの美術学校の学生

アリゾナ州トゥーソンにある美術学校は、アメリカで「静寂の時間(超越瞑想)プログラム」を最初に取り入れた学校の一つだ。プログラム管理者サムソン教師は、超越瞑想が落ち着きのない学生達の心を静めるのに役立つだろうと考えた。

路上生活するコロンビアの子どもたちを救う、孤児院の奇跡

コロンビアには、通りで暮らす「見捨てられた子供たち」がいる。そうした子供たちは、誰からも愛されずに、様々な虐待に耐え、通りで死を迎えることさえある。

ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが100万人の子供たちに超越瞑想を広める

100万人の学生に超越瞑想を教えるための慈善コンサート

現在も活躍中のビートルズの2人が、世界中の子供達に超越瞑想を伝えるために、ニューヨークのステージで共演した。ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが一緒にコンサートを行うのは7年ぶりのこと。