静かな時間

騒々しい教室が静かになる時間。校内暴力は瞑想で止められるか?

シカゴのゲージパーク高校では、校内暴力をなくすためにユニークな試みを行っている。それはシカゴ大学犯罪研究所によって選ばれた「静かな時間」というプログララムであり、生徒は教室でわずかな時間、瞑想するのだ。

瞑想が教室で成果を上げている

いまや米国の多くの学校は超越瞑想を採用し、生徒たちの態度や能力を高めている。サンフランシスコ統合学区では、これまでに5つの学校で教師と生徒達が超越瞑想を実践し、成果を上げていると、QCOnline.comが報告している。

医科大学の試み。研修医の異常に高いストレスは瞑想で対処する

医学生は、研修医として超多忙な生活をおくり強いストレスを受けている。米国の一流の医科大学ロヨラ大学シカゴ校では、こうした医学生のストレスに対処するために超越瞑想を取り入れていることを、米国シカゴの公共放送が報告した。

アメリカ先住民の衰退と復活〜学校で瞑想がブーム

アメリカ先住民の若者とアメリカ先住民族教育は非常事態にある。それが2014年12月に発表された白書の特別報告の結論であった。

瞑想の静かな力──CBC NEWS

瞑想が教育や代替医療に活用されていることを米国のCBC NEWS が報告している。

瞑想でストレスを減らし、成績を上げたワシントンD.C.の学校

米国では、瞑想を授業の一環として採用している学校が増えている。なかでもワシントンD.C.にある理想アカデミーは、その先駆けだ。ハフィントンポストが、校長と生徒にインタビューし、この学校がどのように変わったのかを取材している。

生徒のストレスが減り、瞑想が学校を落ち着かせる

手のつけようのない学校が、今では静けさを楽しむようになっている。現場の教師にとって、これは奇跡的なことだ。生徒たちに何があったのか?

スティングとケーティ・ペリーが、デヴィッド・リンチ財団のチャリティーコンサートに出演

デヴィッド・リンチ財団主催のチャリティー・コンサートが11月4日にニューヨークで開催された。このコンサートは、ケーティ・ペリーやスティングなどが出演し、1万人のニューヨーク市民に超越瞑想を無償で教える資金を集めることを目的としていた。

読み、書き、静けさ──瞑想は、どのように学校を変えているのか?

学校でただ一つ、教えてくれないことがある。それは学ぶ生徒たち自身のことだ。米国の学校で広がっている「静かな時間」は、授業の始まりと終りに生徒が自分自身を見つめる時間だ。

短編ドキュメンタリー「静かな時間」をジュディ・グリアが監督

米国の女優ジュディ・グリアは、新しいAOLシリーズ「俳優が撮った短編ドキュメンタリー」のなかで、「静寂の時間プログラム」と超越瞑想が生み出した教師と生徒たちの生活の変化を描いている。

欠席、退学、成績が最悪の学校が優良校に

「成功ほど、成功を生むものはない」という諺がある。私は、ここで二つの成功談を紹介したい。一つは小さな成功。もう一つは、考え方を根本から変えるかも知れない大きな成功だ。

世界の天才教育、林修のワールドエデュケーションで紹介された特別な時間

2015年3月1日にテレビ朝日で放映された特別番組「世界の天才教育、林修のワールドエデュケーション」で、カリキュラムの一部に超越瞑想を取り入れている米国マハリシ・スクールが紹介されました。

荒れた学校が再生し、サンフランシスコで最も高い幸福を記録

問題を抱えたサンフランシスコの公立学校が、超越瞑想を学生や教職員に提供し、大きな成功を収めている。それに関する興味深い記事が、サンフランシスコ・クロニクルに掲載された。

不安が減少し、成績が劇的に向上した瞑想を行う子供達

多くの学校関係者は、子供達が、以前よりも大きな不安感とストレスを経験していることに気づいている。以下の研究は、そうした憂慮すべき事柄を浮き彫りにしている。

知識の基盤は自分自身──意識がはっきりとすれば、勉強は面白くなる!

現代教育に欠けているもの、それは自分自身についての学習だ。生徒は、さまざまな知識について学んでいるが、自分自身のことは何も知らない。「私」とは一体何だろうか? 自分はなぜ存在するのか?

学級崩壊の原因はストレス。機能不全の学校に転機が訪れる

ヴィジテーション・ヴァレー中学は、サンフランシスコの最南の貧困地区にある。そこは、サンフランシスコの中でも最も危険で抑圧された地域の一つだ。

ジム・ダーキーは、一九九九年にヴィジテーション・ヴァレー中学の校長に任命された。

中南米の各国で、学校や軍隊に超越瞑想を大規模に導入

ブラジルの議会は、国内にある公立中高等学校すべて(約4千8百校)に、超越瞑想プログラムをカリキュラムの一部として採用することを承認した。それによって、近い将来、約4千5百万人のブラジルの学生が超越瞑想を学ぶことになる。

年間100万人の高校生が退学する米国で、瞑想は解決策になるか?

アメリカ・プロミス・アリアンス財団の最近の報告によると、アメリカの大都市で公立学校に通っている学生のうち、卒業証書を受け取るのは約半数に過ぎないという。アメリカの50の大都市のうち17の都市では、高校の卒業率が50%以下である。

静かな変革──サンフランシスコで最も荒れた学校が最も静かな学校となる

このビデオでは、サンフランシスコの教育委員会の教育長が、静寂の時間プログラム(超越瞑想)を取り入れた学校の校長、教師、生徒と共に、超越瞑想によって学校全体が大きく変わったということを語っている。

教育の成功は、まず第一に知識を受け取るための器、生徒の意識を高めること

すべての生徒の能力を高め、人格を成長させる理想教育があるとしたら、それは今の教育とどこが違うだろうか? 勉強が退屈だという生徒に教師が一生懸命、知識を与えようとしても、彼は決して受け取ることができない。なぜなら知識よりもまず先に、彼自身の明瞭な意識が必要とされているからだ。