科学研究

学級崩壊の原因はストレス。機能不全の学校に転機が訪れる

ヴィジテーション・ヴァレー中学は、サンフランシスコの最南の貧困地区にある。そこは、サンフランシスコの中でも最も危険で抑圧された地域の一つだ。

ジム・ダーキーは、一九九九年にヴィジテーション・ヴァレー中学の校長に任命された。

瞑想を行っている学生は、成績が良く、卒業率が高いという研究報告

『Education』誌(2013年6月)に発表された最近の研究では、超越瞑想を実践している学生は対照グループの学生と比べて卒業率が高いことがわかった。

以下は、オンラインの科学ニュースサイト「PsychCentral」に掲載された記事からの抜粋

ストレスは万病のもと──ストレスの悪影響についての新しい研究とその対処法

ストレスは万病のもと。ストレスの悪影響についての新しい研究によれば、ストレスは、身体の治癒能力を低め、脳を萎縮させ、染色体を変化させて、その影響は世代に渡るかも知れない。そのため、ストレスを洗い流すための効果的な方法を研究者は勧めている。

ニューヨーク科学アカデミー主催で「瞑想」の研究会議が開かれる

今年1月にニューヨーク科学アカデミーの主催で「瞑想研究の進歩」と銘打った画期的な会議が開かれた。全米から瞑想について研究している研究者が集まり、マインドフルネスから座禅、気功、そして超越瞑想に至るまで、多種多様な瞑想の伝統に関する新しい研究結果が発表された。

トップアスリートの優れた能力は、統合された脳機能と関係している

脳機能の研究や心理的発達の測定から、最高の能力を発揮する人々は、一般の人々と比べて、高度な脳機能と発達した心を備えていることが確かめられている。

世界級のアスリートを対象に行われた研究では、トップアスリートは一般のアスリートと比較して脳の統合度合いがより高いことが実証された。

ストレスに押しつぶされる前に、ストレスにうまく対処しよう

精神的にも、肉体的にも、現代人は何らかの問題を抱え、多くのストレスを溜め込んでいる。もし、ストレスに対処しなければ、それはあなたをいずれ押しつぶすことになるかも知れない。問題や病気に直面しないためにもストレス対策は人生の最重要課題だ。

瞑想で心臓発作と脳卒中のリスクを減らすことを証明した、これまでで最も説得力のある研究

「瞑想で心臓発作と脳卒中のリスクを減らすことを証明した、これまでで最も説得力のある研究」──タイム誌

この記事は、米国の国立衛生研究所から助成金を受けて10年間にわたって行われた超越瞑想の臨床研究に基づいている。

心臓病の予防と治療に関する超越瞑想の新しい研究

米国では心臓血管疾患が原因による死亡者は、他のどんな病気よりも多い。現代医学は、この静かな殺し屋に対する研究を続けているが、治療に役立てたり、病状の進行を食い止めたり、望ましくは初期段階で予防したりする目的で、補完医療や代替医療の治療方法を取り入れるようになってきている。

超越瞑想を学んだ士官候補生は、疲れず、ストレスからの回復が早い

アメリカで最も古い士官学校のノーウィッチ大学(ベルモント州ノースフィールド)で、超越瞑想に関する先駆的な研究が行われている。

これまでの研究から、超越瞑想の実践は、厳しい軍事訓練と勉強を行っている士官候補生にとって大変、有効であることがわかった。

ドン・アーネイ──発明家の創造性の源は、瞑想にあり

1986年カナダのカルガリーで開かれたビジネス賞の授賞式の晩餐会で、ドン・アーネイは、有力企業のリーダーたちの会合で演説を行った。彼は、群を抜いた発明が認められて、ビジネスにおける創造性を顕彰する権威あるマンニング賞を受賞──カナダの首相から表彰を受けたばかりだった。

刑務所の鉄格子と闇の奥に隠されていたもの

高卒で27歳のジョッシュは、薬物乱用で逮捕され、刑務所に入った。恐怖が彼の心に忍び込んできたのは、オレゴン刑務所に収監されて2〜3週間後のこと。

ある夜、彼は独房から廊下を見ていた。廊下はいつもは10時まで灯りがついているが、それが突然、真っ暗になった。

脳機能を高めることで、ADHD(注意欠損・多動性障害)が改善

ADHD(注意欠陥多動性障害)の学生の症状が、効果的に改善されたという研究データが、精神医学ジャーナル「Mind & Brain(心と脳)」で発表された。研究では、ADHDの学生の脳波を調査し、彼らが超越瞑想を実践することで脳機能が向上、症状が改善することがわかった。

息子が戦争から帰ってきた〜帰還兵の不安(PTSD)と解放

米国の退役軍人管理局は、イラクやアフガニスタンの帰還兵を助けるためにPTSD(心的外傷後ストレス障害)の新しい治療法として、超越瞑想の使用を検討していると、ワシントンポストが伝えている。

優れた演奏家の脳は、高度に発達している

新しい研究によると、優れたクラッシック音楽の演奏家の脳は、高度に発達していることがわかった。高度に発達した脳とは、機敏さ、学習意欲、心の広さ、落ち着き、陽気さを生み出す脳のことだ。以前の研究によれば、その同じ特徴が、世界級のアスリートや、トップレベルの経営者、そして超越瞑想を実践している人々にも見られるという。

高額医療費負担者の医療費が、超越瞑想の実践によって28%減少

医療費は年々増え続けている。医療費の高い米国では、特に深刻だ。平均的な4人家族が支払う医療費は、年に約157万円(19,393ドル)に昇っている。世界的なコンサルタント・保険数理企業であるミリマン社が作成した最近の報告書によれば、この数字は9年前の2倍以上になっている。

超越瞑想が心臓病の三つの危険因子、高コレステロール・高血糖値・高血圧を改善

新年を迎えるときに新年の抱負を掲げることは世界中、どの国でも共通しているようです。

今年、米国で最も多い新年の抱負は、「人生を楽しむこと」。これはとても素晴らしい抱負なのですが、実情をみると、借金や上司との関係によるストレスから解放されたい、という欲求の現れのようです。

瞑想法が異なれば、脳生理の状態も異なることが判明

医師たちが、ストレスによる不調を改善するために患者に瞑想を勧める機会が増えている。そのため研究者は、多種多様な瞑想法がそれぞれどのような結果を生み出すのかを調査し始めている。

2010年の夏に発表された『意識と知覚』という論文では、瞑想を3つのカテゴリーに分けて解説された。

スポーツ競技の実力を高めた女子大のアスリートチーム

トリニティー大学のスカッシュ・チーム

スカッシュは世界中で人気のあるスポーツで、オリンピック競技に加えられることも検討されている。トリニティ大学(コネチカット州ハートフォード)の女子スカッシュチームは、全米第3位にランクされ、大学には世界中からトップの選手たちが集まってくる。

「うつ症状」に対する超越瞑想の効果が二つの研究によって明らかに

うつ病

超越瞑想に関してうつ症状の改善に効果的であることが2つの新しい研究で明らかになった。この研究は、ワシントン州シアトルで行われた第31回行動医療協会の年次総会で発表された。

瞑想は学生の学習能力を高め、集中力を増し、ストレスを低下させる

瞑想中の同調した脳波

ストレス反応と脳機能に関する超越瞑想の調査によれば、瞑想は大学生をストレスから守り、学習能力を高める働きがあることがわかった。