科学研究

超越瞑想とマインドフルネスの違い

超越瞑想について長年研究してきたオームジョンソン博士がこちらのページで、瞑想に関する質問に答えている。彼が執筆した100以上の論文は、論文審査のある学術誌に掲載され、56カ国以上の科学会議、政府機関、国連機関で発表された。

デヴィッド・リンチは、今や何千人もの子供たちが実践している瞑想の支持者だ

シカゴ大学の犯罪研究所は、デヴィッド・リンチ財団が支援している学校での瞑想プログラム「静寂の時間」について大規模な研究を始めた。

瞑想は難しい? 努力が必要かどうかは瞑想中の脳波を見ればわかる!

一般に広まっている瞑想のイメージでは、脚をプレッツェルみたいな痛そうな形で組んだり、忍び寄る想念を追い払うのに精神力が必要であったりして、瞑想の実践は「苦労なくして得るものなし」という種類の取り組みとして描かれている。

香川選手所属のドルトムントが超越瞑想を採用

日本代表の香川真司選手が所属するドイツのサッカーチーム、ドルトムントがトレーニングの一つとして瞑想を行っていると独紙「フランクフルター・ルントシャウ」が報じた。

テロに戦わずして勝つ方法

暴力やテロといった問題を静かに解決する方法がある。ナチュラル・ヘルスの専門家イレーヌ・ガバラスさんは、その方法が瞑想であることをハフィントンポストで取り上げた。

現役軍人のPTSD(トラウマ)が瞑想で改善されるという研究結果

米国のジョージア州にあるアイゼンハワー陸軍医療センターは、現役軍人の治療に超越瞑想を利用した最初の医療機関だ。

犯罪は瞑想で防止できるか? 最新の研究データによる裏付け

2010年までの四年間は、米国にとって特別な時期だったかも知れない。なぜなら、アイオワ州フィエアフィールドには、2000人規模の瞑想者が集まり、超越瞑想の上級プログラム(TMシディプログラム)をグループで継続して行っていたからだ。

瞑想で寿命が延びる? テロメラーゼが増えるという研究結果

テロメアとは、クツ紐の先端で紐がほつれるのを防ぐ金具のようなものだ。染色体の先端にあるテロメアは、染色体がすり減るのを保護する働きをしている。つまり、細胞分裂の最中に、DNAが失われたり、損なわれないようにしているのだ。

薬を使わない治療法、瞑想が自閉症の子どもを助ける

薬を使わずに治療効果が期待される瞑想が注目されている。自閉症の子どもたちが超越瞑想を実践すると、集中力が増し、衝動的な行動の改善が示された。

研究結果:瞑想はがんの患者に有効

乳がんの診断を受けたあと5人の患者のうち4人は、不安やストレスを和らげるために相補的な療法を受けている。

アスリートと瞑想

アスリートたちが静かに座って瞑想することで、記録を伸ばすことができるでしょうか。それは突飛に聞こえるかもしれませんが、本当のことです。瞑想がもたらす心の静けさや落ち着きは、アスリートが試合中に最大の力を発揮する基盤となっています。

HIV/エイズ感染者が瞑想によって免疫力を高め、ストレスを軽減

トム・ロスは、2012年にTM-HIVプロジェクトを立ち上げた人物だ。彼は今後3年間で全米の1万人のHIV感染者にTM(超越瞑想)を提供することを目標にしている。

健康な人は、幸福な人

病は気からといいますが、悩みや心配事は、病気を引き起こす大きな要因となっています。このことは、ハーバード大学とデューク大学で行われた「病気の原因」を調査した研究によっても明らかになりました。

瞑想中に起こる超越の体験と脳生理の研究

近年、米国では、数百万人の人々がヨガや瞑想を実践するようになってきた。そして実践者の増大とともに、ヨガや瞑想が最終的に目指す『超越の体験』に関して研究が進められている。

健全な脳は、ストレスによって制限されない(2)

ADHDなど学習障害をもつ子供は、多くのストレスを体験している。彼らの脳はうまく働くことができず、ストレスによって制限されている。ところが超越瞑想を学習に取り入れた生徒は、半年ほどで学習障害を乗り越えていくことがわかった。

健全な脳は、ストレスによって制限されない(1)

健康的な脳は、ストレスや緊張を受けても機能は制限されない。と、脳の研究で50以上の論文を執筆したフレッド・トラヴィス博士は説明する。彼は、これまで超越瞑想の実践者と、そうでない人たちの脳機能を調査してきた。

アフリカ難民の心的外傷後ストレス(PTSD)の症状が顕著に減少

戦場から帰還した兵士でも心の傷からは逃れることができない。多くの兵士が、帰還後も心的外傷後ストレス(PTSD)のなかで苦しんでいる。しかし、戦場となった国の犠牲者はもっと過酷な状況の中にある。

考え、感覚、行動の根底にある、本当の自分

私が体験している世界は、すべて知覚を通してやってくる。目は何かを見、耳は何かを聞いている。あるいは心では、いろいろな考えが渦巻き、私は、必ずしも望むとは限らない、自分が体験している世界を一瞬一瞬、更新している。

不安が減少し、成績が劇的に向上した瞑想を行う子供達

多くの学校関係者は、子供達が、以前よりも大きな不安感とストレスを経験していることに気づいている。以下の研究は、そうした憂慮すべき事柄を浮き彫りにしている。

インド政府主催「ヨーガと科学」の会議で、ヨーガを科学という鏡に映し出したマハリシ

1975年、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー(超越瞑想の創始者)は5つの大陸を回る世界ツアーを行った。ツアーの目的は人々に「悟りの時代」の到来を告げることだった。「悟りの時代」とは、問題や苦しみから解放され、誰もが自身の全潜在力を活用して至福を生きる時代のことだ。