社会更正

デヴィッド・リンチは、今や何千人もの子供たちが実践している瞑想の支持者だ

シカゴ大学の犯罪研究所は、デヴィッド・リンチ財団が支援している学校での瞑想プログラム「静寂の時間」について大規模な研究を始めた。

研究結果:受刑者のトラウマ症状が瞑想によって改善される

最近の研究で、刑務所の受刑者のトラウマ(精神的外傷)症状を超越瞑想が軽減させることが明らかになった。

社会に還元するために超越瞑想が再び戻ってきた──フォーブス

社会のさまざまな問題を解決するために設立されたデヴィッド・リンチ財団のイベントが開催され、その様子をフォーブス(forbes.com)のアリス・G・ウォルトンが伝えている。以下はその記事の抄訳

重罪犯人が刑務所で体験した癒しと変容

刑務所の受刑者に対する超越瞑想の効果は、どのようにして現れるのか? 一つの話がこの質問に答えてくれる。それは殺人犯パット・コラムとTM教師ジョージ・エリスの関係に関する話である。

コラムとエリスは、カリフォルニア州の重罪反刑務所フォルサムで初めて出あった。

カリブ海にあるドミニカ国で囚人の矯正教育に超越瞑想を採用

絵画のように美しく青々と茂った植物と澄み切った水、ドミニカ島は楽園としての条件を数多く備えている。しかし残念なことに、その清純な性質は、望ましくない記録によって損なわれている。ドミニカ国は、米国やロシアと共に、人口10万人あたりの投獄率が最も高い国の一つに上げられているのだ。

ジャズの伝説的なミュージシャンが、問題を抱えた人々ために基金を募る

ジャズ界の伝説的なミュージシャン、ウィントン・マルサリス、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、エスペランサ・スポルディング、コリーヌ・ベイリー・レイが、デヴィッド・リンチ財団を支援するために、ニューヨークのジャズ・アット・リンカーン・センターのステージに立った。

警察の抱える最も差し迫った課題──PTSDに悩む警察官を救う

マイケル・オルティスがニューヨーク州警察官および麻薬取締局おとり捜査官を20年以上務めてから退職したとき、妻のデボラは夫に異変を感じていた。マイケルは、なかなか眠ることができず、ストレスに過敏に反応し、過去のトラウマ体験がフラッシュバックし、パラノイアの兆候も示していた。

超越瞑想は人生を変換する。デヴィッド・リンチ財団の五年間の達成

過去5年間、デヴィッド・リンチ財団は、深刻なストレスに苦しむ25万人以上の人々を救済するために、超越瞑想が学べるよう支援してきた。瞑想を学んだ彼らの体験は目覚ましく、また、研究によって効果が裏付けられてきた。

200万人が刑務所に服役する米国で、超越瞑想が受刑者の復帰を支援する

米国で刑務所に収容されている受刑者の数は膨れあがるばかりだ。それは人的資源と財源のすさまじい浪費である。

米国司法省の統計によると、200万人以上の成人が刑務所に投獄され、500万人の成人が執行猶予で保護観察下におかれているか、仮釈放されている。

緊張が解消されれば、残忍な人間でも同情心をもつようになる

健全な感情を育むことは、すべての人にとって重要なことだ。特に、反社会的な行動のために投獄されている人びとにとっては、それが絶対的に必要とされている。

刑務所を変える? 瞑想という新しい矯正教育が注目されている

「刑務所のシステムは、完全に崩壊している」と、21年間、刑務所に入っているケヴィン・ローパーは語る。「しかし、刑務所のシステムを変えることはできなくても、刑務所の中にいる人びとを変えることはできる」。

刑務所の鉄格子と闇の奥に隠されていたもの

高卒で27歳のジョッシュは、薬物乱用で逮捕され、刑務所に入った。恐怖が彼の心に忍び込んできたのは、オレゴン刑務所に収監されて2〜3週間後のこと。

ある夜、彼は独房から廊下を見ていた。廊下はいつもは10時まで灯りがついているが、それが突然、真っ暗になった。

路上生活するコロンビアの子どもたちを救う、孤児院の奇跡

コロンビアには、通りで暮らす「見捨てられた子供たち」がいる。そうした子供たちは、誰からも愛されずに、様々な虐待に耐え、通りで死を迎えることさえある。

瞑想を学んだ老囚人が体験についてこう言った「マス・アモール!(たくさんの愛だ)」

20年ほど前、あるTM教師が、中央アメリカの刑務所で瞑想を教えるプロジェクトに参加した。その刑務所は、スペイン征服時代に建てられた、かつての植民地総督の邸宅だった。建物は改造されているもののすでに廃墟に近く、中世の城砦さながら、分厚い石の壁が入れ子式に幾重にも並んでいた。

「塀の中の自由」超越瞑想がオレゴン刑務所の囚人と看守の人生を変えた

20年前、カリフォルニアのサン・クエティン刑務所で初めてTM(超越瞑想)を教えたとき、鉄条網と頑丈な塀に囲まれた重警備の刑務所内で、私はある合意書にサインした。それは「もしも囚人に人質に取られても、刑務所の職員は解放のための交渉はしなくてもよい」という合意書だ。

「刑務所が空っぽになる日」セネガルの1万1千人の囚人が超越瞑想でリハビリテーション

セネガルの刑務所1

セネガル共和国のダカール。もう何年もの間、この国の首都にある、最も安全といわれる刑務所の頑丈な門の前には、毎晩救急車が夜を徹して、囚人同士の暴力沙汰によって必ず出る負傷者を待っていたものだった。