PTSD

サインフェルドとステファノプロスが、モーニングショーで超越瞑想について語る

ABCテレビのニュース・キャスターであるジョージ・ステファノプロスが米国で人気のモーニングショー「グッド・モーニング・アメリカ」で、コメディアンのジェリー・サインフェルドと、デヴィッド・リンチ財団の常任理事ボブ・ロスと共に、超越瞑想の効果について語り合った。

帰還兵のPTSDに対処する超越瞑想の効果──CNNの報道

米国では、戦場から帰還した兵士が酷いトラウマで悩まされていることが問題視されている。「退役軍人の日」に、CNNのソウルダッド・オブライエンは、ラッセル・シモンズとボブ・ロス(デヴィッド・リンチ財団)にインタビューし、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しむ帰還兵を救うために

CNNキャスターが虐待された女性達を超越瞑想によって支援することを呼びかける

米国CNNテレビのキャスター、ソウルダッド・オブライエンは、虐待された女性達を救うために、デヴィッド・リンチ財団主催の「女性、暴力、瞑想」に関する公開討論会で講演を行った。

デヴィッド・リンチ財団は、虐待された女性達を精神的に立ち直らせるために超越瞑想を提供している。

PTSD(トラウマ性ストレス)の悪夢から目覚める

1991年の湾岸戦争で砂漠の嵐作戦や砂漠の盾作戦に参加したカルロスは、戦争の後すぐにトラウマ性のストレス(PTSD)に苦しみ始めた。

それから軍隊を離れての20年間、彼の人生は生き地獄であった。

「戦争後、私の人生は激しい浮き沈みに直面しました。

心の傷は脳の傷──PTSDは精神的な障害ではなく脳が傷つく生理的な障害

一般に、軍人、警官、スワットチームのメンバーはタフだと思われている。ルーク・ジャンセンは、これまで軍警察やスワットチームで働いてきたので、アフガンの戦闘でストレスが彼の心を蝕み始めたとき、それを恥ずべきことだと感じ、死を望むまでに自らを追い詰めた。

アフリカの戦争難民が超越瞑想によってPTSDを克服する

過去20年間、アフリカの18カ国が戦争の惨禍によって荒廃してきた。数千万人の民衆が恐ろしいテロ行為を目撃し、暴力の犠牲となり、心的外傷後ストレス障害で苦しんでいる。

アフリカンPTSD救済は、デヴィッド・リンチ財団と連携して、こうした戦争難民に超越瞑想プログラムを教え始めた。

ジョージ・ルーカス教育財団が制作した短編動画「静かな変革」に描かれた教育問題の解決策

映画「スターウォーズ」シリーズを制作してきたジョージ・ルーカスは、以前から教育に関心をいだき「教育こそが最も重要な仕事である」と語っている。

超越瞑想はPTSDの予防薬? ノーウィッチ大学の士官候補生を対象とした研究調査が始まる

アメリカで最も古い私立の陸軍士官学校ノーウィッチ大学(ベルモント州ノースフィールド)では、最近、超越瞑想が戦闘によるトラウマを予防し、トラウマからの回復力を高める効果があるかどうかを計測している。

息子が戦争から帰ってきた〜帰還兵の不安(PTSD)と解放

米国の退役軍人管理局は、イラクやアフガニスタンの帰還兵を助けるためにPTSD(心的外傷後ストレス障害)の新しい治療法として、超越瞑想の使用を検討していると、ワシントンポストが伝えている。

マーティン・スコセッシ監督が超越瞑想について語る「それは変化を生み出した」

マーティン・スコセッシは、映画界で最も絶賛されている監督の一人だ。1942年にニューヨークで生まれ、子供時代はひどい喘息持ちで大人しい子供だった。青年時代の大半は一人で映画を見ることで過ごし、高校卒業後は1年間カトリックの神学校に入り、神父になろうとしていた。

PTSD(心的外傷後ストレス)に対する超越瞑想の科学的有効性

二つの予備的研究で、超越瞑想がPSTDの症状に及ぼした影響が検証されました。いずれの研究でも、帰還兵のPSTDの症状が劇的に減少し、生活の質が向上していることがわかりました。

硫黄島に出征した退役軍人が超越瞑想によってPTSDを克服

第二次世界大戦のパイロット仲間

文・ジェリー・イェリン

当時のジェリー・イェリン私は、第二次世界大戦で祖国のために尽くした16万人のうちの一人でした。18歳で入隊し、19歳のときにアリゾナ州フェニックスのルーク・フィールド航空学校を卒業し、21歳のときに硫黄島に着陸してそこで三週間を過ごしました。

歳をとるにつれて益々よくなる: クリント・イーストウッドと超越瞑想

クリント・イーストウッド

上手に歳をとる人々は、感動を与える存在である。クリント・イーストウッドは、まさにその実例だ。62歳にして、イーストウッドは彼の映画作品「許されざる者」で初めて映画のオスカーを受賞した。多くの映画製作者たちが信じているように、彼は歳をとればとるほど影響力を増し