PTSD

人生を変えるのは簡単。不精な人でもね──エイミー・シューマー

何百万人もの人々がエイミー・シューマーに心奪われるのは、彼女の率直さが人々を楽しませるだけでなく、学ばせてくれるからだ。

職場で同僚が射殺された衝撃──ストレスとトラウマが尋常ではないレベルから立ち直る

アーロン・トーマスさんが同僚のデビッド・リースに射殺された事件後の数日間で、ニューヨーク市の環境保護局は、キングストンの職場で起こった恐ろしい暴力行為のショックから職員が立ち直るのを助けるために、いくつもの団体からカウンセラーを雇い入れた。

現役軍人のPTSD(トラウマ)が瞑想で改善されるという研究結果

米国のジョージア州にあるアイゼンハワー陸軍医療センターは、現役軍人の治療に超越瞑想を利用した最初の医療機関だ。

アイオワの小さな町で瞑想して、戦争で負った心の傷が癒された顛末

イラクの自由作戦で配備された退役軍人であるフリーライターのスプリヤ・ベンカテサンさんは、アイオワ州のフェアフィールドに移り住み、毎日、瞑想することによって戦場でのトラウマから解放されたと、ワシントン・ポスト紙のブログのなかで述べている。

ウクライナが試みる国家に平和をもたらす軍隊

ウクライナの国防大臣は最近、兵士たちが心的外傷後ストレス障害(PTSD)に対処できるように、軍隊にTM(超越瞑想)を導入する契約書にサインした。

瞑想が私の助けになるとは思わなかった……

いくつかの理由で、私は超越瞑想(TM)を学ぶ気にはなれませんでした。ヨガを熱心に行っていたので、瞑想に関する本はたくさん読んでいたし、瞑想のコースにもよく参加していたからです。瞑想については十分知っているという自信があり、TMが実際に私の助けになるとは思いもしませんでした。

回復への道──戦闘経験の悪夢から逃れる

戦争の傷跡は、体よりも心に深く刻み込まれる。それは訓練された兵士でも同じだ。アイゼンハワー軍医療センターでは、戦闘経験の悪夢から逃れることができない帰還兵に対し、治療のひとつとして超越瞑想を処方している。以下は米軍の公式サイトに掲載された記事の抄訳。

超越瞑想は、PTSD患者を救う新しい治療薬?

多くの退役軍人が長年に渡ってPTSD(トラウマ)による後遺症で苦しんでいる。ニューヨーク大学ランゴン医療センター精神科の名誉会長ロバート・カンクロ教授は、PTSDの治療に医薬品だけでなく超越瞑想を適用するよう政府に呼びかけている。

戦争難民のストレスが、瞑想習得後10日で大幅に減少していた

昨年の研究によると、ストレス障害で苦しんでいたコンゴの戦争難民が、超越瞑想を実践することで症状が劇的に改善されることがわかった。この研究では、研究開始時点、超越瞑想を学んで30日後、135日後に、心的外傷後ストレス障害の評価を計測していた。

家庭内暴力によるトラウマ性のストレスからの回復

ニューヨークの会議でビジネス界、社会福祉、慈善活動のリーダーが集まり、家庭内暴力によるトラウマ性のストレスを抱える女性や子供達に超越瞑想を提供しようという提案について聴いた。

アフリカ難民の心的外傷後ストレス(PTSD)の症状が顕著に減少

戦場から帰還した兵士でも心の傷からは逃れることができない。多くの兵士が、帰還後も心的外傷後ストレス(PTSD)のなかで苦しんでいる。しかし、戦場となった国の犠牲者はもっと過酷な状況の中にある。

映画監督マーティン・スコセッシの静かな一日

現代の偉大な映画監督の一人、マーティン・スコセッシは、60代の初めに超越瞑想を学んだ。あるチャリティー・コンサートで超越瞑想のことを聞いて、これは自分と妻にとって、また、そのとき八歳だった娘にとって、役立つものだと思った。

音楽と平和のチャリティー・コンサートでリンゴ・スターが賞を授与

1月20日にリンゴ・スターは、デヴィッド・リンチ財団から「Lifetime of Peace and Love Award(平和と愛の生涯)」賞を授与された。それはロサンジェルスのエル・レイ劇場で行われたイベントの一部であり、その後で記念コンサートが行われた。

チャリティー・ショーの舞台に現れたヒュー・ジャックマン

デヴィッド・リンチ財団は、毎年年末に恒例のチャリティーショーを開催する。昨年は、俳優のヒュー・ジャックマンが舞台に登場し、同財団より賞が与えられた。以下は、ウオール・ストリート・ジャーナルに掲載された記事の抄訳。

リブ・タイラーとショーン・レノンが第一応答者を救うチャリティー・コンサートで共演

ニューヨークでリブ・タイラーとショーン・レノンが、ロイストン・ランドン&スペースホッグと共に、野外のチャリティー・コンサートを行った。それは、デヴィッド・リンチ財団が行っているプロジェクト「ニューヨーク市の第一応答者の第一歩」への寄付を募るチャリティーイベントだった。

強い不安が劇的に改善される、超越瞑想の研究結果

不安症は、アメリカで最もよく見られる心の問題である。現在、400万人の成人(人口の約18%)が不安症を患っており、その治療費は年間420億円以上にものぼる。不安症とは、望んだ目標を予測し、制御し、達成できないことから、否定的な気分に襲われる精神障害であると考えられている。

医師が処方する「1日2回、20分間の瞑想」──WSJ(1)

先週、ウォール・ストレート・ジャーナルの健康欄の第一面に、瞑想が米国の健康管理の主流になりつつあるという特集記事が掲載された。記事には、瞑想その他の心身療法が米国のプライマリ・ケア環境に組み入れられている状況について、米国のいくつかの大病院の医師たちの意見が紹介されている。

警察の抱える最も差し迫った課題──PTSDに悩む警察官を救う

マイケル・オルティスがニューヨーク州警察官および麻薬取締局おとり捜査官を20年以上務めてから退職したとき、妻のデボラは夫に異変を感じていた。マイケルは、なかなか眠ることができず、ストレスに過敏に反応し、過去のトラウマ体験がフラッシュバックし、パラノイアの兆候も示していた。

超越瞑想は人生を変換する。デヴィッド・リンチ財団の五年間の達成

過去5年間、デヴィッド・リンチ財団は、深刻なストレスに苦しむ25万人以上の人々を救済するために、超越瞑想が学べるよう支援してきた。瞑想を学んだ彼らの体験は目覚ましく、また、研究によって効果が裏付けられてきた。

超越瞑想が軍人の心の傷(PTSD)を修復し、苦痛から解放する

衝撃的な統計結果がある。米国では、毎日18人の退役軍人が自殺しており、しかもその三分の一は、退役軍人局の支援のもとで治療を受けている人々であった。退役軍人局は軍人達への支援を増やす対策を行っているが、それにも関わらず自殺率は過去最高のレベルにまで増え続けている。