パニック発作

暗闇から光へ:抑うつと不安がなくなった。

うつ病と不安症は、誰にでも起こる可能性がある過酷な病気だ。いったん症状が始まれば、あっというまに暗い穴の中に滑り落ちていく。

バレエからブロードウェイのスターに転身

ソルトレークシティ出身の15歳の少女がスクール・オブ・アメリカン・バレエのオーディションを受けるというのはそうそうあることではない。そのバレリーナの卵が入学し、卒業し、18歳でニューヨーク・シティ・バレエ団に入団し、19歳になるまでにソリストになり、そして20歳までにプリンシパルに登りつめるという可能性はさらに少ない。

私が超越瞑想を学んだ理由と、今も続いている理由

ミュージシャン、音楽プロディーサーのブレーク・イアンが超越瞑想の体験についてブログで語っている。彼は、人生の大部分を激しい不安やパニック発作で苦しんできた。それが今ではほとんど不安を感じることなく生活しているそうだ。

パニック障害が消えてなくなった日

ティム・ペイジは長年、ワシントンポストの音楽評論家として活躍していた。1997年には、その明快で啓蒙的な批評が評価されてピューリッツァー賞を獲得した。ティムが最初に超越瞑想のことを聞いたのは60年代の初めであったが、実際に習って始めたのは1975年だった。

不安症、パニック障害、鬱病という牢獄からの解放

健康を促進する非営利団体、ASHAインターナショナルの理事長であるガーヤットリーは、超越瞑想の助けを借りて、鬱病と不安症を乗り越えたとCNNの記事のなかで述べている。

映画監督マーティン・スコセッシの静かな一日

現代の偉大な映画監督の一人、マーティン・スコセッシは、60代の初めに超越瞑想を学んだ。あるチャリティー・コンサートで超越瞑想のことを聞いて、これは自分と妻にとって、また、そのとき八歳だった娘にとって、役立つものだと思った。

瞑想すると気楽になる。問題が依然としてあってもその重みがなくなるのだ。

長い間、私は美しい山の見える田舎の家を探そうとしていた。週末になると不動産屋と一緒にあちこちへ探しに出かけたが、気に入る物件はなかなか見つからない。探求の旅は徒労に終わり、そのたびに手ぶらで家に帰ってきた。しかし、今では自分は運がよかったのだと考えている。