人生論

ティム・フェリスが語った「大物」に共通している一つの習慣

ザ・ニューヨーカー誌は、作家ティム・フェリスを「この世代の自己救済のグル」と紹介した。

デヴィッド・リンチ監督が43年間一日も欠かさないで行っていること

「ツイン・ピークス」の制作で多忙のなか、TM(超越瞑想)に関したパネルディスカッションに出席したリンチ監督が、ロサンゼルス・タイムズのインタビューに答えている。彼自身の体験から、TMはあらゆることの成功の鍵になる、ということだ。

50歳を機に人生をチューニングしてみた──マイク・ゴードン

フィッシュのベーシスト、マイク・ゴードンは、50歳を超えてから、心と体の健康維持に努めていると、音楽雑誌のサイト「Relix」のなかで語っている。

情熱と喜びをもって歌う──ブレンダ・ブーザー

オペラ・スターになるには、どのようなスキルが必要だろうか? 厳しい訓練、演技力、精神力、集中力、そして、イタリア語、ドイツ語、フランス語、ロシア語などの絶え間ない勉強。

人間の潜在力を活用するための技術。何かを得たければ「与えること」

人間の潜在力がまだまだあるとしたら、それは、どのような能力だろうか? 超越瞑想の創始者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーは、著書「超越瞑想──存在の科学と生きる技術」のなかで、人間の潜在力は、環境を最大限に活用する能力であると述べている。

存在することは、ただそれだけで至福である

「存在することは、ただそれだけで至福である。生きることは、ただそれだけで神聖である。」

初めて哲学者ヘッシェルのこの言葉に出会ったとき、これは非常に賢明な言葉だという感銘を受けたが、同時に、自分には馴染みのない経験のようにも思えた。多くの欧米人と同じように、私は絶えず活動の中にいていつも何かをしていたからだ。

音楽を作る上での創造的なゴールは、自然の完璧な力を生み出すこと

リック・ルービンは、おそらく過去25年間における最も有力なレコード・プロデューサーだろう。現代音楽における彼の功績は計り知れない。ニューヨーク大学の学生だった頃、ルービンは親から5千ドルを借りて、ラッセル・シモンと共にデフ・ジャム(レコード会社)を始めた。

目が見えなくても目が見えていても、そこには『絶対』がある──ヘレン・ケラー

ヘレン・ケラーは、二歳の頃から目が見えず、耳も聞こえなかったが、ラドクリフ大学を優秀な成績で卒業し、盲目と聾唖の障害を乗り越えて大学の学位を取得した最初の人になった。彼女は、講演と著述を通じて社会改革に生涯を捧げた。その著書のなかで彼女の内的体験が表現されている。

世界最大のヘッジファンドが、リーマン・ショックを予測して危機を回避した原則

投資会社ブリッジウォーターCEOレイ・ダリオ

リーマン・ショックを予測し、大きな損失を免れた世界最大の投資会社ブリッジウォーターCEOレイ・ダリオ氏は、40年来の瞑想者だ。彼はどのようにして危機を回避したのか?

その理由は「お金」ではなく「精神性」にあった。