企業

瞑想からはじまる1日。インテルのブランド再編を監督したサンドラ・ロペスさんの仕事術

インテルスポーツグループのバイスプレジデントを務めるサンドラ・ロペス氏の仕事術とは、超越瞑想で1日を始めることだった。

乱高下する相場のなかで、投資家は静かに瞑想する

ウォールストリートで流行っている瞑想は、さらに勢いを増している。瞑想によって投資家は、心を静め、業績を上げ、より賢明に、より健康的になっているからだ。

職場での瞑想がビジネスマンの能力を高めている

ビジネス界では、ストレス対策の一環として瞑想を利用している。特に超越瞑想の効果は、仕事に対する満足度、職務遂行能力、心配や緊張が軽減、意志決定の能力向上と多岐にわたっているとBusiness.comが報告している。

悩みをリセットする「朝晩20分瞑想」──梅澤高明

経営コンサルタントであり、A.T.カーニー日本法人会長の梅澤高明氏は、28年間、超越瞑想を実践している。彼は、ビジネス誌「プレジデント(2016年4.4号)」の特集のなかで瞑想の実践がビジネスの強みになっていることを話している。

スキンケアは意識のケアから──自然派ラグジュアリーコスメのソダシの取り組み

化学物質が一切含まれていない、天然成分100%でつくられたラグジュアリーコスメ、「ソダシ(Sodashi)」は、そのレベルの高さから、世界各国の高級スパなどで愛用されている。

「お前が倒れても、俺は行くぞ!」そのストレス慢性化していませんか?

ニューヨークでは、ビジネスの最前線で働く戦士たちが、瞑想による穏やかさを体験し始めている。瞑想は社会から逃避するのではなく、ビジネスで必要とされる鋭敏さを高めている、とファイナンシャルタイムズが報告していた。

従業員の健康と業績を押し上げている、企業が取り入れた瞑想法

生産性を上げるために残業し、努力すればよい、という考えは時代遅れになりつつある。今では、自分自身の幸福と健康を高めることが企業利益につながると考える人達が増えているようだ。

住む人が幸福で健康になる建物

タワーカンパニーが目指すゴールは、住む人が幸福になり、健康になる建物を建てること。しかしそれだけではない。自らの企業で働く従業員の健康と幸福を高めることにも熱心だ。

私の建築と瞑想は切っても切れない関係──建築家ビング・トム

ビング・トム氏は数々の受賞歴に輝く建築家であり、カナダで名誉とされる50周年メダル(国家に対して大きな貢献をしたカナダ人に授与される栄誉)を授与されている。

どんなにお金を得ても、幸せになれなかった

建設王ブルーノ・グロロ (72歳)は、オーストラリアで最も裕福な経営者の一人だ。メルボルンのほとんどの高層ビル、特に最も高いビルであるリアルト・タワーやユレーカ・タワーは、彼の建設会社(現在は彼の息子が経営している)によって建てられている。

ウオール街のビジネスマンのトレンディーは「瞑想」

ウォール街のビジネスマンの間では今、瞑想がトレンディーだ。オンラインのブルームバーグでは、ビジネスマンが変動する経済のなかで平静を保つために瞑想を行っている、と報道している。

山に登るために、まず海辺で瞑想する

WSJのコラム「あなたは、どんなトレーニングをしているのか?」のなかで、レストラン経営者のエリク・オーバホルツァーは、より注意深くあるために瞑想しているとインタビューに答えている。

私たちの体は、アドレナリンで生きるようにはできていない

全社員が仕事に専念し、創造的で、生産的で、ストレスがたまっていない……そんな職場があるとしたら、どんな職場だろうか?

医師のノーマン・ローゼンタール氏は、ハフィントン・ポストの記事の中で、こうした活気に満ちた幸福な職場環境を実現する方法について考察している。

いかにして瞑想は、レイ・ダリオを戦っている忍者のように冷静にさせるのか?

目まぐるしく変動する投資の世界は、どんな人でも飲み込んでしまう。投資家のレイ・ダリオは、そのような中で、いかにして判断を誤らず、冷静さを保ち、成功を勝ち得てきたのか? ビジネスインサイダー紙(2月12日)がその彼の秘訣を伝えている。

ストレスを解消する瞑想が、ビジネスの強みになる

経営管理会社の社長ナンシー・スロモウィッツは、『狂気の職場! 機能していない職場を改善し、生き残る方法』という本の中で、企業がストレスの否定的な影響を軽減し、集中力のある、肯定的で、効率的な従業員を生み出すために、超越瞑想を推薦している。

ガン治療の医療従事者が薬を使わずにストレスを軽減

ラヴィ・パテルが癌の専門医になったとき、最初は医学書に基づいて治療を行っていたが、すぐに患者のためにもっとよい治療法が必要だと感じた。癌の患者は、治療の面でも、精神的な面でも、さらに多くのケアが必要だったからだ。

若者に人気! 島根県の自動車教習所「Mランド」は、人と人が高め合い、心を養う

「ただ今より、瞑想タイムに入ります」──校内にアナウンスが流れると、たちまち瞑想ルームは、50人ほどの人でいっぱいになる。瞑想開始の鈴の音とともに、静寂の波が辺り一面に広がった。

これは、島根県益田市にある自動車教習所、Mランドで毎日行われているグループ瞑想での一コマだ。

ドン・アーネイ──発明家の創造性の源は、瞑想にあり

1986年カナダのカルガリーで開かれたビジネス賞の授賞式の晩餐会で、ドン・アーネイは、有力企業のリーダーたちの会合で演説を行った。彼は、群を抜いた発明が認められて、ビジネスにおける創造性を顕彰する権威あるマンニング賞を受賞──カナダの首相から表彰を受けたばかりだった。

超越瞑想に信頼を寄せている14人の経営者

経営者は、大きな責任と重圧に耐え、正しい判断を下さなければならない。そんな過酷な状況のなかで、彼らは、自分自身をどのように管理しているのだろうか?

ビジネス・インサイダー の記事によれば、注意深さを増し、ストレスや疲労を取り除き、創造性を高めるために、超越瞑想を実践するトップ・エグゼクティブが増えているという。

人気番組の司会者オプラが、超越瞑想を学んだ後の生活について語る

ドームで瞑想するオペラ・ウィンフリー

米国のテレビ番組「ドクター・オズ・ショー」で、オプラ・ウィンフリーのインタビューが放映され、そのなかでオプラは、25年間続いた人気の長寿番組「ザ・オプラ・ウィンフリー・ショー」を終了した後の生活について語った。