インタビュー

宗教の教えはすべて、無限性や普遍性のレベルに基礎をおいている

超越瞑想の実践者は、人生のさまざまな領域が豊かになるのを経験している。知的な理解力が高まり、行動が効率的になり、他人に対する思いやりが増していくなど、生命の多くの領域がより良くなるの経験している。このことは、宗教観についても言える。

200万人が刑務所に服役する米国で、超越瞑想が受刑者の復帰を支援する

米国で刑務所に収容されている受刑者の数は膨れあがるばかりだ。それは人的資源と財源のすさまじい浪費である。

米国司法省の統計によると、200万人以上の成人が刑務所に投獄され、500万人の成人が執行猶予で保護観察下におかれているか、仮釈放されている。

悟りとは何か? 市場にいても銀行との繋がりを維持した状態

買い物をしているときに、財布の中身を気にしないで、好きなものを好きなだけ買うことができたとしたら、それはどんなに楽しいことだろう。瞑想して得られる「悟り」の状態とは、そのようなものだと言う。至福が維持されていれば、日常のどのような活動でも喜びの波として楽しむことができる。

超越瞑想が軍人の心の傷(PTSD)を修復し、苦痛から解放する

衝撃的な統計結果がある。米国では、毎日18人の退役軍人が自殺しており、しかもその三分の一は、退役軍人局の支援のもとで治療を受けている人々であった。退役軍人局は軍人達への支援を増やす対策を行っているが、それにも関わらず自殺率は過去最高のレベルにまで増え続けている。

高次意識の体験が世界を変える──量子物理学者ジョン・ヘーゲリン

全国向けのラジオ放送で、ノートルダム大学テリー・パッテン教授が、量子物理学者のジョン・ヘーゲリン博士に広範囲なテーマでインタビューを行った。例えば、高い意識状態と瞑想との関係や、超越瞑想の社会的な影響についてなどだ。

サインフェルドとステファノプロスが、モーニングショーで超越瞑想について語る

ABCテレビのニュース・キャスターであるジョージ・ステファノプロスが米国で人気のモーニングショー「グッド・モーニング・アメリカ」で、コメディアンのジェリー・サインフェルドと、デヴィッド・リンチ財団の常任理事ボブ・ロスと共に、超越瞑想の効果について語り合った。

人は苦しむようには作られていない。至福こそが私たちの本質──デヴィッド・リンチ

最近、ポーランドのビドゴシュチで開催された国際映画祭でデヴィッド・リンチ監督は特別功労賞を受賞した。そのときに行われたインタビューで、リンチ監督は「人間には、限りない可能性が秘められている」と語っている。

本当の美しさは内側からやってくる──スーパーモデルのラケル・ジマーマン

スーパーモデルのラケル・ジマーマンは、2008年から2010年にかけてファッションモデルの人気ランキングでナンバーワンの地位にいた。14歳からモデルを行っている彼女は、いまでは、こう語る。「本当の美しさは、外側からではなく、内面からやってくる」と。

内側にある創造性の核に触れ、音楽で表現する──シャロン・イズビン

シャロン・イズビン(55歳)は、多くの音楽評論家から、現代におけるクラッシック・ギターの第一人者として認められている。彼女は、この40年間で二度もグラミー賞を受賞した最初のギター奏者だ。

帰還兵のPTSDに対処する超越瞑想の効果──CNNの報道

米国では、戦場から帰還した兵士が酷いトラウマで悩まされていることが問題視されている。「退役軍人の日」に、CNNのソウルダッド・オブライエンは、ラッセル・シモンズとボブ・ロス(デヴィッド・リンチ財団)にインタビューし、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しむ帰還兵を救うために

あなたは、どうしていつも幸福なのですか?──カナダCBCラジオ

1975年春のカナダ訪問の際、マハリシは、カナダでたいへん影響力のあるショーに出て、インタビューを受けることになりました。ショーの名前は、「あいにくですが」。インタビューするのは、バーバラ・フラム。彼女は、鋭い知的な質問を投げかけることでカナダ中に知られています。

想念の源には、計り知れないエネルギーと知性が蓄えられている

1975年の春に、超越瞑想の創始者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーは、世界の五大陸を大急ぎで回る旅に出た。この一カ月の旅の目的は、人間の本質についての新しい理解を世界中にもたらすことだった。

1975年の人気番組マーヴ・グリフィンショーに出演したマハリシ

1975年、超越瞑想の世界ツアーのなかでマハリシは、米国で人気のあるテレビ番組、マーヴ・グリフィンショーに出演した。番組放送後、超越瞑想を教えるTMセンターの前には、瞑想を学びたいという人たちの長蛇の列ができた。そのときのマハリシが出演した番組の模様をご紹介しよう。

ハワード・スターンとデヴィッド・レターマンが超越瞑想について語る

米国で有名なラジオ・トークショーの司会者ハワード・スターンが、一年半ほど前、CBSテレビの「レイト・ショー」で、司会者デヴィッド・レターマンと一緒に、芸能界、政治、人生について語り合ったことがある。その二人の会話のなかで、デヴィッドは超越瞑想の話題を取り上げた。

人々が超越瞑想を始める一般的な理由 | NBC放送によるマハリシのインタビュー

1973年に、かの有名なNBCニュースのキャスター、エドウィン・ニューマンが、人気のテレビ番組「自由に話す」で、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーにインタビューを行っている。

彼は、なぜ、物質主義的なアメリカで超越瞑想が受け入れられているのかについて尋ねている。

画家・中川直人氏「ありふれたものから、並はずれたものを創造する」

米国の瞑想者向け刊行誌「Enlightenment」では、最近、画家の中川直人氏と、著名なアーティストを世に送り出しているハドソン氏のインタビューを掲載している。

中川直人氏は、詩人、芸術家、哲学者を出している日本の伝統ある家系に生まれた。

ビーチボーイズのハーモニーを生み出した生活スタイル──マイク・ラヴのインタビュー

多くのミュージシャンに影響を与えてきたビーチボーイズが、今年、デビュー50周年を記念してワールドツアーを開始した(2012年4月)。日本でも8月に来日予定だ。

創立メンバーの一人、マイク・ラブは、今でも年間150回のコンサートを精力的に行っている。

超越瞑想と他の瞑想法との違いは、その効果にある

1978年スイス・ラジオ・インターナショナルのインタビューより

──まず初めに超越瞑想、TMについてお聞きしたいと思います。あなたはいつ、どのようにしてTMの技術と哲学を開発したのですか?

マハリシ TMの技術と哲学のどちらも、私が開発したものではありません。

「大きな魚をつかまえよう」デヴィッド・リンチのアイディア発想法

いったい彼の創造性はどこからくるのか? 映画監督のデヴィッド・リンチ監督の作品を体感した人は、そう思うことだろう。数々の賞によって高い評価を得ている彼の創造性は、映画に留まらず、絵画、写真、アニメ、立体作品、さらに音楽へと拡大している。

ザ・ビーチ・ボーイズのマイク・ラヴは、今でも「いい感じ!」

50年間にわたるビーチボーイズの活動は、音楽界での成功、メンバーの個人的な悲劇、法的な闘争が続いてきた。その中で、リードボーカルのマイク・ラヴは、激しく揺れ動く感情を静めるために、超越瞑想が生み出す「いい感じ(good vibrations)」に頼ってきた。