話題

自然豊かな田舎で過ごし、そして瞑想する──ナオミ・ワッツ

『グッド・ヘルス誌』2013年4月号の記事で、女優のナオミ・ワッツが有名人としての忙しい生活を安定させる日々の日課について語っている。

人は内側に平安を求めるべきであり、それ以外に頼るべきではない──仏陀

私たちは仏陀の生涯について、主として、彼が生きた時代から数百年経た後に書かれた伝説を通じて知っている。ゴータマ・シッダールタは、現在のネパールにあった王国の王子として生まれ、父親のスッドーダナ王の庇護の下、世間の辛苦から切り離されて豪奢な生活を送っていた。

ジャズの伝説的なミュージシャンが、問題を抱えた人々ために基金を募る

ジャズ界の伝説的なミュージシャン、ウィントン・マルサリス、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、エスペランサ・スポルディング、コリーヌ・ベイリー・レイが、デヴィッド・リンチ財団を支援するために、ニューヨークのジャズ・アット・リンカーン・センターのステージに立った。

自閉症スペクトラム障害──超越瞑想は自閉症の子供たちを救えるか?

ジョーイは、人生の最初の14年間、書くことも、読むことも、話すこともできなかった。彼は自分自身の内部に閉じこめられていたのだ。何百万人もの自閉症の子供たちがそうであるように、彼は、人とコミュニケーションをとれないことや、周囲の世界に適応できないことにもがき苦しんできた。

混乱した人生に平穏をもたらしたヒュー・ジャックマンの人生の変換点

最も魅力的なハリウッド・スターの一人、ヒュー・ジャックマンは、学生時代に超越瞑想を学び、人生が変わったと語っている。「これまでに、超越瞑想ほど私の目を開かせたものはない。超越瞑想をすると、心が落ち着いて、幸せになる。非常に混乱した人生に、平穏と静けさをもたらしてくれるんだ。」

ニューヨーク科学アカデミー主催で「瞑想」の研究会議が開かれる

今年1月にニューヨーク科学アカデミーの主催で「瞑想研究の進歩」と銘打った画期的な会議が開かれた。全米から瞑想について研究している研究者が集まり、マインドフルネスから座禅、気功、そして超越瞑想に至るまで、多種多様な瞑想の伝統に関する新しい研究結果が発表された。

警察の抱える最も差し迫った課題──PTSDに悩む警察官を救う

マイケル・オルティスがニューヨーク州警察官および麻薬取締局おとり捜査官を20年以上務めてから退職したとき、妻のデボラは夫に異変を感じていた。マイケルは、なかなか眠ることができず、ストレスに過敏に反応し、過去のトラウマ体験がフラッシュバックし、パラノイアの兆候も示していた。

目が見えなくても目が見えていても、そこには『絶対』がある──ヘレン・ケラー

ヘレン・ケラーは、二歳の頃から目が見えず、耳も聞こえなかったが、ラドクリフ大学を優秀な成績で卒業し、盲目と聾唖の障害を乗り越えて大学の学位を取得した最初の人になった。彼女は、講演と著述を通じて社会改革に生涯を捧げた。その著書のなかで彼女の内的体験が表現されている。

詩人ルーミーが詠う、想念を超えた向こう側

米国で最も人気のある詩人──ジャラール・ウッディーン・ルーミーは、800年前、はるか彼方の地に住んでいたイスラム教の説教師、神学者だ。彼は、ベルシア文学史上における最も偉大な詩人であり、世界文学においても最大の詩人の一人に数えられている。彼の詩は、彼の体験を詠うもので、それは時を超えて人々を魅了している。

そこには進化も運命もなく、ただ存在だけがある──生命の根源をかいま見ていたアインシュタイン

アルベルト・アインシュタインは、史上最も偉大な科学者の一人として広く認められている。彼のすべての業績は一つの究極の目的に集中している。それは、自然界の多様さの根底にある統一を理解することである。

メフメット・オズ氏が「ドクター・オズショー」で超越瞑想を推薦

医療問題や個人の健康をテーマにしたテレビ番組「ドクター・オズショー」は、エミー賞を受賞した人気番組だ。番組を担当する外科医師のメフメット・オズ氏は、これまで「千年紀の治療者(ヘルシー・リビング誌)」、「ドクターズ・オブ・イヤー(ヒッポクラテス誌)」など、数多くの最高の医師

トップアスリートの優れた能力は、統合された脳機能と関係している

脳機能の研究や心理的発達の測定から、最高の能力を発揮する人々は、一般の人々と比べて、高度な脳機能と発達した心を備えていることが確かめられている。

世界級のアスリートを対象に行われた研究では、トップアスリートは一般のアスリートと比較して脳の統合度合いがより高いことが実証された。

超越主義のエマソンがかいま見ていた永遠なる一つの体験とは?

1836年に『自然(Nature)』と題されたエッセイが匿名で出版された。このエッセイはとりわけ大学生の間で大きな反響を巻き起こし、彼らは同好会を作ってそれについて論じ合った。

このエッセイは、アメリカ超越主義と呼ばれるようになった運動の端緒を開き、アメリカ全体に影響を及ぼした。

目撃する意識のなかで自分を見つける──伝説のサックス奏者デヴィッド・S・ウェア

昨年10月に亡くなったジャズ界の巨星デヴィッド・スペンサー・ウェア(サックス奏者)は、1990年代の初めから彼自身のカルテットを率いて、現代の最高のジャズバンドの一つとして活動してきた。

デヴィッドは、若い頃から、より高い意識状態を体験することに関心をもっていた。

老子の「タオ」は抽象的な概念ではない。超越という実際的な体験

tao-de-ching-laozi老子は古代中国(紀元前6世紀)の首都に住み、宮中で公文書保管所の管理人として仕えていた。彼は偉大な英知の持ち主であったため、多くの人が彼の英知に惹かれて集まり、自分の教師として敬っていた。

ストレスに押しつぶされる前に、ストレスにうまく対処しよう

精神的にも、肉体的にも、現代人は何らかの問題を抱え、多くのストレスを溜め込んでいる。もし、ストレスに対処しなければ、それはあなたをいずれ押しつぶすことになるかも知れない。問題や病気に直面しないためにもストレス対策は人生の最重要課題だ。

200万人が刑務所に服役する米国で、超越瞑想が受刑者の復帰を支援する

米国で刑務所に収容されている受刑者の数は膨れあがるばかりだ。それは人的資源と財源のすさまじい浪費である。

米国司法省の統計によると、200万人以上の成人が刑務所に投獄され、500万人の成人が執行猶予で保護観察下におかれているか、仮釈放されている。

緊張が解消されれば、残忍な人間でも同情心をもつようになる

健全な感情を育むことは、すべての人にとって重要なことだ。特に、反社会的な行動のために投獄されている人びとにとっては、それが絶対的に必要とされている。

刑務所を変える? 瞑想という新しい矯正教育が注目されている

「刑務所のシステムは、完全に崩壊している」と、21年間、刑務所に入っているケヴィン・ローパーは語る。「しかし、刑務所のシステムを変えることはできなくても、刑務所の中にいる人びとを変えることはできる」。

悟りとは何か? 市場にいても銀行との繋がりを維持した状態

買い物をしているときに、財布の中身を気にしないで、好きなものを好きなだけ買うことができたとしたら、それはどんなに楽しいことだろう。瞑想して得られる「悟り」の状態とは、そのようなものだと言う。至福が維持されていれば、日常のどのような活動でも喜びの波として楽しむことができる。