話題

カリブ海にあるドミニカ国で囚人の矯正教育に超越瞑想を採用

絵画のように美しく青々と茂った植物と澄み切った水、ドミニカ島は楽園としての条件を数多く備えている。しかし残念なことに、その清純な性質は、望ましくない記録によって損なわれている。ドミニカ国は、米国やロシアと共に、人口10万人あたりの投獄率が最も高い国の一つに上げられているのだ。

カリブ諸島の学生のADHDを改善するプロジェクトが始まる

注意欠陥多動性障害(ADHD)の問題は、世界の至る所で増加傾向にある。多くの医師や研究者は、ADHDの問題はテレビやコンピュータの使用による感覚刺激の急増と関連していると考えている。また他の研究者は、子供のストレスや不安の増加がADHDに関与していると述べている。

ビートルズは、時代の先取りをしていたのではないか?

ビートルズが、1968年にインドを訪れ、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの教えを受けたことで、超越瞑想に対する世界中の注目が集まった。英国新聞『テレグラフ』の最近の記事は、ビートルズが実は時代の先取りしていたのではないかと考察している。

年間100万人の高校生が退学する米国で、瞑想は解決策になるか?

アメリカ・プロミス・アリアンス財団の最近の報告によると、アメリカの大都市で公立学校に通っている学生のうち、卒業証書を受け取るのは約半数に過ぎないという。アメリカの50の大都市のうち17の都市では、高校の卒業率が50%以下である。

ブラームス──主旋律は無限なるものからやってくる

ブラームスは十代前半のとき、ハンブルグの波止場界隈のダンスホールや宿屋で演奏をして一家の生活を助けた。その同じ地域の同じような場所で、百年余り後にビートルズが演奏技術を磨いた。ブラームスが高名なバイオリニストのヨーゼフ・ヨアヒムと出会ったのは彼が二十歳のときだった。

「自分のなかの中心」米国のキャスター、バーバラ・ウォルターズが瞑想について語る

米国のABCテレビのニュース・キャスター、バーバラ・ウォルターズは、朝のトークショー『THE VIEW』に出演し、超越瞑想の体験について話した。現在、83歳の彼女は、半世紀にわたって看板番組の司会や著名人のインタビューを務めてきたが、最近、引退表明をして話題になっていた。

静かな変革──サンフランシスコで最も荒れた学校が最も静かな学校となる

このビデオでは、サンフランシスコの教育委員会の教育長が、静寂の時間プログラム(超越瞑想)を取り入れた学校の校長、教師、生徒と共に、超越瞑想によって学校全体が大きく変わったということを語っている。

瞑想──忙しい日常でも楽しめる、深い休息と至福

以前、ニューヨークタイムズに掲載された記事『静寂の喜び』では、「静寂の時間」をもつ重要性と喜びについて語られていた。「静寂の時間」とは、慌ただしい活動的な世界から離れたひとときのことで、人々が休息やリクリエーションのために時間をとることは何も新しいことではなかった。

瞑想を行っている学生は、成績が良く、卒業率が高いという研究報告

『Education』誌(2013年6月)に発表された最近の研究では、超越瞑想を実践している学生は対照グループの学生と比べて卒業率が高いことがわかった。

以下は、オンラインの科学ニュースサイト「PsychCentral」に掲載された記事からの抜粋

お金や権力では計れない「成功」を再定義する

シンジケート・コラムニストであり、作家でもあるアリアナ・ハフィントン(写真右)は、先ごろ行われたスミス大学の卒業式で登壇し、「成功」というものを再定義する必要性を強調した。

「現在のところ、社会における『成功』の概念は、主にお金と権力という二つのものから構成されています。

俳優ヒュー・ジャックマン「瞑想が私の人生を変えた」

俳優ヒュー・ジャックマンは、過去20年間にわたって、彼の人格と生活において超越瞑想が重要な役割を果たしてきた──と最近、男性向け健康雑誌で語っている。以下は、The Huffington Post UK がその話題を取り上げたときの記事から引用。

オマー・アクラム──文化の壁を越え、心揺さぶる優雅な音楽の源泉

音楽は、文化の壁を越えて世界平和を生み出すことができるかも知れない──オマー・アクラムは、それが可能だと思わせてくれる。今年グラミー賞を受賞した彼は、アフガニスタン系米国人のレコーディングアーティストで、しばしば「文化の外交官」と呼ばれる。

神の王国は、あなたの内側にある

あるときイエスは、神の国はいつ到来するのかと尋ねられた。神の国は人々が見たり指さしたりできるものではない、とイエスは答えた。そのとき、人々の心を打つ次の言葉が語られた。

「『見よ、ここにある』『あそこにある』などとも言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ。」(ルカによる福音書・第17章21節)

超越瞑想の広範囲な効果は、単なる「プラシーボ効果」なのか?

広範囲にわたる超越瞑想の効果は、思い込みによるプラシーボ効果ではないか? という疑問が投げかけられることがある。研究者のデヴィッド・オームジョンソンは、その疑問に対して興味深い回答を与えている。

Live365とトランセンデンタル・ミュージックが提携:超越瞑想のネット・ラジオ局を開設

インターネット・ラジオ放送のリーダーであるLive365は、トランセンデンタル・ミュージックの最新ベンチャーとなるトランセンド・ラジオを開設すると発表した(5月1日)。

医師が処方する「1日2回、20分間の瞑想」──WSJ(1)

先週、ウォール・ストレート・ジャーナルの健康欄の第一面に、瞑想が米国の健康管理の主流になりつつあるという特集記事が掲載された。記事には、瞑想その他の心身療法が米国のプライマリ・ケア環境に組み入れられている状況について、米国のいくつかの大病院の医師たちの意見が紹介されている。

米国心臓協会が高血圧の予防と治療に超越瞑想を推奨する

米国心臓協会(AHA)が4月22日に公表した報告書は、超越瞑想(TM)には血圧を下げる効果があると結論づけ、高血圧の予防と治療のための臨床診療にTMの利用を検討することを推奨している。

プラトンの「善のイデア」とは単なる知的な概念ではない。それは直接体験できるもの

プラトンという名前はニックネームであり、彼の本名はアリストクレスだった。最初に彼をプラトン(「幅広い」を意味する)と呼んだのは、彼のレスリングの師匠であったらしい。その呼び名の由来は、彼の肩幅の広さ、もしくは彼のレスリングのスタイルを表したものだったのかもしれない。

教育の成功は、まず第一に知識を受け取るための器、生徒の意識を高めること

すべての生徒の能力を高め、人格を成長させる理想教育があるとしたら、それは今の教育とどこが違うだろうか? 勉強が退屈だという生徒に教師が一生懸命、知識を与えようとしても、彼は決して受け取ることができない。なぜなら知識よりもまず先に、彼自身の明瞭な意識が必要とされているからだ。

ストレスは万病のもと──ストレスの悪影響についての新しい研究とその対処法

ストレスは万病のもと。ストレスの悪影響についての新しい研究によれば、ストレスは、身体の治癒能力を低め、脳を萎縮させ、染色体を変化させて、その影響は世代に渡るかも知れない。そのため、ストレスを洗い流すための効果的な方法を研究者は勧めている。