高血圧

瞑想で寿命が延びる? テロメラーゼが増えるという研究結果

テロメアとは、クツ紐の先端で紐がほつれるのを防ぐ金具のようなものだ。染色体の先端にあるテロメアは、染色体がすり減るのを保護する働きをしている。つまり、細胞分裂の最中に、DNAが失われたり、損なわれないようにしているのだ。

「お前が倒れても、俺は行くぞ!」そのストレス慢性化していませんか?

ニューヨークでは、ビジネスの最前線で働く戦士たちが、瞑想による穏やかさを体験し始めている。瞑想は社会から逃避するのではなく、ビジネスで必要とされる鋭敏さを高めている、とファイナンシャルタイムズが報告していた。

医師が処方する「1日2回、20分間の瞑想」──WSJ(1)

先週、ウォール・ストレート・ジャーナルの健康欄の第一面に、瞑想が米国の健康管理の主流になりつつあるという特集記事が掲載された。記事には、瞑想その他の心身療法が米国のプライマリ・ケア環境に組み入れられている状況について、米国のいくつかの大病院の医師たちの意見が紹介されている。

米国心臓協会が高血圧の予防と治療に超越瞑想を推奨する

米国心臓協会(AHA)が4月22日に公表した報告書は、超越瞑想(TM)には血圧を下げる効果があると結論づけ、高血圧の予防と治療のための臨床診療にTMの利用を検討することを推奨している。

瞑想で心臓発作と脳卒中のリスクを減らすことを証明した、これまでで最も説得力のある研究

「瞑想で心臓発作と脳卒中のリスクを減らすことを証明した、これまでで最も説得力のある研究」──タイム誌

この記事は、米国の国立衛生研究所から助成金を受けて10年間にわたって行われた超越瞑想の臨床研究に基づいている。

心臓病・脳卒中を減らすことを証明した超越瞑想の研究が何百ものメディアに掲載される

今週、新しい科学的研究の結果に関する記事が世界中の新聞に何百件も掲載された。その研究は、米国心臓協会が発行する雑誌『Circulation: Cardiovascular Quality and Outcomes』に11月13日に発表されたものだ。

「TMに勝る薬はない」心臓内科医の超越瞑想の体験

セザール・モリナ医師は、高校3年のとき超越瞑想を学んだ。その後、40年にわたる瞑想の実践は、自己の啓発に役立つものであったと彼は語っている。

「高校時代に、私は自己実現に関する本を何冊か読みました。実のところ自己実現とは何を意味するのか、よく分かりませんでした

超越瞑想が心臓病の三つの危険因子、高コレステロール・高血糖値・高血圧を改善

新年を迎えるときに新年の抱負を掲げることは世界中、どの国でも共通しているようです。

今年、米国で最も多い新年の抱負は、「人生を楽しむこと」。これはとても素晴らしい抱負なのですが、実情をみると、借金や上司との関係によるストレスから解放されたい、という欲求の現れのようです。

「心臓病のリスクが減少」瞑想が心臓病の治療法に変革をもたらすと注目

高血圧の改善を報道するNBC放送

研究者によれば、超越瞑想を実践している正常高値血圧の黒人の若者は、血管の拡張機能が向上しているので、成人後に心血管系疾患になる危険性が減少するという。