悟り

ハーバード教授が解明!「瞑想」に本当に意味はあるか?

ハーバード大学医学大学院の教授であり、医師として活躍するサンジブ・チョプラ博士が、信頼性の高い膨大な研究をもとに「これだけは間違いなくいいと断言できる」習慣の一つとして瞑想を取り上げている。

瞑想で世界を変えるのが使命──デヴィッド・リンチ

ハフィントンポスト(英語版)に掲載された映画監督のデヴィッド・リンチのロング・インタビューのなかで、リンチは、人生から苦しみを取り除いて、より良い世界にしたいという熱い思いを語っている。

考え、感覚、行動の根底にある、本当の自分

私が体験している世界は、すべて知覚を通してやってくる。目は何かを見、耳は何かを聞いている。あるいは心では、いろいろな考えが渦巻き、私は、必ずしも望むとは限らない、自分が体験している世界を一瞬一瞬、更新している。

超越──思考の源にある、純粋意識の静かな領域の体験

超越瞑想を学んだ人は、それがいかに簡単であるかに驚く。しかし、簡単であるにも関わらず、超越瞑想は人間の全潜在力を目覚めさせることができるのだ。

インド政府主催「ヨーガと科学」の会議で、ヨーガを科学という鏡に映し出したマハリシ

1975年、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー(超越瞑想の創始者)は5つの大陸を回る世界ツアーを行った。ツアーの目的は人々に「悟りの時代」の到来を告げることだった。「悟りの時代」とは、問題や苦しみから解放され、誰もが自身の全潜在力を活用して至福を生きる時代のことだ。

愛と啓発──愛の成長は、外側にある何ものにも依存しない

ハフィントン・ポスト紙に掲載された記事のなかで、アン・パーセルは、誰でも心の内深くには純粋な愛があること。そして、瞑想によってそれを体験することができ、それによって愛情深い人になると記している。

ブラームス──主旋律は無限なるものからやってくる

ブラームスは十代前半のとき、ハンブルグの波止場界隈のダンスホールや宿屋で演奏をして一家の生活を助けた。その同じ地域の同じような場所で、百年余り後にビートルズが演奏技術を磨いた。ブラームスが高名なバイオリニストのヨーゼフ・ヨアヒムと出会ったのは彼が二十歳のときだった。

神の王国は、あなたの内側にある

あるときイエスは、神の国はいつ到来するのかと尋ねられた。神の国は人々が見たり指さしたりできるものではない、とイエスは答えた。そのとき、人々の心を打つ次の言葉が語られた。

「『見よ、ここにある』『あそこにある』などとも言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ。」(ルカによる福音書・第17章21節)

人は内側に平安を求めるべきであり、それ以外に頼るべきではない──仏陀

私たちは仏陀の生涯について、主として、彼が生きた時代から数百年経た後に書かれた伝説を通じて知っている。ゴータマ・シッダールタは、現在のネパールにあった王国の王子として生まれ、父親のスッドーダナ王の庇護の下、世間の辛苦から切り離されて豪奢な生活を送っていた。

目が見えなくても目が見えていても、そこには『絶対』がある──ヘレン・ケラー

ヘレン・ケラーは、二歳の頃から目が見えず、耳も聞こえなかったが、ラドクリフ大学を優秀な成績で卒業し、盲目と聾唖の障害を乗り越えて大学の学位を取得した最初の人になった。彼女は、講演と著述を通じて社会改革に生涯を捧げた。その著書のなかで彼女の内的体験が表現されている。

詩人ルーミーが詠う、想念を超えた向こう側

米国で最も人気のある詩人──ジャラール・ウッディーン・ルーミーは、800年前、はるか彼方の地に住んでいたイスラム教の説教師、神学者だ。彼は、ベルシア文学史上における最も偉大な詩人であり、世界文学においても最大の詩人の一人に数えられている。彼の詩は、彼の体験を詠うもので、それは時を超えて人々を魅了している。

超越主義のエマソンがかいま見ていた永遠なる一つの体験とは?

1836年に『自然(Nature)』と題されたエッセイが匿名で出版された。このエッセイはとりわけ大学生の間で大きな反響を巻き起こし、彼らは同好会を作ってそれについて論じ合った。

このエッセイは、アメリカ超越主義と呼ばれるようになった運動の端緒を開き、アメリカ全体に影響を及ぼした。

老子の「タオ」は抽象的な概念ではない。超越という実際的な体験

tao-de-ching-laozi老子は古代中国(紀元前6世紀)の首都に住み、宮中で公文書保管所の管理人として仕えていた。彼は偉大な英知の持ち主であったため、多くの人が彼の英知に惹かれて集まり、自分の教師として敬っていた。

悟りとは何か? 市場にいても銀行との繋がりを維持した状態

買い物をしているときに、財布の中身を気にしないで、好きなものを好きなだけ買うことができたとしたら、それはどんなに楽しいことだろう。瞑想して得られる「悟り」の状態とは、そのようなものだと言う。至福が維持されていれば、日常のどのような活動でも喜びの波として楽しむことができる。

ヨーガの実践で最も自然な方法は、最初にサマーディを体験すること

ヨーガは、健康やダイエットのために女性の間で根強い人気がある。

ヨーガとは、サンスクリット語で「統一」という意味であり、それは、個人と宇宙を統一した至高の生命を示すものだ。ヨーガは、体を柔らかくするための姿勢ではなく、それによって到達した境地のことを言う。

人間の内側深くには、無限の幸福がある──マハリシ

1968年にカナダの公共放送が、超越瞑想を紹介したマハリシ・マヘーシュ・ヨーギー(超越瞑想の創始者)の番組を制作した。

番組のなかでマハリシは、風光明媚なルイーズ湖を前にして、心も湖のように深みがあると例えている。

「瞑想する母親たち」母親にとって啓発は、子育てと同じくらい自然なこと

子育てや仕事の疲れをとるために、お母さんたちが超越瞑想を行っています。コーヒータイムを取るよりも、瞑想するための時間をとる方が良いと感じています。というのも、瞑想すれば、疲れがとれて、スッキリして、家事をやりこなす気力も湧いてくるからです。

「TMに勝る薬はない」心臓内科医の超越瞑想の体験

セザール・モリナ医師は、高校3年のとき超越瞑想を学んだ。その後、40年にわたる瞑想の実践は、自己の啓発に役立つものであったと彼は語っている。

「高校時代に、私は自己実現に関する本を何冊か読みました。実のところ自己実現とは何を意味するのか、よく分かりませんでした

悟りの成功哲学は、苦労して頑張らないこと

超越瞑想は、ストレスを取り除き、能力を高めるだけでない。その最大の恩恵は、人生の究極の目標である「悟り」を実現する、ということ。マハリシは、この点をいつも強調してきた。

UCLAの学生(レイチェル・ケリー)がマハリシにインタビューした記事でも、そのことが明確に表現されている。