糖尿病

アメリカ先住民の衰退と復活〜学校で瞑想がブーム

アメリカ先住民の若者とアメリカ先住民族教育は非常事態にある。それが2014年12月に発表された白書の特別報告の結論であった。

医師が処方する「1日2回、20分間の瞑想」──WSJ(1)

先週、ウォール・ストレート・ジャーナルの健康欄の第一面に、瞑想が米国の健康管理の主流になりつつあるという特集記事が掲載された。記事には、瞑想その他の心身療法が米国のプライマリ・ケア環境に組み入れられている状況について、米国のいくつかの大病院の医師たちの意見が紹介されている。

超越瞑想が心臓病の三つの危険因子、高コレステロール・高血糖値・高血圧を改善

新年を迎えるときに新年の抱負を掲げることは世界中、どの国でも共通しているようです。

今年、米国で最も多い新年の抱負は、「人生を楽しむこと」。これはとても素晴らしい抱負なのですが、実情をみると、借金や上司との関係によるストレスから解放されたい、という欲求の現れのようです。

超越瞑想が米国インディアンのストレスを軽減し、糖尿病をなくす

米国のインディアン居留地では、超越瞑想が糖尿病を減らすために利用されている。医師のアハメド・モハメッド氏は、ウィネベーゴ(ネブラスカ州)の住民の66パーセントがII型糖尿病または前糖尿病に罹っていると推定する。