うつ症状

暗闇から光へ:抑うつと不安がなくなった。

うつ病と不安症は、誰にでも起こる可能性がある過酷な病気だ。いったん症状が始まれば、あっというまに暗い穴の中に滑り落ちていく。

精神性の探求が支えた、成功と困難な道のり──ウェス・カー(ミュージシャン)

オーストラリアで最も人気があるミュージシャンの一人、ウェス・カーは、プレッシャーに打ち勝つために瞑想を学んだ。以来、瞑想は欠かすことのできない日課になっている。

私が超越瞑想を学んだ理由と、今も続いている理由

ミュージシャン、音楽プロディーサーのブレーク・イアンが超越瞑想の体験についてブログで語っている。彼は、人生の大部分を激しい不安やパニック発作で苦しんできた。それが今ではほとんど不安を感じることなく生活しているそうだ。

不安症、パニック障害、鬱病という牢獄からの解放

健康を促進する非営利団体、ASHAインターナショナルの理事長であるガーヤットリーは、超越瞑想の助けを借りて、鬱病と不安症を乗り越えたとCNNの記事のなかで述べている。

家庭内暴力によるトラウマ性のストレスからの回復

ニューヨークの会議でビジネス界、社会福祉、慈善活動のリーダーが集まり、家庭内暴力によるトラウマ性のストレスを抱える女性や子供達に超越瞑想を提供しようという提案について聴いた。

労働時間を短縮するだけでは不十分。 瞑想は、ウォール街で働く人々を救えるか?

睡眠時間もままならない中、止むことなく働き続けている人々は多い。金融業界は、そのいい例だ。The Daily Ticker が、その深刻な状況と救いについて報道している。以下は、その抄訳である。

医師が処方する「1日2回、20分間の瞑想」──WSJ(1)

先週、ウォール・ストレート・ジャーナルの健康欄の第一面に、瞑想が米国の健康管理の主流になりつつあるという特集記事が掲載された。記事には、瞑想その他の心身療法が米国のプライマリ・ケア環境に組み入れられている状況について、米国のいくつかの大病院の医師たちの意見が紹介されている。

ストレスに押しつぶされる前に、ストレスにうまく対処しよう

精神的にも、肉体的にも、現代人は何らかの問題を抱え、多くのストレスを溜め込んでいる。もし、ストレスに対処しなければ、それはあなたをいずれ押しつぶすことになるかも知れない。問題や病気に直面しないためにもストレス対策は人生の最重要課題だ。

超越瞑想が軍人の心の傷(PTSD)を修復し、苦痛から解放する

衝撃的な統計結果がある。米国では、毎日18人の退役軍人が自殺しており、しかもその三分の一は、退役軍人局の支援のもとで治療を受けている人々であった。退役軍人局は軍人達への支援を増やす対策を行っているが、それにも関わらず自殺率は過去最高のレベルにまで増え続けている。

手記「人生の長い冬に、太陽の光が差し込める」

アイルランドのウォーターフォードに住むミュージシャン、ジョン・コーコラン氏は、彼の30数年にわたる人生の間に幾多の困難──家庭崩壊、パニック発作、鬱病、不眠症──に何度も立ちすくんでいた。そうしたある日、この状況が超越瞑想を学ぶことで一変する。

米国人の半数が心の問題を抱えている? 超越瞑想は、心の病気を予防する有効な手段

心の健康は体の健康と同じくらい、あるいはそれ以上に重要なものです。心の状態によって、体の状態や周りの環境に対するとらえ方が変わってくるからです。

もし私たちが、憂鬱な気分や不安感にとらわれているときには、ゆがめられたレンズを通して世界全体を見ることになります。

「うつ症状」に対する超越瞑想の効果が二つの研究によって明らかに

うつ病

超越瞑想に関してうつ症状の改善に効果的であることが2つの新しい研究で明らかになった。この研究は、ワシントン州シアトルで行われた第31回行動医療協会の年次総会で発表された。