創造性

本当の自分でいられる──瞑想は心のライフライン

私にとってそれは、「学ぶ者の準備ができたとき、師は現れる」という格言そのままの出来事でした。2000年代に入って間もない頃、私はオレゴンの電話会社で働いていました。

デヴィッド・リンチは、今や何千人もの子供たちが実践している瞑想の支持者だ

シカゴ大学の犯罪研究所は、デヴィッド・リンチ財団が支援している学校での瞑想プログラム「静寂の時間」について大規模な研究を始めた。

乱高下する相場のなかで、投資家は静かに瞑想する

ウォールストリートで流行っている瞑想は、さらに勢いを増している。瞑想によって投資家は、心を静め、業績を上げ、より賢明に、より健康的になっているからだ。

デヴィッド・リンチ監督が43年間一日も欠かさないで行っていること

「ツイン・ピークス」の制作で多忙のなか、TM(超越瞑想)に関したパネルディスカッションに出席したリンチ監督が、ロサンゼルス・タイムズのインタビューに答えている。彼自身の体験から、TMはあらゆることの成功の鍵になる、ということだ。

職場での瞑想がビジネスマンの能力を高めている

ビジネス界では、ストレス対策の一環として瞑想を利用している。特に超越瞑想の効果は、仕事に対する満足度、職務遂行能力、心配や緊張が軽減、意志決定の能力向上と多岐にわたっているとBusiness.comが報告している。

UCバークレーの学生時代に学んだ瞑想が人生を変えた

UCバークレー(カリフォルニア大学バークレー校)に在学中、シャロン・ロシャコフさんは、構内で定期的に開催されていたTM説明会に参加し、超越瞑想を学んだ。その学生時代の体験から、彼女はTMを教える仕事に就いている。

音のない領域にいることは、音楽を創るための準備──ジョン・ホプキンズ

ロイヤル音楽大学でピアニストとして教育を受けてきたジョン・ホプキンズは、クラッシック界に背を向けてイモージェン・ヒープのキーボード奏者になることを選んだ。

ダンサーの演技力は、内側の輝きにあり──アンドレアス・レイナー

チェコの国立劇場バレエ団のメンバーであるアンドレアス・レイナーは、キャリアが増せば増すほど、人生において瞑想がなくてはならいものだと感じるようになった。

瞑想で心を落ち着け、その後で現実に対処する──マーティン・スコセッシ

映画監督のマーティン・スコセッシは、2008年から超越瞑想を行っている。彼は、デヴィッド・リンチ財団主催のイベントのなかで「ヒューゴの不思議な発明」の撮影を思い起こし、予算も時間も大幅にオーバーして混乱が続くなか、TM(超越瞑想)が重要な役割を果たしたと語った。

人生は「内面の平和とバランス」の上に築かれる──スティーヴ・ヴァイ

ロック界で長年活動を続けているギターの神様の一人、スティーヴ・ヴァイは、自分の成功の一番大きな要因が、規則的な瞑想の実践にあると考えている。

宝石と瞑想──美しさには実質的な価値がある

デルフィナ・デレトレズが、ファッション界の上流階級(名門フェンディ家の第四世代)の一人であることは一目瞭然だ。2007年以来、彼女は古代の伝説をそっくりまねたような幻想的で美しい宝石をデザインしてきた。

人生は変わる。誰もが幸せで価値ある人生を生きることができる──ソウル・ベースメント

イタリア人のミュージシャン、ソウル・ベースメントの音楽は、都会的でありながら、魂のあるジャズのように洗練された音楽だ。TMhome のインタビューで、彼は瞑想を行うことでより創造的になったと話している。

創造性の源とつながるために瞑想する──ケヴィン・ハーン

カナダ人のミュージシャン、ケヴィン・ハーンは、これまで、さまざまなプロジェクトに熱心に打ち込んできた。彼の絶え間なくあふれ出す創造的なエネルギーは、これまで「天の恵みと災い」の両方をもたらしてきたが、超越瞑想を行うことで、物事がスムーズに進むようになったと彼は語っている。

斬新で独創的なアイデアのカメラマン、オリヴィア・ロッヒャー

24才のオリヴィア・ロッヒャーは、多くの作品を生み出ているニューヨーク出身の優秀なカメラマンだ。彼女の作品は視覚的に心地よく、技術的に完璧でありながら、常に周囲の社会情勢に関する奥深い挑発的なメッセージを伝えている。

住む人が幸福で健康になる建物

タワーカンパニーが目指すゴールは、住む人が幸福になり、健康になる建物を建てること。しかしそれだけではない。自らの企業で働く従業員の健康と幸福を高めることにも熱心だ。

チリの彫刻家ユゴー・マリンの内と外の世界

ユゴー・マリンは、チリ人の彫刻家であり、超越瞑想の教師でもある。彼の好奇心と知識欲はやむことがない。大胆なほど枠のない彼の心は、作品の明確なスタイルに表れている。

ファッション界を裏側で支える真のトレンドとは?

華々しいファッション界でも、その裏側では緊張やストレスと格闘しなければならない。これに対処する最善の方法は、物事を表面で扱うのではなく、もっと内深くにある精神性を高めることにあった。

経営者の私が瞑想を学んでわかったこと

米国版ハフィントンポスト「The Third Metric」のなかで経営者のハンス・ヒックラー氏は、人生の転機に瞑想を学び、その恩恵について記している。

新しい解決法、自分のための時間を作る──VOGUE

他の場所では知らないが、ニューヨーカーがよくつぶやくセリフは「忙しい」だ。それは、悲嘆と自慢の両方の意味を持っている。「仕事を減らせたらいいのに」、そして「私はすごく必要とされている」という両方に解釈できる。

私の建築と瞑想は切っても切れない関係──建築家ビング・トム

ビング・トム氏は数々の受賞歴に輝く建築家であり、カナダで名誉とされる50周年メダル(国家に対して大きな貢献をしたカナダ人に授与される栄誉)を授与されている。