脳機能

瞑想は難しい? 努力が必要かどうかは瞑想中の脳波を見ればわかる!

一般に広まっている瞑想のイメージでは、脚をプレッツェルみたいな痛そうな形で組んだり、忍び寄る想念を追い払うのに精神力が必要であったりして、瞑想の実践は「苦労なくして得るものなし」という種類の取り組みとして描かれている。

香川選手所属のドルトムントが超越瞑想を採用

日本代表の香川真司選手が所属するドイツのサッカーチーム、ドルトムントがトレーニングの一つとして瞑想を行っていると独紙「フランクフルター・ルントシャウ」が報じた。

アスリートと瞑想

アスリートたちが静かに座って瞑想することで、記録を伸ばすことができるでしょうか。それは突飛に聞こえるかもしれませんが、本当のことです。瞑想がもたらす心の静けさや落ち着きは、アスリートが試合中に最大の力を発揮する基盤となっています。

認知症を予防し改善する、心身機能活性療法とTM瞑想

1万人以上の認知症患者を著しく改善させてきた「心身機能活性療法」が、日本、上海、香港、台湾などにアジアに広がり、大きな話題となっています。

私たちの体は、アドレナリンで生きるようにはできていない

全社員が仕事に専念し、創造的で、生産的で、ストレスがたまっていない……そんな職場があるとしたら、どんな職場だろうか?

医師のノーマン・ローゼンタール氏は、ハフィントン・ポストの記事の中で、こうした活気に満ちた幸福な職場環境を実現する方法について考察している。

瞑想中に起こる超越の体験と脳生理の研究

近年、米国では、数百万人の人々がヨガや瞑想を実践するようになってきた。そして実践者の増大とともに、ヨガや瞑想が最終的に目指す『超越の体験』に関して研究が進められている。

健全な脳は、ストレスによって制限されない(2)

ADHDなど学習障害をもつ子供は、多くのストレスを体験している。彼らの脳はうまく働くことができず、ストレスによって制限されている。ところが超越瞑想を学習に取り入れた生徒は、半年ほどで学習障害を乗り越えていくことがわかった。

健全な脳は、ストレスによって制限されない(1)

健康的な脳は、ストレスや緊張を受けても機能は制限されない。と、脳の研究で50以上の論文を執筆したフレッド・トラヴィス博士は説明する。彼は、これまで超越瞑想の実践者と、そうでない人たちの脳機能を調査してきた。

考え、感覚、行動の根底にある、本当の自分

私が体験している世界は、すべて知覚を通してやってくる。目は何かを見、耳は何かを聞いている。あるいは心では、いろいろな考えが渦巻き、私は、必ずしも望むとは限らない、自分が体験している世界を一瞬一瞬、更新している。

脳の前頭前野を活性化して、自閉症のアスペルガー症候群を改善?

アスペルガー症候群は、しばしば高機能自閉症と呼ばれることがある。アスペルガー症候群とは、自閉症の範疇に入る病気と関連した発達障害であり、制限された思考や行動パターン、言語とコミュニケーション能力の欠如といった特徴をもつ。

ストレスは万病のもと──ストレスの悪影響についての新しい研究とその対処法

ストレスは万病のもと。ストレスの悪影響についての新しい研究によれば、ストレスは、身体の治癒能力を低め、脳を萎縮させ、染色体を変化させて、その影響は世代に渡るかも知れない。そのため、ストレスを洗い流すための効果的な方法を研究者は勧めている。

ニューヨーク科学アカデミー主催で「瞑想」の研究会議が開かれる

今年1月にニューヨーク科学アカデミーの主催で「瞑想研究の進歩」と銘打った画期的な会議が開かれた。全米から瞑想について研究している研究者が集まり、マインドフルネスから座禅、気功、そして超越瞑想に至るまで、多種多様な瞑想の伝統に関する新しい研究結果が発表された。

トップアスリートの優れた能力は、統合された脳機能と関係している

脳機能の研究や心理的発達の測定から、最高の能力を発揮する人々は、一般の人々と比べて、高度な脳機能と発達した心を備えていることが確かめられている。

世界級のアスリートを対象に行われた研究では、トップアスリートは一般のアスリートと比較して脳の統合度合いがより高いことが実証された。

ストレスに押しつぶされる前に、ストレスにうまく対処しよう

精神的にも、肉体的にも、現代人は何らかの問題を抱え、多くのストレスを溜め込んでいる。もし、ストレスに対処しなければ、それはあなたをいずれ押しつぶすことになるかも知れない。問題や病気に直面しないためにもストレス対策は人生の最重要課題だ。

心の傷は脳の傷──PTSDは精神的な障害ではなく脳が傷つく生理的な障害

一般に、軍人、警官、スワットチームのメンバーはタフだと思われている。ルーク・ジャンセンは、これまで軍警察やスワットチームで働いてきたので、アフガンの戦闘でストレスが彼の心を蝕み始めたとき、それを恥ずべきことだと感じ、死を望むまでに自らを追い詰めた。

優れた演奏家の脳は、高度に発達している

新しい研究によると、優れたクラッシック音楽の演奏家の脳は、高度に発達していることがわかった。高度に発達した脳とは、機敏さ、学習意欲、心の広さ、落ち着き、陽気さを生み出す脳のことだ。以前の研究によれば、その同じ特徴が、世界級のアスリートや、トップレベルの経営者、そして超越瞑想を実践している人々にも見られるという。

瞑想法が異なれば、脳生理の状態も異なることが判明

医師たちが、ストレスによる不調を改善するために患者に瞑想を勧める機会が増えている。そのため研究者は、多種多様な瞑想法がそれぞれどのような結果を生み出すのかを調査し始めている。

2010年の夏に発表された『意識と知覚』という論文では、瞑想を3つのカテゴリーに分けて解説された。

体験によって脳のニューロン結合が変化し、人生が変わる

アメリカ北東部は、まばゆいばかりに美しい春の色と香りで満ち溢れている。冷たく湿った冬が終わり、生き返ったかのようだ。生命が前よりもさらに甘美で力強く、進化しているかのようだ。瞑想後に目を開けるときにも、似た感じがある。

瞑想は学生の学習能力を高め、集中力を増し、ストレスを低下させる

瞑想中の同調した脳波

ストレス反応と脳機能に関する超越瞑想の調査によれば、瞑想は大学生をストレスから守り、学習能力を高める働きがあることがわかった。