アスリート

スラムの子供たちを柔道と瞑想で教育──メダリストの柔道家フラビオ・カント

ブラジルの柔道家フラビオ・カントは、これまでに2004年アテネのオリンピックで銅メダル、パンアメリカン大会で3メダルを獲得している。彼は、彼の教え子たちに、柔道にとって最も重要なことを次のように話している。

香川選手所属のドルトムントが超越瞑想を採用

日本代表の香川真司選手が所属するドイツのサッカーチーム、ドルトムントがトレーニングの一つとして瞑想を行っていると独紙「フランクフルター・ルントシャウ」が報じた。

プレッシャーのあるサッカーのコーチという仕事が楽しいと感じる理由

サッカーのコーチは、一般に任命されてから1年以内に解雇される運命にある。そのため仕事には大きなプレッシャーがつきまとっている。

アスリートと瞑想

アスリートたちが静かに座って瞑想することで、記録を伸ばすことができるでしょうか。それは突飛に聞こえるかもしれませんが、本当のことです。瞑想がもたらす心の静けさや落ち着きは、アスリートが試合中に最大の力を発揮する基盤となっています。

アスリートと瞑想──どの瞬間にも自分が何をなすべきか正確に知ることができる

ルベン・サンチャスは元プロのサッカー選手で、現在は世界中のアスリートに超越瞑想を普及させるために献身的な活動を行っている。スポーツの分野でのTMの価値について彼に話してもらった。

トップアスリートの優れた能力は、統合された脳機能と関係している

脳機能の研究や心理的発達の測定から、最高の能力を発揮する人々は、一般の人々と比べて、高度な脳機能と発達した心を備えていることが確かめられている。

世界級のアスリートを対象に行われた研究では、トップアスリートは一般のアスリートと比較して脳の統合度合いがより高いことが実証された。

「本当によい競技をしたいなら、よい休息をとることだ」パラリンピックのメダリスト

カナダの新聞「The Vancouver Sun」に、パラリンピックのメダリスト、ダニエル・ウェストレイについて特集記事が組まれた。彼は、これまでパラリンピックに5回出場し、12のメダルを獲得──そのうちの4つは金メダルだ。

優れた演奏家の脳は、高度に発達している

新しい研究によると、優れたクラッシック音楽の演奏家の脳は、高度に発達していることがわかった。高度に発達した脳とは、機敏さ、学習意欲、心の広さ、落ち着き、陽気さを生み出す脳のことだ。以前の研究によれば、その同じ特徴が、世界級のアスリートや、トップレベルの経営者、そして超越瞑想を実践している人々にも見られるという。

スポーツ競技の実力を高めた女子大のアスリートチーム

トリニティー大学のスカッシュ・チーム

スカッシュは世界中で人気のあるスポーツで、オリンピック競技に加えられることも検討されている。トリニティ大学(コネチカット州ハートフォード)の女子スカッシュチームは、全米第3位にランクされ、大学には世界中からトップの選手たちが集まってくる。