芸術

デヴィッド・リンチは、今や何千人もの子供たちが実践している瞑想の支持者だ

シカゴ大学の犯罪研究所は、デヴィッド・リンチ財団が支援している学校での瞑想プログラム「静寂の時間」について大規模な研究を始めた。

デヴィッド・リンチ監督が43年間一日も欠かさないで行っていること

「ツイン・ピークス」の制作で多忙のなか、TM(超越瞑想)に関したパネルディスカッションに出席したリンチ監督が、ロサンゼルス・タイムズのインタビューに答えている。彼自身の体験から、TMはあらゆることの成功の鍵になる、ということだ。

ダンサーの演技力は、内側の輝きにあり──アンドレアス・レイナー

チェコの国立劇場バレエ団のメンバーであるアンドレアス・レイナーは、キャリアが増せば増すほど、人生において瞑想がなくてはならいものだと感じるようになった。

シャロン・イスビン──17才から瞑想している

2001年と2010年にグラミー賞を受賞したニューヨーク在住のギタリスト、シャロン・イズビン(58才)は、世界でもっとも重要なギタリストのひとりと言われている。

斬新で独創的なアイデアのカメラマン、オリヴィア・ロッヒャー

24才のオリヴィア・ロッヒャーは、多くの作品を生み出ているニューヨーク出身の優秀なカメラマンだ。彼女の作品は視覚的に心地よく、技術的に完璧でありながら、常に周囲の社会情勢に関する奥深い挑発的なメッセージを伝えている。

チリの彫刻家ユゴー・マリンの内と外の世界

ユゴー・マリンは、チリ人の彫刻家であり、超越瞑想の教師でもある。彼の好奇心と知識欲はやむことがない。大胆なほど枠のない彼の心は、作品の明確なスタイルに表れている。

私の建築と瞑想は切っても切れない関係──建築家ビング・トム

ビング・トム氏は数々の受賞歴に輝く建築家であり、カナダで名誉とされる50周年メダル(国家に対して大きな貢献をしたカナダ人に授与される栄誉)を授与されている。

創造性は努力して引き出すものではない──リー・チェスナット

米国バーモント州バーナンドを拠点に活動しているリー氏は、現在、ユニバーサルミュージック・グループ傘下でヒットチャート上位の曲を送り出しているレーベル、パブリック・レコーズのコンサルタントとして全米を回っている。

慌ただしい仕事のなかで、安らぎを得る──画家ミカロポウロス

ニューオーリンズ出身の画家、彫刻家であるジェームス・ミカロポウロスは博物館や民間の芸術収集家から高い評価を受けており、ニューオーリンズの一大イベントであるジャズ祭のポスター制作を6度も請け負った。また、ミカロポウロスの絵は、多くの著名人の自宅でも飾られている。

情熱と喜びをもって歌う──ブレンダ・ブーザー

オペラ・スターになるには、どのようなスキルが必要だろうか? 厳しい訓練、演技力、精神力、集中力、そして、イタリア語、ドイツ語、フランス語、ロシア語などの絶え間ない勉強。

超越主義者──デヴィッド・リンチとイタロ・ズッケーリの情熱

最近、『Style.com』で、デヴィッド・リンチ監督とファッション・デザイナーのイタロ・ズッケーリ氏とのインタビューが掲載された。彼らにインタビューをしたマシュー・シュナイアーは、二人が共に情熱を傾けている「創造性と超越瞑想」に焦点を当てて話を進めていた。

映画監督マーティン・スコセッシの静かな一日

現代の偉大な映画監督の一人、マーティン・スコセッシは、60代の初めに超越瞑想を学んだ。あるチャリティー・コンサートで超越瞑想のことを聞いて、これは自分と妻にとって、また、そのとき八歳だった娘にとって、役立つものだと思った。

音楽を作る上での創造的なゴールは、自然の完璧な力を生み出すこと

リック・ルービンは、おそらく過去25年間における最も有力なレコード・プロデューサーだろう。現代音楽における彼の功績は計り知れない。ニューヨーク大学の学生だった頃、ルービンは親から5千ドルを借りて、ラッセル・シモンと共にデフ・ジャム(レコード会社)を始めた。

ブラームス──主旋律は無限なるものからやってくる

ブラームスは十代前半のとき、ハンブルグの波止場界隈のダンスホールや宿屋で演奏をして一家の生活を助けた。その同じ地域の同じような場所で、百年余り後にビートルズが演奏技術を磨いた。ブラームスが高名なバイオリニストのヨーゼフ・ヨアヒムと出会ったのは彼が二十歳のときだった。

プラトンの「善のイデア」とは単なる知的な概念ではない。それは直接体験できるもの

プラトンという名前はニックネームであり、彼の本名はアリストクレスだった。最初に彼をプラトン(「幅広い」を意味する)と呼んだのは、彼のレスリングの師匠であったらしい。その呼び名の由来は、彼の肩幅の広さ、もしくは彼のレスリングのスタイルを表したものだったのかもしれない。

ジャズの伝説的なミュージシャンが、問題を抱えた人々ために基金を募る

ジャズ界の伝説的なミュージシャン、ウィントン・マルサリス、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、エスペランサ・スポルディング、コリーヌ・ベイリー・レイが、デヴィッド・リンチ財団を支援するために、ニューヨークのジャズ・アット・リンカーン・センターのステージに立った。

目撃する意識のなかで自分を見つける──伝説のサックス奏者デヴィッド・S・ウェア

昨年10月に亡くなったジャズ界の巨星デヴィッド・スペンサー・ウェア(サックス奏者)は、1990年代の初めから彼自身のカルテットを率いて、現代の最高のジャズバンドの一つとして活動してきた。

デヴィッドは、若い頃から、より高い意識状態を体験することに関心をもっていた。

コンテストで優勝した学生ジャズピアニストにとって欠かせないもの

ケーラン・ディミックは、13才のときにライオネル・ハンプトン国際ジャズ・コンテスト年少部門で優勝した。人びとが驚いたことは、彼はコンテストの4カ月前まで、正式なピアノのレッスンを受けたことがなかったことだ。

10代の若者に向けたドキュメンタリー「ノイズを越えて〜私の超越瞑想の旅」

バックネル芸術大学3年生のダナ・ファーリーは、高校1年のときに超越瞑想(TM)を学んだ。将来は映画の仕事をしたいと願っていたダナは、4年前、100万人の学生にTMを教えるためのチャリティーコンサートに参加したとき、自分のTMの体験をドキュメンタリー映画にしようと思いついた。

人は苦しむようには作られていない。至福こそが私たちの本質──デヴィッド・リンチ

最近、ポーランドのビドゴシュチで開催された国際映画祭でデヴィッド・リンチ監督は特別功労賞を受賞した。そのときに行われたインタビューで、リンチ監督は「人間には、限りない可能性が秘められている」と語っている。