ADHD

なぜ、私はこの瞑想を続けることに意欲的なのか?

何かを続けるのに苦労した経験は誰にでもあるだろう。スポーツジムに通うとか、身体によいものを食べる、早起きをする、新年の決意を持続するなど……。私も一つのことをやり続けるのは苦手な方だ。

健全な脳は、ストレスによって制限されない(2)

ADHDなど学習障害をもつ子供は、多くのストレスを体験している。彼らの脳はうまく働くことができず、ストレスによって制限されている。ところが超越瞑想を学習に取り入れた生徒は、半年ほどで学習障害を乗り越えていくことがわかった。

カリブ諸島の学生のADHDを改善するプロジェクトが始まる

注意欠陥多動性障害(ADHD)の問題は、世界の至る所で増加傾向にある。多くの医師や研究者は、ADHDの問題はテレビやコンピュータの使用による感覚刺激の急増と関連していると考えている。また他の研究者は、子供のストレスや不安の増加がADHDに関与していると述べている。

医師が処方する「1日2回、20分間の瞑想」──WSJ(1)

先週、ウォール・ストレート・ジャーナルの健康欄の第一面に、瞑想が米国の健康管理の主流になりつつあるという特集記事が掲載された。記事には、瞑想その他の心身療法が米国のプライマリ・ケア環境に組み入れられている状況について、米国のいくつかの大病院の医師たちの意見が紹介されている。

ストレスに押しつぶされる前に、ストレスにうまく対処しよう

精神的にも、肉体的にも、現代人は何らかの問題を抱え、多くのストレスを溜め込んでいる。もし、ストレスに対処しなければ、それはあなたをいずれ押しつぶすことになるかも知れない。問題や病気に直面しないためにもストレス対策は人生の最重要課題だ。

ジョージ・ルーカス教育財団が制作した短編動画「静かな変革」に描かれた教育問題の解決策

映画「スターウォーズ」シリーズを制作してきたジョージ・ルーカスは、以前から教育に関心をいだき「教育こそが最も重要な仕事である」と語っている。

脳機能を高めることで、ADHD(注意欠損・多動性障害)が改善

ADHD(注意欠陥多動性障害)の学生の症状が、効果的に改善されたという研究データが、精神医学ジャーナル「Mind & Brain(心と脳)」で発表された。研究では、ADHDの学生の脳波を調査し、彼らが超越瞑想を実践することで脳機能が向上、症状が改善することがわかった。