幸福

デヴィッド・リンチは、今や何千人もの子供たちが実践している瞑想の支持者だ

シカゴ大学の犯罪研究所は、デヴィッド・リンチ財団が支援している学校での瞑想プログラム「静寂の時間」について大規模な研究を始めた。

暗闇から光へ:抑うつと不安がなくなった。

うつ病と不安症は、誰にでも起こる可能性がある過酷な病気だ。いったん症状が始まれば、あっというまに暗い穴の中に滑り落ちていく。

名声には興味がない。自分の幸福こそが大切──イーライ・リエブ

インディーズの歌手であるイーライ・リエブの歌声は聴く人を虜にしてしまうようだ。YouTubeで公開した彼の動画はすでに700万回以上視聴されているが、その彼の魅力は外見だけでない、内側にあるのかも知れないとsouthfloridagaynews.comが記事のなかで取り上げた。

なぜ、私はこの瞑想を続けることに意欲的なのか?

何かを続けるのに苦労した経験は誰にでもあるだろう。スポーツジムに通うとか、身体によいものを食べる、早起きをする、新年の決意を持続するなど……。私も一つのことをやり続けるのは苦手な方だ。

従業員の健康と業績を押し上げている、企業が取り入れた瞑想法

生産性を上げるために残業し、努力すればよい、という考えは時代遅れになりつつある。今では、自分自身の幸福と健康を高めることが企業利益につながると考える人達が増えているようだ。

人生は変わる。誰もが幸せで価値ある人生を生きることができる──ソウル・ベースメント

イタリア人のミュージシャン、ソウル・ベースメントの音楽は、都会的でありながら、魂のあるジャズのように洗練された音楽だ。TMhome のインタビューで、彼は瞑想を行うことでより創造的になったと話している。

楽しいときに人は100%の力を発揮する──イタロ・ズッケーリ

カルバン・クラインの後継者としてクリエイティブ・ディレクターを務めるイタロ・ズッケーリは、20年以上にわたって超越瞑想を行っている。Style.comのインタビューのなかで、ズッケーリは瞑想の効果について次のように語っている。

住む人が幸福で健康になる建物

タワーカンパニーが目指すゴールは、住む人が幸福になり、健康になる建物を建てること。しかしそれだけではない。自らの企業で働く従業員の健康と幸福を高めることにも熱心だ。

経営者の私が瞑想を学んでわかったこと

米国版ハフィントンポスト「The Third Metric」のなかで経営者のハンス・ヒックラー氏は、人生の転機に瞑想を学び、その恩恵について記している。

瞑想で世界を変えるのが使命──デヴィッド・リンチ

ハフィントンポスト(英語版)に掲載された映画監督のデヴィッド・リンチのロング・インタビューのなかで、リンチは、人生から苦しみを取り除いて、より良い世界にしたいという熱い思いを語っている。

スーパーモデル、ジゼル・プンチェンの心の平安

世界的なファッションモデル、ジゼル・プンチェンの影響力は、ファッション界を遙かに超えて拡大している。

幸福な人は成功する

多くの人が「幸せになりたい」と願い、「成功したら幸せになれる」と思っています。しかし、ハーバード大学でポジティブ心理学を教えているショーン・エイカー氏は、人間は成功によって幸せになるのではなく、幸せな人間が成功すると説いています。

輝いている女性たちの素敵なシンプル習慣

スーパーモデルやハイウッド女優たちの間で密かなブームになっている瞑想……皆さんは試したことがありますか? 常に多くの人々に囲まれ、忙しい日々を送っている彼女たちにとって、瞑想は一人になって心の安らぎを取り戻す貴重な時間です。

欠席、退学、成績が最悪の学校が優良校に

「成功ほど、成功を生むものはない」という諺がある。私は、ここで二つの成功談を紹介したい。一つは小さな成功。もう一つは、考え方を根本から変えるかも知れない大きな成功だ。

シュワルツネッガーの人生を変えた1年間

シュワルツェネッガーのような強靭な人間であっても、人生が不安で揺らぐことがある。重圧に押しつぶされそうになった時、彼はどうやって乗り越えたのかをビジネス・インサイダーが伝えている。

新しい解決法、自分のための時間を作る──VOGUE

他の場所では知らないが、ニューヨーカーがよくつぶやくセリフは「忙しい」だ。それは、悲嘆と自慢の両方の意味を持っている。「仕事を減らせたらいいのに」、そして「私はすごく必要とされている」という両方に解釈できる。

ファッションモデル、ミランダ・カーの幸せでいるための特別な方法

オーストラリアの華麗なモデル、ミランダ・カーは、ビクトリア・シークレットの世界的な顔であり、常に一流のファッション誌の表紙を飾ってきた。

どんなにお金を得ても、幸せになれなかった

建設王ブルーノ・グロロ (72歳)は、オーストラリアで最も裕福な経営者の一人だ。メルボルンのほとんどの高層ビル、特に最も高いビルであるリアルト・タワーやユレーカ・タワーは、彼の建設会社(現在は彼の息子が経営している)によって建てられている。