子ども

騒々しい教室が静かになる時間。校内暴力は瞑想で止められるか?

シカゴのゲージパーク高校では、校内暴力をなくすためにユニークな試みを行っている。それはシカゴ大学犯罪研究所によって選ばれた「静かな時間」というプログララムであり、生徒は教室でわずかな時間、瞑想するのだ。

デヴィッド・リンチは、今や何千人もの子供たちが実践している瞑想の支持者だ

シカゴ大学の犯罪研究所は、デヴィッド・リンチ財団が支援している学校での瞑想プログラム「静寂の時間」について大規模な研究を始めた。

スラムの子供たちを柔道と瞑想で教育──メダリストの柔道家フラビオ・カント

ブラジルの柔道家フラビオ・カントは、これまでに2004年アテネのオリンピックで銅メダル、パンアメリカン大会で3メダルを獲得している。彼は、彼の教え子たちに、柔道にとって最も重要なことを次のように話している。

6人の子供をもつワーキング・ママの私が、内面の安らぎと満足を得るまでの道のり

数年前、私は企業に勤務するワーキング・ママとして速いペースの生活を送っていた。それは外から見れば、アメリカンドリームを生きているような、申し分のない生活に見えたかもしれない。

アメリカ先住民の衰退と復活〜学校で瞑想がブーム

アメリカ先住民の若者とアメリカ先住民族教育は非常事態にある。それが2014年12月に発表された白書の特別報告の結論であった。

薬を使わない治療法、瞑想が自閉症の子どもを助ける

薬を使わずに治療効果が期待される瞑想が注目されている。自閉症の子どもたちが超越瞑想を実践すると、集中力が増し、衝動的な行動の改善が示された。

生徒のストレスが減り、瞑想が学校を落ち着かせる

手のつけようのない学校が、今では静けさを楽しむようになっている。現場の教師にとって、これは奇跡的なことだ。生徒たちに何があったのか?

読み、書き、静けさ──瞑想は、どのように学校を変えているのか?

学校でただ一つ、教えてくれないことがある。それは学ぶ生徒たち自身のことだ。米国の学校で広がっている「静かな時間」は、授業の始まりと終りに生徒が自分自身を見つめる時間だ。

子どもに八つ当たりしない秘訣──ジェリー・サインフェルド

「家庭生活には、ハリー・トルーマンが『境界線を越える瞬間』と呼ぶものがあります。その境界線を越えると、子どもに八つ当たりしてしまうのです。」とコメディアンのジェリー・サインフェルドが、ハフィントン・ポストに語った。