Category Archives: 生 活

カルバン・クライン社のデザイナー「超越瞑想は直感力を活性化する」

イタロ・ズッケーリは、2000年にカルバン・クライン社に入りました。その3年後、カルバンは引退し、イタロ・ズッケーリが後継者として、同社のクリエイティブ・デザイン・ディレクターに就任。以来、彼は、カルバン・クラインという世界的なブランドのもとで快進撃を続けています。

「瞑想する母親たち」母親にとって啓発は、子育てと同じくらい自然なこと

子育てや仕事の疲れをとるために、お母さんたちが超越瞑想を行っています。コーヒータイムを取るよりも、瞑想するための時間をとる方が良いと感じています。というのも、瞑想すれば、疲れがとれて、スッキリして、家事をやりこなす気力も湧いてくるからです。

「本当によい競技をしたいなら、よい休息をとることだ」パラリンピックのメダリスト

カナダの新聞「The Vancouver Sun」に、パラリンピックのメダリスト、ダニエル・ウェストレイについて特集記事が組まれた。彼は、これまでパラリンピックに5回出場し、12のメダルを獲得──そのうちの4つは金メダルだ。

ジョージ・ハリスンのドキュメンタリーに描かれた精神と物質の間にあるもの

マーティン・スコセッシ監督の素晴らしいドキュメンタリー映画「リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」が、2011年10月に上映された。試写会の会場の一つとして、スコセッシ監督とオリヴィア・ハリスンはアイオワの小さな町を選んだが、その劇場は500人の瞑想者で占められていた。

人気番組の司会者オプラが、超越瞑想を学んだ後の生活について語る

米国のテレビ番組「ドクター・オズ・ショー」で、オプラ・ウィンフリーのインタビューが放映され、そのなかでオプラは、25年間続いた人気の長寿番組「ザ・オプラ・ウィンフリー・ショー」を終了した後の生活について語った。

ディア・プルーデンス「外に出て遊ばないかい?」

部屋で静かに超越瞑想を行って、ジョン・レノンとポール・マッカートニーに曲を作らせた人物はブルーデンス以外にはいないだろう。インドのリシケシでプルーデンス・ファロー・ブランズが瞑想している時に、本当にそんなことが起こったのである。

米国の女優エヴァ・メンデスが見つけた心のバランスと創造性

エンターテイメントの世界で成功している人たちは、しばしば次のように話している。仕事では非常に張り詰めていても、私生活では心の平安を見つけたい……と。

マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーとバックミンスター・フラーとの注目すべき会談

1971年、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーとバックミンスター・フラーとの注目すべき会談が、マサチューセッツ大学アマースト校で行われた。マハリシとフラーはそれぞれ別の知識の伝統に根差しているが、個人生命と宇宙生命との普遍的根源について互いに語りあった。

「内側へと向かい、自分の魂と出会う」正統派ラビがTMの実践について語る

ユダヤ人のラビ・アブラハム・シャインバーグは、ホロスコート生存者を親に持つ。彼の両親はポーランドのワルシャワ出身で、それぞれ別のルートでアメリカに移住し、ニューヨークのローワー・イースト・サイドで子供達を育てた。

スーパーモデル、アリ・ステファンズ「モデルの仕事と瞑想」

若くて優れた才能をもつスーパーモデルのアリ・ステファンズは、超越瞑想を成功の手段として活用している。3年という短い期間で、ステファンズはモデル未経験者からパリの注目の的に、10代の高校生からファッション界のトップスターに登りつめた。

歳をとるにつれて益々よくなる: クリント・イーストウッドと超越瞑想

上手に歳をとる人々は、感動を与える存在である。クリント・イーストウッドは、まさにその実例だ。62歳にして、イーストウッドは彼の映画作品「許されざる者」で初めて映画のオスカーを受賞した。多くの映画製作者たちが信じているように、彼は歳をとればとるほど影響力を増し

体験によって脳のニューロン結合が変化し、人生が変わる

アメリカ北東部は、まばゆいばかりに美しい春の色と香りで満ち溢れている。冷たく湿った冬が終わり、生き返ったかのようだ。生命が前よりもさらに甘美で力強く、進化しているかのようだ。瞑想後に目を開けるときにも、似た感じがある。

オズ医師から健康のためのヒント「瞑想は最も重要な健康習慣」

医学博士メフメット・オズは、アメリカを代表する医師だ。彼は、国内で放送されている人気番組「ドクターオズ・ショウ」の司会者であり、ニューヨークにあるコロンビア大学の外科医として、一年に300件以上の心臓手術を行っている。

深い精神的な体験は、宗教的な実践を助ける「TMは、私をユダヤ教に導き戻してくれた」

文・マイケル・シェヴァック(ユダヤ教の聖職者) よくある誤解に、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教といった多くの宗教において、超越瞑想はヒンドゥ教の礼拝の一種で、したがって異教だ、という考え方があります。