Category Archives: 生 活

シュワルツネッガーの人生を変えた1年間

シュワルツェネッガーのような強靭な人間であっても、人生が不安で揺らぐことがある。重圧に押しつぶされそうになった時、彼はどうやって乗り越えたのかをビジネス・インサイダーが伝えている。

新しい解決法、自分のための時間を作る──VOGUE

他の場所では知らないが、ニューヨーカーがよくつぶやくセリフは「忙しい」だ。それは、悲嘆と自慢の両方の意味を持っている。「仕事を減らせたらいいのに」、そして「私はすごく必要とされている」という両方に解釈できる。

バレエからブロードウェイのスターに転身

ソルトレークシティ出身の15歳の少女がスクール・オブ・アメリカン・バレエのオーディションを受けるというのはそうそうあることではない。そのバレリーナの卵が入学し、卒業し、18歳でニューヨーク・シティ・バレエ団に入団し、19歳になるまでにソリストになり、そして20歳までにプリンシパルに登りつめるという可能性はさらに少ない。

ストレスを感じない仕事は楽しい──デイジー・ロウ(モデル)

英国のファッションモデル、デイジー・ロウが、最近、超越瞑想を学んだことをサンデー・タイムズのインタビューで答えている。記事のタイトルは「Meditation generation(瞑想世代)」。

私の建築と瞑想は切っても切れない関係──建築家ビング・トム

ビング・トム氏は数々の受賞歴に輝く建築家であり、カナダで名誉とされる50周年メダル(国家に対して大きな貢献をしたカナダ人に授与される栄誉)を授与されている。

ファッションモデル、ミランダ・カーの幸せでいるための特別な方法

オーストラリアの華麗なモデル、ミランダ・カーは、ビクトリア・シークレットの世界的な顔であり、常に一流のファッション誌の表紙を飾ってきた。

慌ただしい仕事のなかで、安らぎを得る──画家ミカロポウロス

ニューオーリンズ出身の画家、彫刻家であるジェームス・ミカロポウロスは博物館や民間の芸術収集家から高い評価を受けており、ニューオーリンズの一大イベントであるジャズ祭のポスター制作を6度も請け負った。また、ミカロポウロスの絵は、多くの著名人の自宅でも飾られている。

瞑想すると、リラックスして元気になる!──クラウディア・メイソン(ファッションモデル)

クラウディア・メイソンは、ヴォーグ、エル、コスモポリタンなど主要なファッション誌の表紙を飾っているアメリカ人のモデルである。最近、メイソンはブログの中で、自分が気に入った精神的実践として超越瞑想について書いている。

情熱と喜びをもって歌う──ブレンダ・ブーザー

オペラ・スターになるには、どのようなスキルが必要だろうか? 厳しい訓練、演技力、精神力、集中力、そして、イタリア語、ドイツ語、フランス語、ロシア語などの絶え間ない勉強。

大リーガーのバリー・ジト「投球とTMと人生」

シリウスXMラジオ番組「ストレスのない成功」でのインタビューで、バリー・ジトは「ピッチングが絶好調のときは、マウンド上で自分だけが存在するように感じる。」と話している。彼は、メジャーリーグのオールスターに選ばれたピッチャーであり、ワールドシリーズのチャンピオンだ。

感情は、ため込む前に解消する──アリッサ・ミラー

国際的なファッション・モデル、アリッサ・ミラーが高級ブランド「ライブ・ザ・プロセス」と共同で、一連のスポーツウェアをデザインした。それはデヴィッド・リンチ財団の慈善イベントで寄付を募るためだ。

ストレスに対処し、真の人生を生きる──ヒュー・ジャックマン

俳優、プロデューサー、そして良き父親であるヒュー・ジャックマンは、先日、FIFAワールドカップを観戦してから、2014年ウィンブルドン男子決勝の観客席に向かう合間に時間をつくって、シリウスXMラジオの番組『ストレスなき成功』に出演した。

ニコール・キッドマンが好きな、心を静める方法

『instyle誌(2014年3月号)』のインタビューで、女優のニコール・キッドマンは、彼女の好きな心を静める方法──それは超越瞑想を行うことであると語っている。さらに、キッドマンは、その古代の英知を最先端の技術と一緒に活用していると話した。

「女は瞑想で輝く」──ヴォーグ・ジャパン

ファッション雑誌ヴォーグ・ジャパン(2014.06月号)では「女は瞑想で輝く」と題して、瞑想をライフ・スタイルとして取り入れている人々を紹介している。瞑想の体験を語る8人のうち5人が超越瞑想を愛好している人たちだ。以下は、その記事からの引用である。

ヘザー・グラハムが語る「心を空っぽにする時間」

ハリウッド・スターのヘザー・グラハムは、これまで20年以上にわたって超越瞑想を実践してきた。彼女は、90年代の初めに『ツインピークス』の仕事をしたとき、デヴィッド・リンチ監督から超越瞑想を勧められ、それ以来ずっと1日に2回、規則的に瞑想を続けている。

超越瞑想は、本当に効果があるか?……試してみた。

英国のガーディアン誌の映画・テレビ・音楽を担当するライター、スチュアート・ヘリテッジ氏が、当コラムで「超越瞑想は、本当に効果があるか?」という自身の体験について書いている。

リック・ルービンが語る、瞑想が彼の人生と音楽に与えた影響

現代音楽に多大な影響を及ぼしてきたリック・ルービンが、デヴィッド・リンチ財団の『調和の生涯』賞を受賞した。音楽のジャンルにとらわれることなく、最高のミュージシャンと一緒に仕事をしてきたリックは、過去20年間で最も有力なプロデューサーと言われている。

自由と自己実現──真の自分について知ること、自分についての無知から解放されること

超越瞑想の影響を科学的に調査した結果、心、体、行動、環境といった驚くほど広範囲な領域で効果が確認されている。さらに、こうした個々の成長に加えて、生命の全体的な成長が見られる。それは、啓発された深遠な体験──自由と自己実現だ。

スミソニアン・マガジンで特集されたアイオワ州にある超越瞑想のコミュニティー

米国のアイオワ州というと、とうもろこし畑、農場、納屋に囲まれた風景をイメージするかもしれないが、フェアフィールドの町は、人々が思い描く平均的な中西部の町とは明らかに異なっている。そこにはマハリシ経営大学のキャンパスがあり、超越瞑想を実践する人々のコミュニティーがあるからだ。

リンゴ・スターが、ポール、瞑想、なぜロサンジェルスが好きなのかを語る

アメリカの雑誌「Variety」に「リンゴ・スターが、ポール、瞑想、なぜロサンジェルスが好きなのかを語る」という記事が掲載された(2014年1月28日)。以下は、瞑想に関する部分の抄訳である。