Category Archives: 生 活

ヒュー・ジャックマンが語る夫婦円満の秘訣

愛妻家として知られるヒュー・ジャックマンが、夫婦の絆を深めるための日課として、夫婦そろって超越瞑想を行うことだと話している。

13年前から全然変わってない! クリスティン・ベルの若さを保つ秘訣とは?

『アナと雪の女王』でアナの声を演じた女優クリスティン・ベル(38歳)は、MYLOHASの記事の中で若さを維持する秘訣として超越瞑想の実践を上げています。

超多忙だからこそ、ジェニファー・ロペスは瞑想する!

一度にたくさんの仕事をこなすことは、誰にとってもプレッシャーだ。しかし、ジェニファー・ロペス(48才)は、それに慣れている。

子役からスターへ──名声と挫折……そして心の平和

3才のときからモデルや女優の仕事を始めた女優のリンジー・ローハン(31才)は、11才までに、映画『ファミリー・ゲーム/双子の天使 (1998年)』の子役として国際的に知られるスターになったため、気軽に街を歩くこともできなくなっていた。

本当の自分でいられる──瞑想は心のライフライン

私にとってそれは、「学ぶ者の準備ができたとき、師は現れる」という格言そのままの出来事でした。2000年代に入って間もない頃、私はオレゴンの電話会社で働いていました。

頂点に登りつめたマット・ボマーの20分間の秘密

ドラマ『ラスト・タイクーン』でマット・ボマー演じる主人公は、1930年代のハリウッドで困難をものともせずに名声と富を獲得していく。それはまるで、ボマー自身が体験しているアメリカン・ドリームを象徴しているかのようだ。

家は掃除するのに、心は掃除しないの?

昨年の秋にコスモポリタン誌から編集長の誘いを受けたミッシェル・プロモレイコさん。同誌の上級編集者を8年間経験したのち、「ウィメンズ・ヘルス」と「ヤフー・ヘルス」の編集長として成功。再びコスモポリタンに戻ってきた。

ファッション・モデルが自分を安定させるために行っていること

モデルという華やかな仕事の実際は、長時間労働で、時には極寒の中を薄着で立っているようなこともある。

若者が実践する、心を落ち着かせる簡単な方法

生活のペースが速くなり、インターネットやソーシャルメディア、携帯メールからの際限のない刺激にさらされ、若年層の人々の生活はかつてないほど難しさが増してきている。

暗闇から光へ:抑うつと不安がなくなった。

うつ病と不安症は、誰にでも起こる可能性がある過酷な病気だ。いったん症状が始まれば、あっというまに暗い穴の中に滑り落ちていく。

スラムの子供たちを柔道と瞑想で教育──メダリストの柔道家フラビオ・カント

ブラジルの柔道家フラビオ・カントは、これまでに2004年アテネのオリンピックで銅メダル、パンアメリカン大会で3メダルを獲得している。彼は、彼の教え子たちに、柔道にとって最も重要なことを次のように話している。

香川選手所属のドルトムントが超越瞑想を採用

日本代表の香川真司選手が所属するドイツのサッカーチーム、ドルトムントがトレーニングの一つとして瞑想を行っていると独紙「フランクフルター・ルントシャウ」が報じた。

もう過去に引きずられない

私の名前は、オリアナ・レオです。 私は、2015年6月中旬から、超越瞑想を実習しています。突然、習い始めて、最初の瞑想中に超越しました。それは信じられない体験でした。

乱高下する相場のなかで、投資家は静かに瞑想する

ウォールストリートで流行っている瞑想は、さらに勢いを増している。瞑想によって投資家は、心を静め、業績を上げ、より賢明に、より健康的になっているからだ。

人生を変えるのは簡単。不精な人でもね──エイミー・シューマー

何百万人もの人々がエイミー・シューマーに心奪われるのは、彼女の率直さが人々を楽しませるだけでなく、学ばせてくれるからだ。

デヴィッド・リンチ監督が43年間一日も欠かさないで行っていること

「ツイン・ピークス」の制作で多忙のなか、TM(超越瞑想)に関したパネルディスカッションに出席したリンチ監督が、ロサンゼルス・タイムズのインタビューに答えている。彼自身の体験から、TMはあらゆることの成功の鍵になる、ということだ。

瞑想は、身体が体験できる最も効果的なストレス解消

女性向けの情報サイト「POPSUGAR」の編集者、ハンナ・ウェール・マッキンレーさんは、学生の頃に父親からもらった贈り物が、その後、人生を支えていると、ブログで書いている。その贈り物とは、超越瞑想だった。

TMは、私の脳に効き目があった。

米国の女性向けの情報サイト、SheKnowsでライターのリジー・ヒルさんがTM(超越瞑想)を学んだ後の変化について綴っている。曰く、TMは、私の脳に効き目があった。

犯罪は瞑想で防止できるか? 最新の研究データによる裏付け

2010年までの四年間は、米国にとって特別な時期だったかも知れない。なぜなら、アイオワ州フィエアフィールドには、2000人規模の瞑想者が集まり、超越瞑想の上級プログラム(TMシディプログラム)をグループで継続して行っていたからだ。

アイオワの小さな町で瞑想して、戦争で負った心の傷が癒された顛末

イラクの自由作戦で配備された退役軍人であるフリーライターのスプリヤ・ベンカテサンさんは、アイオワ州のフェアフィールドに移り住み、毎日、瞑想することによって戦場でのトラウマから解放されたと、ワシントン・ポスト紙のブログのなかで述べている。