Category Archives: 報 道

リンゴ・スターが、ポール、瞑想、なぜロサンジェルスが好きなのかを語る

アメリカの雑誌「Variety」に「リンゴ・スターが、ポール、瞑想、なぜロサンジェルスが好きなのかを語る」という記事が掲載された(2014年1月28日)。以下は、瞑想に関する部分の抄訳である。

音楽と平和のチャリティー・コンサートでリンゴ・スターが賞を授与

1月20日にリンゴ・スターは、デヴィッド・リンチ財団から「Lifetime of Peace and Love Award(平和と愛の生涯)」賞を授与された。それはロサンジェルスのエル・レイ劇場で行われたイベントの一部であり、その後で記念コンサートが行われた。

チャリティー・ショーの舞台に現れたヒュー・ジャックマン

デヴィッド・リンチ財団は、毎年年末に恒例のチャリティーショーを開催する。昨年は、俳優のヒュー・ジャックマンが舞台に登場し、同財団より賞が与えられた。以下は、ウオール・ストリート・ジャーナルに掲載された記事の抄訳。

ファッション・デザイナー、ヨジン・バエの今年の抱負は「瞑想」

オーストラリア版ヴォーグ誌では、ファッション界の人々に今年の抱負を尋ねている。そのなかで有名なデザイナーであるヨジン・バエは次のように述べている。

ポール・マッカートニーが受け取ったメッセージ「人生を楽しみなさい」

元ビートルズのポール・マッカートニーが以前、テレビのトークショーのなかで、マハリシとの再会について語ったことがあった。それはとても心温まる話だったので紹介したい。

メディア王のルパート・マードック氏が内面の探求に目覚める?

世界的なメディア王、ルパート・マードック氏がツイッターで発言すると思わぬ憶測が広がった。メディアの中心にいる彼が「超越瞑想を試してほしい」とツイートしたからだ。彼は、本当に内面の探求に目覚めたのか? と英国の新聞「インディペンデント紙」が取り上げた。

「瞑想が女性の助けとなる」ニューヨークで女性のための会議

先日、CNNのニュース・キャスター、キャンディ・クローレイをはじめ、ビジネス、メディア、教育、社会福祉の領域で活躍する10人の女性がニューヨークに集まり、『女性、瞑想、ストレス』というテーマの会議を行った。

中南米の各国で、学校や軍隊に超越瞑想を大規模に導入

ブラジルの議会は、国内にある公立中高等学校すべて(約4千8百校)に、超越瞑想プログラムをカリキュラムの一部として採用することを承認した。それによって、近い将来、約4千5百万人のブラジルの学生が超越瞑想を学ぶことになる。

カリブ海にあるドミニカ国で囚人の矯正教育に超越瞑想を採用

絵画のように美しく青々と茂った植物と澄み切った水、ドミニカ島は楽園としての条件を数多く備えている。しかし残念なことに、その清純な性質は、望ましくない記録によって損なわれている。ドミニカ国は、米国やロシアと共に、人口10万人あたりの投獄率が最も高い国の一つに上げられているのだ。

ビートルズは、時代の先取りをしていたのではないか?

ビートルズが、1968年にインドを訪れ、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの教えを受けたことで、超越瞑想に対する世界中の注目が集まった。英国新聞『テレグラフ』の最近の記事は、ビートルズが実は時代の先取りしていたのではないかと考察している。

「自分のなかの中心」米国のキャスター、バーバラ・ウォルターズが瞑想について語る

米国のABCテレビのニュース・キャスター、バーバラ・ウォルターズは、朝のトークショー『THE VIEW』に出演し、超越瞑想の体験について話した。現在、83歳の彼女は、半世紀にわたって看板番組の司会や著名人のインタビューを務めてきたが、最近、引退表明をして話題になっていた。

瞑想──忙しい日常でも楽しめる、深い休息と至福

以前、ニューヨークタイムズに掲載された記事『静寂の喜び』では、「静寂の時間」をもつ重要性と喜びについて語られていた。「静寂の時間」とは、慌ただしい活動的な世界から離れたひとときのことで、人々が休息やリクリエーションのために時間をとることは何も新しいことではなかった。

瞑想を行っている学生は、成績が良く、卒業率が高いという研究報告

『Education』誌(2013年6月)に発表された最近の研究では、超越瞑想を実践している学生は対照グループの学生と比べて卒業率が高いことがわかった。 以下は、オンラインの科学ニュースサイト「PsychCentral」に掲載された記事からの抜粋

お金や権力では計れない「成功」を再定義する

シンジケート・コラムニストであり、作家でもあるアリアナ・ハフィントン(写真右)は、先ごろ行われたスミス大学の卒業式で登壇し、「成功」というものを再定義する必要性を強調した。 「現在のところ、社会における『成功』の概念は、主にお金と権力という二つのものから構成されています。

俳優ヒュー・ジャックマン「瞑想が私の人生を変えた」

俳優ヒュー・ジャックマンは、過去20年間にわたって、彼の人格と生活において超越瞑想が重要な役割を果たしてきた──と最近、男性向け健康雑誌で語っている。以下は、The Huffington Post UK がその話題を取り上げたときの記事から引用。

オマー・アクラム──文化の壁を越え、心揺さぶる優雅な音楽の源泉

音楽は、文化の壁を越えて世界平和を生み出すことができるかも知れない──オマー・アクラムは、それが可能だと思わせてくれる。今年グラミー賞を受賞した彼は、アフガニスタン系米国人のレコーディングアーティストで、しばしば「文化の外交官」と呼ばれる。

Live365とトランセンデンタル・ミュージックが提携:超越瞑想のネット・ラジオ局を開設

インターネット・ラジオ放送のリーダーであるLive365は、トランセンデンタル・ミュージックの最新ベンチャーとなるトランセンド・ラジオを開設すると発表した(5月1日)。

医師が処方する「1日2回、20分間の瞑想」──WSJ(2)

以下は、米国ウォール・ストレート・ジャーナルに掲載された “Doctor’s Orders: 20 Minutes Of Meditation Twice a Day”(医師が処方する:1日2回、20分間の瞑想・4月16日)」の記事の全文です。

医師が処方する「1日2回、20分間の瞑想」──WSJ(1)

先週、ウォール・ストレート・ジャーナルの健康欄の第一面に、瞑想が米国の健康管理の主流になりつつあるという特集記事が掲載された。記事には、瞑想その他の心身療法が米国のプライマリ・ケア環境に組み入れられている状況について、米国のいくつかの大病院の医師たちの意見が紹介されている。

ジャズの伝説的なミュージシャンが、問題を抱えた人々ために基金を募る

ジャズ界の伝説的なミュージシャン、ウィントン・マルサリス、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、エスペランサ・スポルディング、コリーヌ・ベイリー・レイが、デヴィッド・リンチ財団を支援するために、ニューヨークのジャズ・アット・リンカーン・センターのステージに立った。