Category Archives: 瞑 想

人間の内側深くには、無限の幸福がある──マハリシ

1968年にカナダの公共放送が、超越瞑想を紹介したマハリシ・マヘーシュ・ヨーギー(超越瞑想の創始者)の番組を制作した。 番組のなかでマハリシは、風光明媚なルイーズ湖を前にして、心も湖のように深みがあると例えている。

「TMに勝る薬はない」心臓内科医の超越瞑想の体験

セザール・モリナ医師は、高校3年のとき超越瞑想を学んだ。その後、40年にわたる瞑想の実践は、自己の啓発に役立つものであったと彼は語っている。 「高校時代に、私は自己実現に関する本を何冊か読みました。実のところ自己実現とは何を意味するのか、よく分かりませんでした

オプラがTMの町を訪れる「それを見つけるために、ただ静かになるだけ」

オプラ・ウィンフリーがテレビ取材のために、「TMの町」とも呼ばれるアイオワ州フェアフィールドとマハリシ・ヴェーディックシティを訪れた。 オプラは、その町にあるマハリシ経営大学の構内のドーム型瞑想会場で、千人以上の人々と一緒に瞑想を行った。

オプラのテレビ番組「アメリカで最も普通でない町」にアメリカが反応する

先週、オプラ・ウィンフリーのテレビ番組「ネクス・チャプター:アメリカで最も普通ではない町」で超越瞑想が取り上げられた。

ワシントンDCの危険地域の学校に通う生徒たちが静かに座る

文・ジョージ・ラザフォード博士(ワシントンDC理想アカデミー校長) ワシントンDCで麻薬問題が深刻になったのは1989年のことです。若者たちの間で殺し合いが始まり、ワシントンはこの国で第一位の殺人都市になりました。

悟りの成功哲学は、苦労して頑張らないこと

超越瞑想は、ストレスを取り除き、能力を高めるだけでない。その最大の恩恵は、人生の究極の目標である「悟り」を実現する、ということ。マハリシは、この点をいつも強調してきた。 UCLAの学生(レイチェル・ケリー)がマハリシにインタビューした記事でも、そのことが明確に表現されている。

家族が共に瞑想する

30年前、米国テキサス州エルパソの店に貼られていたTM(超越瞑想)のポスターが、ホセ・グティエレスの目をとらえた。 「私はTMの説明会に行き、探し求めていたものが見つかったと思いました。最初に瞑想したときから、信じられないほどのエネルギーを体験しました。それ以来、瞑想の体験は次第によくなっていきました。」

内側にある大きな幸福へ──効果のある超越瞑想はまったく努力がいらない

超越瞑想のことを初めて聞いたのは16歳のときですが、私はその話を聞いて魅力を感じました。「超越」とは、深くて、日常を超えたもののように思えました。そのころ私は禅について勉強し、それを実践しようとしていました。

マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーとバックミンスター・フラーとの注目すべき会談

1971年、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーとバックミンスター・フラーとの注目すべき会談が、マサチューセッツ大学アマースト校で行われた。マハリシとフラーはそれぞれ別の知識の伝統に根差しているが、個人生命と宇宙生命との普遍的根源について互いに語りあった。

瞑想法が異なれば、脳生理の状態も異なることが判明

医師たちが、ストレスによる不調を改善するために患者に瞑想を勧める機会が増えている。そのため研究者は、多種多様な瞑想法がそれぞれどのような結果を生み出すのかを調査し始めている。 2010年の夏に発表された『意識と知覚』という論文では、瞑想を3つのカテゴリーに分けて解説された。