Category Archives: 瞑 想

内側に潜って自分のバッテリーを充電! 最高の気分です。──キャメロン・ディアス

かなり前から、キャメロン・ディアスは、瞑想が役立つことを直観的に知っていた。だが、いくつもの瞑想法を試してみて、どれも有益な効果が長続きしないことき気づき、彼女は諦めようとしていた。

輝いている女性たちの素敵なシンプル習慣

スーパーモデルやハイウッド女優たちの間で密かなブームになっている瞑想……皆さんは試したことがありますか? 常に多くの人々に囲まれ、忙しい日々を送っている彼女たちにとって、瞑想は一人になって心の安らぎを取り戻す貴重な時間です。

魂の至高の瞬間──詩人エミリー・ディキンソン

彼女の祖父はアマースト大学の創設者である。父親は州議会議員と連邦議会議員に何度も選出された。しかし、エミリー・ディキンソン(1830年〜1886年、米国)は世俗的な生活とはかなりかけ離れた生き方をした。

創造性は努力して引き出すものではない──リー・チェスナット

米国バーモント州バーナンドを拠点に活動しているリー氏は、現在、ユニバーサルミュージック・グループ傘下でヒットチャート上位の曲を送り出しているレーベル、パブリック・レコーズのコンサルタントとして全米を回っている。

「女は瞑想で輝く」──ヴォーグ・ジャパン

ファッション雑誌ヴォーグ・ジャパン(2014.06月号)では「女は瞑想で輝く」と題して、瞑想をライフ・スタイルとして取り入れている人々を紹介している。瞑想の体験を語る8人のうち5人が超越瞑想を愛好している人たちだ。以下は、その記事からの引用である。

瞑想中に起こる超越の体験と脳生理の研究

近年、米国では、数百万人の人々がヨガや瞑想を実践するようになってきた。そして実践者の増大とともに、ヨガや瞑想が最終的に目指す『超越の体験』に関して研究が進められている。

超越瞑想は、本当に効果があるか?……試してみた。

英国のガーディアン誌の映画・テレビ・音楽を担当するライター、スチュアート・ヘリテッジ氏が、当コラムで「超越瞑想は、本当に効果があるか?」という自身の体験について書いている。

”幸運や名声のためではなく、悟りを求めて” マイク・ラヴがジョージ・ハリスンを称えた曲を正式リリース

ビーチボーイズのマイク・ラヴが、ジョージ・ハリスンの誕生日に、彼との思い出を歌にした『パイシーズ・ブラザーズ(魚座の兄弟)』を発表した。

超越瞑想は、自然な方法──心の本質に従って自動的に行われる

瞑想を学んだ人でも瞑想中の体験をうまく説明することができない。なぜなら、超越瞑想のやり方は、まったく努力が要らず、自然であるからだ。すべてが自動的であるため、自分が何かを行っていることすら意識することがない。

考え、感覚、行動の根底にある、本当の自分

私が体験している世界は、すべて知覚を通してやってくる。目は何かを見、耳は何かを聞いている。あるいは心では、いろいろな考えが渦巻き、私は、必ずしも望むとは限らない、自分が体験している世界を一瞬一瞬、更新している。

自由と自己実現──真の自分について知ること、自分についての無知から解放されること

超越瞑想の影響を科学的に調査した結果、心、体、行動、環境といった驚くほど広範囲な領域で効果が確認されている。さらに、こうした個々の成長に加えて、生命の全体的な成長が見られる。それは、啓発された深遠な体験──自由と自己実現だ。

超越──思考の源にある、純粋意識の静かな領域の体験

超越瞑想を学んだ人は、それがいかに簡単であるかに驚く。しかし、簡単であるにも関わらず、超越瞑想は人間の全潜在力を目覚めさせることができるのだ。

愛と啓発──愛の成長は、外側にある何ものにも依存しない

ハフィントン・ポスト紙に掲載された記事のなかで、アン・パーセルは、誰でも心の内深くには純粋な愛があること。そして、瞑想によってそれを体験することができ、それによって愛情深い人になると記している。

映画監督マーティン・スコセッシの静かな一日

現代の偉大な映画監督の一人、マーティン・スコセッシは、60代の初めに超越瞑想を学んだ。あるチャリティー・コンサートで超越瞑想のことを聞いて、これは自分と妻にとって、また、そのとき八歳だった娘にとって、役立つものだと思った。

成功者になる秘訣──それは枠のない意識の経験

米国航空宇宙局(NASA)と医学研究所のあるテキサス州ヒューストンで、1972年10月20日に2900人がジョーンズ・ホールに集まり、創造的知性の科学の創始者であるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの講演を聞いた。

ビジネスと精神性──ストレスを糧に人生の成功は得られない

ビジネスの世界は、特にその上層部は、わざわざ時間をとって静かに座り目を閉じて瞑想するというようなことが最も起こりそうもないところだ。しかし、そう考えるのは間違っている。

リブ・タイラーとショーン・レノンが第一応答者を救うチャリティー・コンサートで共演

ニューヨークでリブ・タイラーとショーン・レノンが、ロイストン・ランドン&スペースホッグと共に、野外のチャリティー・コンサートを行った。それは、デヴィッド・リンチ財団が行っているプロジェクト「ニューヨーク市の第一応答者の第一歩」への寄付を募るチャリティーイベントだった。

日々リセット──1000分の1秒の間にある永遠性の体験

ジョッシュ・ザバレラは、イベントを通して革新的考えや起業家精神を養う団体「サミット」の共同経営者・管理人だ。2008年以来、サミットは年に一回、三日間のイベント「サミット・シリーズ」を主催している。

瞑想とファッション──もっと自分らしく。私の洋服は、私自身を表している

ニューヨーク在住のファッション・ブロガー、マディソン・ステファンズ(写真右)が瞑想に関する自身の体験を語っている。TM教師である父親から子供頃に瞑想を学び、今では、その内面の体験を外側の活動に生かしている。

瞑想すると気楽になる。問題が依然としてあってもその重みがなくなるのだ。

長い間、私は美しい山の見える田舎の家を探そうとしていた。週末になると不動産屋と一緒にあちこちへ探しに出かけたが、気に入る物件はなかなか見つからない。探求の旅は徒労に終わり、そのたびに手ぶらで家に帰ってきた。しかし、今では自分は運がよかったのだと考えている。