Category Archives: 健 康

「TMに勝る薬はない」心臓内科医の超越瞑想の体験

セザール・モリナ医師は、高校3年のとき超越瞑想を学んだ。その後、40年にわたる瞑想の実践は、自己の啓発に役立つものであったと彼は語っている。 「高校時代に、私は自己実現に関する本を何冊か読みました。実のところ自己実現とは何を意味するのか、よく分かりませんでした

高額医療費負担者の医療費が、超越瞑想の実践によって28%減少

医療費は年々増え続けている。医療費の高い米国では、特に深刻だ。平均的な4人家族が支払う医療費は、年に約157万円(19,393ドル)に昇っている。世界的なコンサルタント・保険数理企業であるミリマン社が作成した最近の報告書によれば、この数字は9年前の2倍以上になっている。

超越瞑想が心臓病の三つの危険因子、高コレステロール・高血糖値・高血圧を改善

新年を迎えるときに新年の抱負を掲げることは世界中、どの国でも共通しているようです。 今年、米国で最も多い新年の抱負は、「人生を楽しむこと」。これはとても素晴らしい抱負なのですが、実情をみると、借金や上司との関係によるストレスから解放されたい、という欲求の現れのようです。

マーティン・スコセッシ監督が超越瞑想について語る「それは変化を生み出した」

マーティン・スコセッシは、映画界で最も絶賛されている監督の一人だ。1942年にニューヨークで生まれ、子供時代はひどい喘息持ちで大人しい子供だった。青年時代の大半は一人で映画を見ることで過ごし、高校卒業後は1年間カトリックの神学校に入り、神父になろうとしていた。

超越瞑想が米国インディアンのストレスを軽減し、糖尿病をなくす

米国のインディアン居留地では、超越瞑想が糖尿病を減らすために利用されている。医師のアハメド・モハメッド氏は、ウィネベーゴ(ネブラスカ州)の住民の66パーセントがII型糖尿病または前糖尿病に罹っていると推定する。

米国人の半数が心の問題を抱えている? 超越瞑想は、心の病気を予防する有効な手段

心の健康は体の健康と同じくらい、あるいはそれ以上に重要なものです。心の状態によって、体の状態や周りの環境に対するとらえ方が変わってくるからです。 もし私たちが、憂鬱な気分や不安感にとらわれているときには、ゆがめられたレンズを通して世界全体を見ることになります。

PTSD(心的外傷後ストレス)に対する超越瞑想の科学的有効性

二つの予備的研究で、超越瞑想がPSTDの症状に及ぼした影響が検証されました。いずれの研究でも、帰還兵のPSTDの症状が劇的に減少し、生活の質が向上していることがわかりました。

硫黄島に出征した退役軍人が超越瞑想によってPTSDを克服

文・ジェリー・イェリン 私は、第二次世界大戦で祖国のために尽くした16万人のうちの一人でした。18歳で入隊し、19歳のときにアリゾナ州フェニックスのルーク・フィールド航空学校を卒業し、21歳のときに硫黄島に着陸してそこで三週間を過ごしました。

「うつ症状」に対する超越瞑想の効果が二つの研究によって明らかに

超越瞑想に関してうつ症状の改善に効果的であることが2つの新しい研究で明らかになった。この研究は、ワシントン州シアトルで行われた第31回行動医療協会の年次総会で発表された。

「塀の中の自由」超越瞑想がオレゴン刑務所の囚人と看守の人生を変えた

20年前、カリフォルニアのサン・クエティン刑務所で初めてTM(超越瞑想)を教えたとき、鉄条網と頑丈な塀に囲まれた重警備の刑務所内で、私はある合意書にサインした。それは「もしも囚人に人質に取られても、刑務所の職員は解放のための交渉はしなくてもよい」という合意書だ。

体験によって脳のニューロン結合が変化し、人生が変わる

アメリカ北東部は、まばゆいばかりに美しい春の色と香りで満ち溢れている。冷たく湿った冬が終わり、生き返ったかのようだ。生命が前よりもさらに甘美で力強く、進化しているかのようだ。瞑想後に目を開けるときにも、似た感じがある。

オズ医師から健康のためのヒント「瞑想は最も重要な健康習慣」

医学博士メフメット・オズは、アメリカを代表する医師だ。彼は、国内で放送されている人気番組「ドクターオズ・ショウ」の司会者であり、ニューヨークにあるコロンビア大学の外科医として、一年に300件以上の心臓手術を行っている。

「心臓病のリスクが減少」瞑想が心臓病の治療法に変革をもたらすと注目

研究者によれば、超越瞑想を実践している正常高値血圧の黒人の若者は、血管の拡張機能が向上しているので、成人後に心血管系疾患になる危険性が減少するという。