Category Archives: 健 康

瞑想は不安を静めるための効果的な道具──モービー

モービーは歌だけでなく、キーボード、ギター、バスギター、ドラムも演奏する多才なミュージシャンだ。彼は「電子音楽史上最大級のアーティスト」とか「この二十年のエレクトロニカ界で最も目立った存在」と言われてきた。

瞑想すると気楽になる。問題が依然としてあってもその重みがなくなるのだ。

長い間、私は美しい山の見える田舎の家を探そうとしていた。週末になると不動産屋と一緒にあちこちへ探しに出かけたが、気に入る物件はなかなか見つからない。探求の旅は徒労に終わり、そのたびに手ぶらで家に帰ってきた。しかし、今では自分は運がよかったのだと考えている。

脳の前頭前野を活性化して、自閉症のアスペルガー症候群を改善?

アスペルガー症候群は、しばしば高機能自閉症と呼ばれることがある。アスペルガー症候群とは、自閉症の範疇に入る病気と関連した発達障害であり、制限された思考や行動パターン、言語とコミュニケーション能力の欠如といった特徴をもつ。

エイズ患者に有効性が見られた超越瞑想の新しい研究

ペンシルヴァニア大学で行われた研究によると、超越瞑想はエイズ・ウィルスに感染した患者の活力や生活の質の向上に有益であることが実証された。 この研究では、22人の被験者を対象に、6ヶ月間にわたって、超越瞑想を学んだグループと健康教育を受けたグループとの比較を行った。

台風の目のなかに入って、静かに逆境に対処する方法

逆境は人生では歓迎されない。しかし、うまく取り組むことができれば、逆境によって消耗するのではなく、人間味を増すことになる。そのために何が必要か? 精神科医のノーマン・ローゼンタール博士の新刊書『The Gift of Adversity(逆境の贈り物)』では、その答えを示している。

カリブ諸島の学生のADHDを改善するプロジェクトが始まる

注意欠陥多動性障害(ADHD)の問題は、世界の至る所で増加傾向にある。多くの医師や研究者は、ADHDの問題はテレビやコンピュータの使用による感覚刺激の急増と関連していると考えている。また他の研究者は、子供のストレスや不安の増加がADHDに関与していると述べている。

ストレスを減らすことで職場の雰囲気が変わり、生産性が高まる

企業では、従業員のストレスを和らげ、働きがいのある職場にする必要があるという認識が次第に高まってきている。ビジネスリーダーたちに警戒感を抱かせている情報をいくつか挙げてみよう。

医師が処方する「1日2回、20分間の瞑想」──WSJ(2)

以下は、米国ウォール・ストレート・ジャーナルに掲載された “Doctor’s Orders: 20 Minutes Of Meditation Twice a Day”(医師が処方する:1日2回、20分間の瞑想・4月16日)」の記事の全文です。

医師が処方する「1日2回、20分間の瞑想」──WSJ(1)

先週、ウォール・ストレート・ジャーナルの健康欄の第一面に、瞑想が米国の健康管理の主流になりつつあるという特集記事が掲載された。記事には、瞑想その他の心身療法が米国のプライマリ・ケア環境に組み入れられている状況について、米国のいくつかの大病院の医師たちの意見が紹介されている。

米国心臓協会が高血圧の予防と治療に超越瞑想を推奨する

米国心臓協会(AHA)が4月22日に公表した報告書は、超越瞑想(TM)には血圧を下げる効果があると結論づけ、高血圧の予防と治療のための臨床診療にTMの利用を検討することを推奨している。

ストレスは万病のもと──ストレスの悪影響についての新しい研究とその対処法

ストレスは万病のもと。ストレスの悪影響についての新しい研究によれば、ストレスは、身体の治癒能力を低め、脳を萎縮させ、染色体を変化させて、その影響は世代に渡るかも知れない。そのため、ストレスを洗い流すための効果的な方法を研究者は勧めている。

自然豊かな田舎で過ごし、そして瞑想する──ナオミ・ワッツ

『グッド・ヘルス誌』2013年4月号の記事で、女優のナオミ・ワッツが有名人としての忙しい生活を安定させる日々の日課について語っている。

自閉症スペクトラム障害──超越瞑想は自閉症の子供たちを救えるか?

ジョーイは、人生の最初の14年間、書くことも、読むことも、話すこともできなかった。彼は自分自身の内部に閉じこめられていたのだ。何百万人もの自閉症の子供たちがそうであるように、彼は、人とコミュニケーションをとれないことや、周囲の世界に適応できないことにもがき苦しんできた。

混乱した人生に平穏をもたらしたヒュー・ジャックマンの人生の変換点

最も魅力的なハリウッド・スターの一人、ヒュー・ジャックマンは、学生時代に超越瞑想を学び、人生が変わったと語っている。「これまでに、超越瞑想ほど私の目を開かせたものはない。超越瞑想をすると、心が落ち着いて、幸せになる。非常に混乱した人生に、平穏と静けさをもたらしてくれるんだ。」

警察の抱える最も差し迫った課題──PTSDに悩む警察官を救う

マイケル・オルティスがニューヨーク州警察官および麻薬取締局おとり捜査官を20年以上務めてから退職したとき、妻のデボラは夫に異変を感じていた。マイケルは、なかなか眠ることができず、ストレスに過敏に反応し、過去のトラウマ体験がフラッシュバックし、パラノイアの兆候も示していた。

メフメット・オズ氏が「ドクター・オズショー」で超越瞑想を推薦

医療問題や個人の健康をテーマにしたテレビ番組「ドクター・オズショー」は、エミー賞を受賞した人気番組だ。番組を担当する外科医師のメフメット・オズ氏は、これまで「千年紀の治療者(ヘルシー・リビング誌)」、「ドクターズ・オブ・イヤー(ヒッポクラテス誌)」など、数多くの最高の医師

トップアスリートの優れた能力は、統合された脳機能と関係している

脳機能の研究や心理的発達の測定から、最高の能力を発揮する人々は、一般の人々と比べて、高度な脳機能と発達した心を備えていることが確かめられている。 世界級のアスリートを対象に行われた研究では、トップアスリートは一般のアスリートと比較して脳の統合度合いがより高いことが実証された。

超越瞑想は人生を変換する。デヴィッド・リンチ財団の五年間の達成

過去5年間、デヴィッド・リンチ財団は、深刻なストレスに苦しむ25万人以上の人々を救済するために、超越瞑想が学べるよう支援してきた。瞑想を学んだ彼らの体験は目覚ましく、また、研究によって効果が裏付けられてきた。

ストレスに押しつぶされる前に、ストレスにうまく対処しよう

精神的にも、肉体的にも、現代人は何らかの問題を抱え、多くのストレスを溜め込んでいる。もし、ストレスに対処しなければ、それはあなたをいずれ押しつぶすことになるかも知れない。問題や病気に直面しないためにもストレス対策は人生の最重要課題だ。

200万人が刑務所に服役する米国で、超越瞑想が受刑者の復帰を支援する

米国で刑務所に収容されている受刑者の数は膨れあがるばかりだ。それは人的資源と財源のすさまじい浪費である。 米国司法省の統計によると、200万人以上の成人が刑務所に投獄され、500万人の成人が執行猶予で保護観察下におかれているか、仮釈放されている。