Category Archives: 健 康

住む人が幸福で健康になる建物

タワーカンパニーが目指すゴールは、住む人が幸福になり、健康になる建物を建てること。しかしそれだけではない。自らの企業で働く従業員の健康と幸福を高めることにも熱心だ。

社会に還元するために超越瞑想が再び戻ってきた──フォーブス

社会のさまざまな問題を解決するために設立されたデヴィッド・リンチ財団のイベントが開催され、その様子をフォーブス(forbes.com)のアリス・G・ウォルトンが伝えている。以下はその記事の抄訳

瞑想と菜食──ジェームズ・マッカートニー

ジェームズ・マッカートニーは、ポール・マッカートニーとリンダ・マッカートニーの一人息子である。彼にとって、両親の名声は重荷であったに違いない。それでも彼は地に足をつけて、自分をしっかりと保っているようだ。

精神性の探求が支えた、成功と困難な道のり──ウェス・カー(ミュージシャン)

オーストラリアで最も人気があるミュージシャンの一人、ウェス・カーは、プレッシャーに打ち勝つために瞑想を学んだ。以来、瞑想は欠かすことのできない日課になっている。

「国際ヨーガの日」に真のヨーガついて知ろう

6月21日(日)は第一回目の「国際ヨーガの日」です。この「ヨーガの日」は、インドのナレンドラ・モディ首相の提案に応じて、国連が制定したものです。 モディ首相は、長年にわたって超越瞑想を行っており、ヨーガの真の価値について次のように語っています。

自然な生活と瞑想で多発性硬化症を乗り越えた

350もの研究によって確認されている超越瞑想の効果のなかで、最も顕著なのは、ストレスを減少させるという効果だ。「病は気から」といわれるように、病気の多くはストレスによって発症したり、悪化するため、ストレスを減らすことは、病気の予防や治療にとって非常に重要となる。

食物依存症──美味しい食べ物は麻薬と同じ?

最近、食べ物にも麻薬やアルコールと同じように中毒性があることがわかってきました。一度スナック菓子を食べたら止まらなくなって、一袋すべて食べてしまう、そんな経験は皆さんにもありませんか?

私の人生ははるかによくなった!──スカイ・フェレイラ

人気上昇中のポップ・スター、スカイ・フェレイラ(22歳)は、不安症や不眠症から解放されるために超越瞑想をやってみた。すると症状はすぐに改善され、それだけでなく彼女の期待をはるかに超えることが起こった。

ファッション界を裏側で支える真のトレンドとは?

華々しいファッション界でも、その裏側では緊張やストレスと格闘しなければならない。これに対処する最善の方法は、物事を表面で扱うのではなく、もっと内深くにある精神性を高めることにあった。

瞑想は、妊娠中の母体ストレスを低く抑える

ガイポール・ガニエ博士は、産婦人科の30年の診療経験をもつ医師であり、カナダの王立外科医師会の特別会員である。自然な分娩をするための方法や、マタニティケアのための最善の環境作りなど、重要な問題に関して博士に聞いた。

私の人間関係にも素晴らしい影響があった──ガブリエル・バーンスタイン

女性向けのスピリチュアルの本を何冊も出版しているガブリエル・バーンスタインは、超越瞑想を学び、彼女のブログ(BECOME THE happiest)で、その体験を記している。

瞑想で世界を変えるのが使命──デヴィッド・リンチ

ハフィントンポスト(英語版)に掲載された映画監督のデヴィッド・リンチのロング・インタビューのなかで、リンチは、人生から苦しみを取り除いて、より良い世界にしたいという熱い思いを語っている。

幸福な人は成功する

多くの人が「幸せになりたい」と願い、「成功したら幸せになれる」と思っています。しかし、ハーバード大学でポジティブ心理学を教えているショーン・エイカー氏は、人間は成功によって幸せになるのではなく、幸せな人間が成功すると説いています。

輝いている女性たちの素敵なシンプル習慣

スーパーモデルやハイウッド女優たちの間で密かなブームになっている瞑想……皆さんは試したことがありますか? 常に多くの人々に囲まれ、忙しい日々を送っている彼女たちにとって、瞑想は一人になって心の安らぎを取り戻す貴重な時間です。

バレエからブロードウェイのスターに転身

ソルトレークシティ出身の15歳の少女がスクール・オブ・アメリカン・バレエのオーディションを受けるというのはそうそうあることではない。そのバレリーナの卵が入学し、卒業し、18歳でニューヨーク・シティ・バレエ団に入団し、19歳になるまでにソリストになり、そして20歳までにプリンシパルに登りつめるという可能性はさらに少ない。

認知症を予防し改善する、心身機能活性療法とTM瞑想

1万人以上の認知症患者を著しく改善させてきた「心身機能活性療法」が、日本、上海、香港、台湾などにアジアに広がり、大きな話題となっています。

HIV/エイズ感染者が瞑想によって免疫力を高め、ストレスを軽減

トム・ロスは、2012年にTM-HIVプロジェクトを立ち上げた人物だ。彼は今後3年間で全米の1万人のHIV感染者にTM(超越瞑想)を提供することを目標にしている。

健康な人は、幸福な人

病は気からといいますが、悩みや心配事は、病気を引き起こす大きな要因となっています。このことは、ハーバード大学とデューク大学で行われた「病気の原因」を調査した研究によっても明らかになりました。

私が超越瞑想を学んだ理由と、今も続いている理由

ミュージシャン、音楽プロディーサーのブレーク・イアンが超越瞑想の体験についてブログで語っている。彼は、人生の大部分を激しい不安やパニック発作で苦しんできた。それが今ではほとんど不安を感じることなく生活しているそうだ。

パニック障害が消えてなくなった日

ティム・ペイジは長年、ワシントンポストの音楽評論家として活躍していた。1997年には、その明快で啓蒙的な批評が評価されてピューリッツァー賞を獲得した。ティムが最初に超越瞑想のことを聞いたのは60年代の初めであったが、実際に習って始めたのは1975年だった。