Category Archives: 教 育

老子の「タオ」は抽象的な概念ではない。超越という実際的な体験

老子は古代中国(紀元前6世紀)の首都に住み、宮中で公文書保管所の管理人として仕えていた。彼は偉大な英知の持ち主であったため、多くの人が彼の英知に惹かれて集まり、自分の教師として敬っていた。

200万人が刑務所に服役する米国で、超越瞑想が受刑者の復帰を支援する

米国で刑務所に収容されている受刑者の数は膨れあがるばかりだ。それは人的資源と財源のすさまじい浪費である。 米国司法省の統計によると、200万人以上の成人が刑務所に投獄され、500万人の成人が執行猶予で保護観察下におかれているか、仮釈放されている。

緊張が解消されれば、残忍な人間でも同情心をもつようになる

健全な感情を育むことは、すべての人にとって重要なことだ。特に、反社会的な行動のために投獄されている人びとにとっては、それが絶対的に必要とされている。

刑務所を変える? 瞑想という新しい矯正教育が注目されている

「刑務所のシステムは、完全に崩壊している」と、21年間、刑務所に入っているケヴィン・ローパーは語る。「しかし、刑務所のシステムを変えることはできなくても、刑務所の中にいる人びとを変えることはできる」。

高次意識の体験が世界を変える──量子物理学者ジョン・ヘーゲリン

全国向けのラジオ放送で、ノートルダム大学のテリー・パッテン教授が、量子物理学者のジョン・ヘーゲリン博士に広範囲なテーマでインタビューを行った。例えば、高い意識状態と瞑想との関係や、超越瞑想の社会的な影響についてなどだ。

コンテストで優勝した学生ジャズピアニストにとって欠かせないもの

ケーラン・ディミックは、13才のときにライオネル・ハンプトン国際ジャズ・コンテスト年少部門で優勝した。人びとが驚いたことは、彼はコンテストの4カ月前まで、正式なピアノのレッスンを受けたことがなかったことだ。

タイの貧しい家庭で育った少女たちが超越瞑想を学ぶ

タイの貧しい家庭では、娘達を学校に通わせることができない。適切な教育を受けていない少女たちは、条件の悪い仕事に就いているため、虐待、エイズ、搾取、麻薬中毒の危険にさらされている。こうした少女たちに教育を与えようと助けている一つの学校が急速に成長している。

ケイティ・ペリーの特別な誕生日──超越瞑想によって学生や帰還兵を支援する呼びかけ

米国のシンガー、ケイティ・ペリーがツイッターで、学生や帰還兵に超越瞑想を提供するための支援をファンに呼びかけている。 超越瞑想プログラムで人生が変わったと語るケイティ・ペリーは、10月25日、彼女の誕生日に、デヴィッド・リンチ財団に寄付するよう呼びかけた。

一流の芸術大学で学生が創造性を刺激するために超越瞑想を提供

ミシガン州のデトロイトにあるクリエイティブ・スタディ大学(CCS)は、芸術とデザインの教育を行っている一流大学だ。この大学では、ストレスを取り除き、創造性を刺激する手法として超越瞑想を学生達に提供している。

超越瞑想を学んだ士官候補生は、疲れず、ストレスからの回復が早い

アメリカで最も古い士官学校のノーウィッチ大学(ベルモント州ノースフィールド)で、超越瞑想に関する先駆的な研究が行われている。 これまでの研究から、超越瞑想の実践は、厳しい軍事訓練と勉強を行っている士官候補生にとって大変、有効であることがわかった。

ジョージ・ルーカス教育財団が制作した短編動画「静かな変革」に描かれた教育問題の解決策

映画「スターウォーズ」シリーズを制作してきたジョージ・ルーカスは、以前から教育に関心をいだき「教育こそが最も重要な仕事である」と語っている。

超越瞑想という音楽によって、心の内側を旅する──ポール・ホーン

ジャズ音楽に革新を起こしたポール・ホーンは、ワールドミュージック(世界各地の民族音楽を採り入れたポピュラー音楽)の創始者と言われている。50年間の音楽活動のなかで、50枚のアルバムを制作し、5回グラミー賞にノミネートされ、2回グラミー賞を受賞した。

脳機能を高めることで、ADHD(注意欠損・多動性障害)が改善

ADHD(注意欠陥多動性障害)の学生の症状が、効果的に改善されたという研究データが、精神医学ジャーナル「Mind & Brain(心と脳)」で発表された。研究では、ADHDの学生の脳波を調査し、彼らが超越瞑想を実践することで脳機能が向上、症状が改善することがわかった。

優れた演奏家の脳は、高度に発達している

新しい研究によると、優れたクラッシック音楽の演奏家の脳は、高度に発達していることがわかった。高度に発達した脳とは、機敏さ、学習意欲、心の広さ、落ち着き、陽気さを生み出す脳のことだ。以前の研究によれば、その同じ特徴が、世界級のアスリートや、トップレベルの経営者、そして超越瞑想を実践している人々にも見られるという。

ワシントンDCの危険地域の学校に通う生徒たちが静かに座る

文・ジョージ・ラザフォード博士(ワシントンDC理想アカデミー校長) ワシントンDCで麻薬問題が深刻になったのは1989年のことです。若者たちの間で殺し合いが始まり、ワシントンはこの国で第一位の殺人都市になりました。

悟りの成功哲学は、苦労して頑張らないこと

超越瞑想は、ストレスを取り除き、能力を高めるだけでない。その最大の恩恵は、人生の究極の目標である「悟り」を実現する、ということ。マハリシは、この点をいつも強調してきた。 UCLAの学生(レイチェル・ケリー)がマハリシにインタビューした記事でも、そのことが明確に表現されている。

真の幸福は内側にある。リンチ監督が超越瞑想について語る

ある出版社の方から「デヴィッド・リンチ監督は、とてもいい人だそうですね」と言われた。私は、もちろん会ったことがないが、アメリカのTM運動に携わっている友人が同じことを言っていた。友人の話では、リンチ監督に会った人はみんな「彼はいい人だ」と口々に認めているそうだ。

知識を入れる器 = 意識 を拡大させることで学習能力を高める

両親の多くは、自分の子供にアメリカで最高の教育を受けさせるために、何千マイルも離れた場所からアイオワ州南部の小さな町へと引っ越して来る。1974年に開校した、このマハリシ・スクールには、現在、幼稚園から高校まで約300人の生徒が在籍している。

意識に基づいた教育を行う英国マハリシ・スクールがフリースクールとして公立学校に認定

ランカシャー州スケルマズデールにあるマハリシ・スクールの校長は、同校が教育省からフリースクールとして認可され、イングランドの公立学校に堂々と仲間入りしたと発表した。

「静かな時間プログラム」を授業に採用したアリゾナの学校で大きな変化

アリゾナ州トゥーソンにある美術学校は、アメリカで「静寂の時間(超越瞑想)プログラム」を最初に取り入れた学校の一つだ。プログラム管理者サムソン教師は、超越瞑想が落ち着きのない学生達の心を静めるのに役立つだろうと考えた。