Category Archives: 教 育

健全な脳は、ストレスによって制限されない(2)

ADHDなど学習障害をもつ子供は、多くのストレスを体験している。彼らの脳はうまく働くことができず、ストレスによって制限されている。ところが超越瞑想を学習に取り入れた生徒は、半年ほどで学習障害を乗り越えていくことがわかった。

健全な脳は、ストレスによって制限されない(1)

健康的な脳は、ストレスや緊張を受けても機能は制限されない。と、脳の研究で50以上の論文を執筆したフレッド・トラヴィス博士は説明する。彼は、これまで超越瞑想の実践者と、そうでない人たちの脳機能を調査してきた。

不安が減少し、成績が劇的に向上した瞑想を行う子供達

多くの学校関係者は、子供達が、以前よりも大きな不安感とストレスを経験していることに気づいている。以下の研究は、そうした憂慮すべき事柄を浮き彫りにしている。

知識の基盤は自分自身──意識がはっきりとすれば、勉強は面白くなる!

現代教育に欠けているもの、それは自分自身についての学習だ。生徒は、さまざまな知識について学んでいるが、自分自身のことは何も知らない。「私」とは一体何だろうか? 自分はなぜ存在するのか?

学級崩壊の原因はストレス。機能不全の学校に転機が訪れる

ヴィジテーション・ヴァレー中学は、サンフランシスコの最南の貧困地区にある。そこは、サンフランシスコの中でも最も危険で抑圧された地域の一つだ。 ジム・ダーキーは、一九九九年にヴィジテーション・ヴァレー中学の校長に任命された。

中南米の各国で、学校や軍隊に超越瞑想を大規模に導入

ブラジルの議会は、国内にある公立中高等学校すべて(約4千8百校)に、超越瞑想プログラムをカリキュラムの一部として採用することを承認した。それによって、近い将来、約4千5百万人のブラジルの学生が超越瞑想を学ぶことになる。

カリブ海にあるドミニカ国で囚人の矯正教育に超越瞑想を採用

絵画のように美しく青々と茂った植物と澄み切った水、ドミニカ島は楽園としての条件を数多く備えている。しかし残念なことに、その清純な性質は、望ましくない記録によって損なわれている。ドミニカ国は、米国やロシアと共に、人口10万人あたりの投獄率が最も高い国の一つに上げられているのだ。

カリブ諸島の学生のADHDを改善するプロジェクトが始まる

注意欠陥多動性障害(ADHD)の問題は、世界の至る所で増加傾向にある。多くの医師や研究者は、ADHDの問題はテレビやコンピュータの使用による感覚刺激の急増と関連していると考えている。また他の研究者は、子供のストレスや不安の増加がADHDに関与していると述べている。

ビートルズは、時代の先取りをしていたのではないか?

ビートルズが、1968年にインドを訪れ、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの教えを受けたことで、超越瞑想に対する世界中の注目が集まった。英国新聞『テレグラフ』の最近の記事は、ビートルズが実は時代の先取りしていたのではないかと考察している。

年間100万人の高校生が退学する米国で、瞑想は解決策になるか?

アメリカ・プロミス・アリアンス財団の最近の報告によると、アメリカの大都市で公立学校に通っている学生のうち、卒業証書を受け取るのは約半数に過ぎないという。アメリカの50の大都市のうち17の都市では、高校の卒業率が50%以下である。

ブラームス──主旋律は無限なるものからやってくる

ブラームスは十代前半のとき、ハンブルグの波止場界隈のダンスホールや宿屋で演奏をして一家の生活を助けた。その同じ地域の同じような場所で、百年余り後にビートルズが演奏技術を磨いた。ブラームスが高名なバイオリニストのヨーゼフ・ヨアヒムと出会ったのは彼が二十歳のときだった。

静かな変革──サンフランシスコで最も荒れた学校が最も静かな学校となる

このビデオでは、サンフランシスコの教育委員会の教育長が、静寂の時間プログラム(超越瞑想)を取り入れた学校の校長、教師、生徒と共に、超越瞑想によって学校全体が大きく変わったということを語っている。

瞑想を行っている学生は、成績が良く、卒業率が高いという研究報告

『Education』誌(2013年6月)に発表された最近の研究では、超越瞑想を実践している学生は対照グループの学生と比べて卒業率が高いことがわかった。 以下は、オンラインの科学ニュースサイト「PsychCentral」に掲載された記事からの抜粋

神の王国は、あなたの内側にある

あるときイエスは、神の国はいつ到来するのかと尋ねられた。神の国は人々が見たり指さしたりできるものではない、とイエスは答えた。そのとき、人々の心を打つ次の言葉が語られた。 「『見よ、ここにある』『あそこにある』などとも言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ。」(ルカによる福音書・第17章21節)

プラトンの「善のイデア」とは単なる知的な概念ではない。それは直接体験できるもの

プラトンという名前はニックネームであり、彼の本名はアリストクレスだった。最初に彼をプラトン(「幅広い」を意味する)と呼んだのは、彼のレスリングの師匠であったらしい。その呼び名の由来は、彼の肩幅の広さ、もしくは彼のレスリングのスタイルを表したものだったのかもしれない。

教育の成功は、まず第一に知識を受け取るための器、生徒の意識を高めること

すべての生徒の能力を高め、人格を成長させる理想教育があるとしたら、それは今の教育とどこが違うだろうか? 勉強が退屈だという生徒に教師が一生懸命、知識を与えようとしても、彼は決して受け取ることができない。なぜなら知識よりもまず先に、彼自身の明瞭な意識が必要とされているからだ。

目が見えなくても目が見えていても、そこには『絶対』がある──ヘレン・ケラー

ヘレン・ケラーは、二歳の頃から目が見えず、耳も聞こえなかったが、ラドクリフ大学を優秀な成績で卒業し、盲目と聾唖の障害を乗り越えて大学の学位を取得した最初の人になった。彼女は、講演と著述を通じて社会改革に生涯を捧げた。その著書のなかで彼女の内的体験が表現されている。

詩人ルーミーが詠う、想念を超えた向こう側

米国で最も人気のある詩人──ジャラール・ウッディーン・ルーミーは、800年前、はるか彼方の地に住んでいたイスラム教の説教師、神学者だ。彼は、ベルシア文学史上における最も偉大な詩人であり、世界文学においても最大の詩人の一人に数えられている。彼の詩は、彼の体験を詠うもので、それは時を超えて人々を魅了している。

そこには進化も運命もなく、ただ存在だけがある──生命の根源をかいま見ていたアインシュタイン

アルベルト・アインシュタインは、史上最も偉大な科学者の一人として広く認められている。彼のすべての業績は一つの究極の目的に集中している。それは、自然界の多様さの根底にある統一を理解することである。

超越主義のエマソンがかいま見ていた永遠なる一つの体験とは?

1836年に『自然(Nature)』と題されたエッセイが匿名で出版された。このエッセイはとりわけ大学生の間で大きな反響を巻き起こし、彼らは同好会を作ってそれについて論じ合った。 このエッセイは、アメリカ超越主義と呼ばれるようになった運動の端緒を開き、アメリカ全体に影響を及ぼした。