医科大学の試み。研修医の異常に高いストレスは瞑想で対処する

医学生は、研修医として超多忙な生活をおくり強いストレスを受けている。米国の一流の医科大学ロヨラ大学シカゴ校では、こうした医学生のストレスに対処するために超越瞑想を取り入れていることを、米国シカゴの公共放送が報告した。以下はその記事の抄訳。

◆ ◆ ◆

医学生はストレスに苦しんでいる。事実、「グレイズ・アナトミー」や「ER」のようなTVドラマを視聴した人なら誰でも、そのようなストレスは研修医の職務につきものだとして、ほとんど当然のように考えるだろう。だが、そのストレスは命取りの結果を招く可能性があり、また、多くの医学生がストレスのために中退を余儀なくされているのだ。

しかし今、アメリカの一流の医科大学であるロヨラ大学シカゴ校のストリッチ医学部では、初の試みとして研修医が自己治癒できるように、超越瞑想(TM)の選択制授業を提供している。

メイヨ・クリニックによると、瞑想は何千年ものあいだ実践されてきた。しかし、「瞑想」は実際にはリラックスした状態を生み出すための各種の方法を包括的に表す用語だ。ヨガや太極拳から、祈りや、一種の集中ウォーキングに至るまで、なんでも瞑想とみなされている。同クリニックは、TMを「簡単で自然なテクニック」と表現する。

TMに関して、メイヨ・クリニックのウェブサイトには、「個々人に直接に与えられるマントラ(言葉、音、フレーズを意味する)を、ある特定の方法で心のなかで繰り返す。この形式の瞑想は、身体を落ち着けて深い休息とリラックスの状態に導くとともに、心の内側に安らぎの状態を生み出すが、集中したり努力したりする必要はない」と記載されている。

ロヨラ大学でTMを指導するカーラ・ブラウンさんは、マントラは重要だと語る。

「TMをすれば心は自動的に落ち着き、想念を超えていきます。TMで想念と戦う必要はありません。」

2014年~2015年の学年度に初めて開講されたロヨラ大学のTMの授業の目的は、医学生たちが医療の現場で勉学や仕事をするときにさらされる異常に高いストレスレベルに対処するのを支援することにある。

TMの研究で実績のある優れた研究者たちによる一連の講義に加えて、学生たちは、普通は1日2回、15~20分間ずつ、みずからこのテクニックを実習する。

ダニ・テレルさんは、ロヨラ大学医学部の2年生で、この授業を受講している。クリニックの職務に加えて1日3回~4回の講義を受けているテレルさんは、週に60~90時間、どこにいても働いているという。TMを実践して人生が変わった、と彼女は語る。

「TMをすることで、内側でも外側でも私という人間の質が変わりました。その変化のある部分は、TMが私の潜在力を最大に発揮させてくれたことにより生み出されました。誰でも自分の中に潜在力があることを知っていますが、毎日、後から後から現れる小さな障害やストレスのためにその潜在力の発揮は妨げられています。」

TMの恩恵は、医学生のストレス管理に役立つという範囲をはるかに超えている。メイヨ・クリニックによれば、TMは、うつ病、不安症、心的外傷後ストレス障害など、数え切れないほどの精神健康上の問題への対処に役立つことが証明されている。また、TMには集中力や学習能力を高める効果もある。

「[TMの授業の]初日に、瞑想の方法を学ぶのですが。」とテレルさんは語る。「その初日から、私はとても落ち着いて、頭の中がはっきりとし、そして最高の休息が得られました。それはTMの最大の魅力の一つだと思います。… 睡眠中でさえほとんどの人が得られないほどの深い休息が20分間で得られるのですから。」

メイヨ・クリニックによれば、TMは、身体面の健康にも恩恵をもたらす。このテクニックの実践は、高血圧や高心拍数の軽減など、心臓の健康の改善に関連付けられている。また、TMは、偏頭痛を和らげ、注意欠陥多動性障害の影響を軽減する効果がある。

「このコースを継続的に受講している学生のほとんどは、人生を変えるほどのTMの効果に気づいていると思います。」とテレルさんは言う。「多くの学生は偏頭痛があったのですが、TMを始めてからは、彼らの偏頭痛はもう起こらなくなっています。偏頭痛の引き金になっていたストレスが減ったからです。」

ますます要求が厳しくなる労働環境のなか、医師と研究者は、TMを補完医療として促進する動きを進めている。

ロヨラ大学ストリッチ医学部の学部長であるリンダ・ブルベイカー博士は、この授業を提供することは実に簡単であったと語る。

「これにはリスクがありませんし、私たちは医学生たちを本当に大切に思っているので、わが校の医学生たちには、立ち直りの早い医者になれるように、セルフケアを学んでほしいと考えています。超越瞑想は、彼らがその目的を達成するために役立つ手段の一つなのです。」とブルベーカー氏は語る。

「自分自身の世話がしっかりとできて、その上で患者さんのためにより多くのことができる医師に診てもらいたいと、誰だって思うでしょう?」

Source:http://chicagotonight.wttw.com/2016/02/25/loyola-university-offers-medical-students-meditation-combat-stress by Paul Caine, WTTW Chicago Public Media  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]