ライフ

瞑想は、有名人の流行からはじまり、社会に定着した【瞑想の歴史 / The New York Times】

デヴィッド・リンチ財団が主催したチャリティー・コンサートが開催された際、The New York Times が超越瞑想について下記のように書いている。

以下は、その記事からの引用。

有名人による瞑想普及の歴史

超越瞑想は、近年のマインドフルネスと呼ばれている「すべてに気づいている意識」に達するための1960年代からある瞑想法だ。

1967年に、ビートルズが、超越瞑想の創始者であるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの後を追ってインドに旅して以来、長年にわたって有名人からの支持を得てきた。

2014年11月には、ケイティ・ペリー、スティング、ジェリー・サインフェルドらが、ニューヨークで行われたデヴィッド・リンチ財団のチャリティー・コンサートに参加している。

この財団は、映画監督のデヴィッド・リンチが超越瞑想のメッセージを広めるために設立した組織だ。

ザ・ビートルズを魅了した瞑想とマハリシ・マヘーシュ・ヨーギービートルズが初めてマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーに会ったのは1967年のことだった。超越瞑想の教師として知られるマハリシが英国で講演ツア...

「有名人の瞑想」から、学校やビジネスなど社会に定着

今日では、超越瞑想の支援者は非常に多い。こうした状況から、超越瞑想は、ニルヴァーナ(インド哲学に由来する言葉。さとり)を探し求める裕福な有名人の一時的な流行ではなかったことがわかる。

1日2回、ストレスを減らすために行うこの簡単な瞑想法は、21世紀に入ってから、公立学校、ヘッジファンド、退役軍人の間に広がってきた。

世界の天才教育、林修のワールドエデュケーションで紹介された特別な時間【瞑想の効果/学力】 えつこ 2015年にマハリシスクール(カリキュラムに瞑想を取り入れている学校)がテレビ番組「林先生が驚いた!世界の天才教育 林修のワ...