キレイも幸せもゲットできる!? アメリカ発の瞑想が一大ブームに

日本では、瞑想を学ぶ人たちは圧倒的に女性が多い。ヨガのブームをきっかけに、健康志向の人たちの間で瞑想の人気が高まるなか、簡単にできるリラクセーション法として瞑想を始める女性が増えている。

海外のファッション・モデルや女優にも、超越瞑想を行っている人は多い。こうした兆候からか、ファッション誌「Numero TOKYO(1・2月号)」が未来のトレンドを予測する特集を組み、その一つとして瞑想を取り上げた。記事のなかでは、マハリシ総合教育研究所の麹町センター、伊藤喜久江教師が取材に答えている。以下は、その記事からの引用です。

◆ ◆ ◆

アメリカでは企業研修などビジネスの場で広く取り入れられているが、日本では最近30~40代の女性を中心に始める人が急増中だという。超越瞑想の講師である伊藤喜久江さんに話を伺った。

「急速な情報化によって人々の生活はストレスフルになり、誰もが不安や悩みを抱えて生きる時代に。そこで注目され始めたのが健康的でナチュラル志向のライフスタイル。ヨガをきっかけに瞑想を始める人も多く、最近は働く女性だけでなく主婦の方なども含め、毎日の生活の一部として取り入れる人が多くなりました」。

「瞑想は規則的に行い、継続することで効果も高まります。一日2回行うのが理想的で、朝行えば一日を気持ちよくスタートさせることができ、その後の仕事においてもアイデアや判断力、思考力がアップし、パフォーマンスが格段に上がります。一日の活動が一段落したころにもう一度行うことで、疲れた心と体が休まります。寝つきもよくなるため、睡眠の質が上がり、朝もすっきりと目覚めることができます。そうすることで常に心が安定し、気分がいい状態に保てますから、考えや行動も自然と前向きになり、おのずと人間関係など自分を取り巻く環境もよくなっていくはずです」。

瞑想によってストレスをうまくコントロールすることは、心身の健康、ひいては肌やボディなど美容面においてもいい効果が表れるはず。これからますます社会における活躍が期待される女性たちにとって、お金をかけず、自分のペースで続けられる究極のリラクゼーションメソッドとして日本でも瞑想ブームが来る可能性大!

「Numero TOKYO」2016年1・2月号掲載


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]