研究結果:瞑想はがんの患者に有効

乳がんの診断を受けたあと5人の患者のうち4人は、不安やストレスを和らげるために相補的な療法を受けている。

コロンビア大学が、がんの研究を行ういくつかの主要な組織と協力して新しい研究を行った。それは、どの治療法ががん患者にとって最も効果があるかを調査した研究である。その結果はどうだったのか? 驚いたことに、瞑想とヨガが一番効果があることがわかった。
 

医療機関のための実際的なガイドライン

 
米国国立がん研究所の研究論文誌(オックスフォード大学出版)に掲載された綿密な研究では、80の異なる代替療法の効果を調べるために、過去25年にわたる4,900件以上の臨床試験を調査した。

そして、それぞれの治療法は、さまざまな症状に対する治療効果に応じてランク付けされた。

その結果、全般的に、超越瞑想を含む瞑想法、ヨガ、何かをイメージするリラクゼーション法が、それらの使用を保証する最も有力な証拠があることがわかった。

そうした治療法には、乳がんの患者に共通の不安や他の気分障害を改善する効果があることがわかり、「A」ランクに分類され、毎日行うように推薦されている。

瞑想法、ヨガ、リラクゼーション法のなかでも「B」ランクに分類されたものには、ストレス、落ち込み、疲労を減らす効果が認められた。

研究者はさらに、いくらかの治療法をCランクに分類している。例えば、痛みをやわらげる効果があるとして、手かざし療法はCランクに分類された。またアロエベラ・ジェルには、放射線療法による皮膚反応を防ぐ効果は認められず、推薦されなかった。
 

どの治療法を試すべきか患者は知ることができる

 
乳がんの女性たちは、代替医療を最も多く利用している人々だ。広範囲にわたる研究によって、今では効果のあるものとそうでないものとを簡単に見分けることができるようになった。

「乳がんの患者の多くは、症状を抑えて、生命の質を高めるための統合医療を試してきました。しかし、現在のところ患者たちに提供されている多くの製品や実践法のうち、ほんのわずかなものしか効果は認められていません。それが今回の研究によって明らかになりました。」と、コロンビア大学の研究主任であるヘザー・グリーンリー博士は語っている。

「乳がん患者と彼らの担当医が、どのような統合医療を使用すべきかを決定する上で、このガイドラインは重要な役割を果たします」と、グリーンリー博士は説明している。

「それぞれの治療法ごとの危険性と効果の割合を評価する際に、担当医と患者が共有できる意思決定の方法を採用すべきであることを、これらのガイドラインは示しています。患者の症状や治療費に応じて、その人に合った治療法を推薦することが重要です。」

研究論文の全文
ヘザー・グリーンリー博士他(2014年)「乳がん治療を受ける患者にとっての助けとなる統合治療の使用に関する臨床診療ガイドライン」。米国国立がん研究所の研究論文誌50号、346-358ページ。
 

患者の体験談

 
「治療中に見失っていたものが一つありました。それは心の平静さを保つということです。TM(超越瞑想)は病気が回復する過程で、心の支えになります。」──ロビン・ロバーツ(放送ジャーナリスト)

「21才のときに超越瞑想を学びましたが、やる日もあれば、やらない日もあり、実習は不規則でした。しかし、乳がんの診断を受けてからは、毎日瞑想するようになりました。瞑想はストレスを取り除いて、バランスを取り戻してくれました。もうストレスを感じることなく、忙しい日々を過ごしています。何が起こっても、なんとかそれに対処できるようになりました。私は自分の人生をうまく扱えるようになり、仕事もうまくいっています。」──ロニット、オーストラリアのパースに住むバイオリン教師

原文・TM HOME

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]