斬新で独創的なアイデアのカメラマン、オリヴィア・ロッヒャー

24才のオリヴィア・ロッヒャーは、多くの作品を生み出ているニューヨーク出身の優秀なカメラマンだ。彼女の作品は視覚的に心地よく、技術的に完璧でありながら、常に周囲の社会情勢に関する奥深い挑発的なメッセージを伝えている。

男女同権から商業化の問題まで、オリヴィア・ロッヒャーは、彼女のカメラによって論争を巻き起こすことを決して恐れない。

彼女の作品のなかに「私は法と戦った」シリーズがある。アメリカの州の法律のさまざまな歴史的な気まぐれを写しだし、大げさに表現することで、彼女は、カフカ的な超現実的世界観を築き上げた。そこでは、自転車に乗ることから、アップルパイを食べることまで、すべてが法律によって規定されているのだ。

たとえそれらの写真の大部分が都市伝説や寓話に根ざしていたとしても、それらは権力の問題を取り上げているため強烈である。我々の多くは、ただ単に他人に考えてもらう方が簡単だという理由だけで、質問すらせずに国や州の法律に自分たちの権利を明け渡してしまう傾向があるからだ。
 

olivialocher.com

 
この若いアーティストは、どこから発想を引き出し、魅力的で、斬新で、独創的なアイデアを生み出しているのか?

2012年に、オリヴィア・ロッヒャーは、独自性と革新的な才能が認められ、新進のカメラマンを対象とした名高いコンシエンシャス・ポートフォリオ・コンテストで優勝した。

ノミネーションの後に行われたインタビューで、彼女は、常に多くの作品を作り続けることが、作品の質を高める上で非常に重要であると語っている。

「最高のアイデアを見つけるために、自分自身の内側に深く入っていかなければなりません。そのために、私は1日2回の超越瞑想を毎日行っています。瞑想することで、常にアイデアが沸いてくるからです。」

そして、よい作品を生み出す秘訣は、創作者の意図が作品全体に貫かれていることが重要であると彼女は感じている。

「私は、他人の評価を気にせず、自分のアイデアに忠実に従って作品を作るアーティストに引きつけられます。」

思い切った芸術面での自主性をもち、なおかつ大衆の意識の奥底にある感情とのつながりを保つこと。この組み合わせが真に偉大なアーティストを生み出すのだ。

オリヴィア・ロッヒャーは、その秘密を発見した。

原文・TM HOME

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]