健康な人は、幸福な人

病は気からといいますが、悩みや心配事は、病気を引き起こす大きな要因となっています。このことは、ハーバード大学とデューク大学で行われた「病気の原因」を調査した研究によっても明らかになりました。

この研究では、学生を対象に卒業後の40年間に渡って、半年ごとに喫煙や運動量、食生活、結婚して子供が何人いるか、病院の通院回数の追跡調査が行われました。その結果、病気に関係する最も重要な二つの要因が見つかりましたが、それは運動でも食生活でもなければ、タバコを吸うことでもありませんでした。

その第一の要因は、仕事の満足度です。そして第二の要因は、自分がどれだけ幸福であるかという自己評価でした。つまり、仕事に満足しているか、どれだけ幸福であるかという精神的な要因が、私たちの健康に大きく影響しているということです。

では実際に、満足のいく仕事をして、幸せな人生を生きるためにはどうしたら良いのでしょうか? そんな誰もが知りたい疑問に答えてくれるのが、今月の蓮村誠医師の講演会です。蓮村医師は、心と体の両面から健康を高めるマハリシ・アーユルヴェーダの専門医師であり、今回の講演会では、次のようなテーマで健康と幸福を高める方法についてお話されます。

・健康になるための五つの条件
・人生の四つの目標
・幸福になるための三つの条件
・成長を測る四つの証

また、仕事の満足度を増し、幸福感を高める上で瞑想が効果的であることがわかっています。例えば、米国で2000人の超越瞑想を実践している人々の医療利用率を調べた結果、瞑想している人は、していない人と比べて、病気になる確率が50%以下であることが確認されました。いつまでも健康で、幸せに暮らすために、日々の生活で瞑想することは大変意義あることです。

講演会では、マハリシ・アーユルヴェーダと深いつながりのある瞑想について、超越瞑想教師として長年第一線で活躍している鈴木志津夫氏(マハリシ総合教育研究所代表理事)が、科学的データを用いながらその効果やメカニズムについてお話されます。

講演会:「健康と幸福の拡大:アーユルヴェーダにおける瞑想の重要性」
講演者:
蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)
鈴木志津夫(マハリシ総合教育研究所代表理事)
日 程:
2014年10月25日(土)18:30~20:30(受付18:10より)歓談20:30~20:50
会 場:大手町サンケイプラザ(大手町駅直結A4・E1 出口)2F
参加費:2000円
主 催:一般社団法人マハリシ総合教育研究所

蓮村 誠:マハリシ南青山プライムクリニック院長。診療の傍ら全国各地での講演活動、書籍執筆、テレビ出演、雑誌の連載などマハリシ・アーユルヴェーダの普及に努める。著書「脳の疲れをとる本」(中央公論新社)など多数。

鈴木志津夫:一般社団法人マハリシ総合教育研究所代表理事。京セラ株式会社、住友重機械株式会社、ソニー株式会社など30社以上の企業研修を担当する。13万部のベストセラーとなった「超瞑想法TMの奇跡」共著(PHP研究所刊)がある。

問合せ:マハリシ総合教育研究所・東京事業本部
TEL 03-6272-9398(平日 10時~16時)

 
超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]