ヘザー・グラハムが語る「心を空っぽにする時間」

ハリウッド・スターのヘザー・グラハムは、これまで20年以上にわたって超越瞑想を実践してきた。彼女は、90年代の初めに『ツインピークス』の仕事をしたとき、デヴィッド・リンチ監督から超越瞑想を勧められ、それ以来ずっと1日に2回、規則的に瞑想を続けている。

『デルタ航空誌』の昨年のインタビューで、グラハムは、超越瞑想が心を空っぽにして、より大きな宇宙とつながり、生きる喜びと内面の静けさを感じる助けになっていると話している。グラハムにとって瞑想は完全に自由な空間を与えてくれるものなのだ。

「お休みの日は、今日は何もする必要はないからこの椅子に座ってゆっくりしよう。どこにも行く必要はないから……と思います。そして何もしないでそこに座っているのです。そうすると何もしないのはとても気持ちいい、と感じます。」

ヘザー・グラハム(1970年生まれ)は、『最も美しい女性』としてよく雑誌に取り上げられるハリウッド女優である。グレアムは、チルドレン・インターナショナルや様々な環境問題の支援者でもある。

原文・TMhome


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]