健全な脳は、ストレスによって制限されない(1)

健康的な脳は、ストレスや緊張を受けても機能は制限されない。と、脳の研究で50以上の論文を執筆したフレッド・トラヴィス博士は説明する。彼は、これまで超越瞑想の実践者と、そうでない人たちの脳機能を調査してきた。それでわかったことは、瞑想者は、ストレスのある状況の中でも脳機能が制限されず、より柔軟に物事を対処している、ということだ。「エンライトメント・ニュース」掲載のこのトラヴィス博士(マハリシ経営大学教授)のインタビューを二回に分けて掲載する。

◆ ◆ ◆

──脳に関してはかなりの数の研究が行われていますが、この分野の研究がそれほど重要である理由を教えていただけますか?

トラヴィス博士:脳は、私たちと現実世界との間の橋渡しをするインターフェースです。私たちは世界を知覚し、私たちの脳の機能に基づいて世界に対して反応します。脳は、外界での私たちの経験を私たちの意識が理解できる形に変換し、また、私たちの意識のインパルスを私たちが周囲の世界に反応できるように変換しています。

私たちのすべての行動は脳に影響を与え、脳を物質的に変化させます。ストレスや疲労などは脳の適応能力を低下させてしまうので、外界の経験を処理して反応する私たちの能力はハンデを負わされることになります。

ストレスに起因する制約を受けずに機能できる健康な脳を持つこと、それがとりわけ重要です。健康な脳の最も重要な特徴はおそらく適応能力でしょう。なぜなら、この世界は絶え間なく変化しており、脳は私たちを取り巻く環境の一瞬一瞬の要求に応じて変化しなければならないからです。私たちがストレスや疲労、その他のネガティブな要因による制約を受けていると、脳の適応能力が落ちてしまうので、外界の出来事を処理して対処しようとするときに不利になってしまうのです。

アルコール、薬物、ストレス、貧困、睡眠不足は、思考・記憶・処理の能力を損なうような変化を脳に与えることが研究結果から分かっています。

──研究では、脳をストレスから回復させる超越瞑想の効果について、どのようなことが分かっていますか?

トラヴィス博士:人がストレスを受けているとき、前頭前皮質(意思決定と実行機能に関与する脳の部分)が活動に関与する度合いが小さくなっています。脳のその部分が「オフライン」になっているようなものです。(ストレスを受けている脳と瞑想中の脳との比較は、こちらを参照)

超越瞑想はそれとは正反対の影響を脳に与えます。神経画像技術を用いた研究を見ると、目を閉じて座って休息しているだけの状態と比較して、TM(超越瞑想)の実践中には脳の前頭野の活動が増大していることが分かります。また、前頭野の活動が増大するだけでなく、脳の後部(頭頂野)の活動も増大しています。脳のこの2つの部分は、注意回路の一部を構成しています。

TMを実践することで、意思決定および実行機能を司っている脳の注意回路が強化されるので、私たちが包括的な理解力を必要としているときに、たとえストレスを受けている状況であっても、物事を包括的に把握できるようになります。

PastedGraphic-3

経験を繰り返すことで脳は変化するので、私たちは超越瞑想を行うたびに、自分の脳の注意回路(attentional circuit)を強化しているのです。もし私たちが肩の筋肉を増強したいのであれば、肩の筋肉を鍛える特別な運動を行います。そして鍛えられた筋肉を使って、食料品店で買い込んだものを家に運んだりするでしょう。それと同じように、TMによって注意回路が強化されるので、私たちが包括的な理解力を必要としているときに、たとえストレスを受けている状況であっても、物事を包括的に把握できるようになります。なぜなら、前頭野にある注意回路が以前よりも強くなっているからです。

また、超越瞑想中の「安らぎに満ちた機敏さ」という独特の体験は、脳の中核部である視床を休息させます。視床は配電盤のようなもので、すべての知覚情報はいったん視床に入り、そこから脳に向かいます。超越瞑想を行うと、知覚経験の配電盤はより休まった状態になります。

P1000754

脳波を測定するための装置をつけるトラヴィス博士

──あなたがアメリカン大学で行った研究では、学生がTMを実践してとても深い落ち着きを体験した結果、試験のプレッシャーに負けずにより高い能力を発揮できたということですが、それについて話していただけますか?

トラヴィス博士:現代の大学生活には大変なストレスがあります。多くの学生はストレスを自己流の方法で処理しています。大学生のほぼ半数が深酒をし、20%が非処方薬を服用しています。調査によれば大学生の80%がいつも疲労を感じていると報告しています。

3カ月にわたって実施されたこの研究で、瞑想をしている学生は、倦怠や疲労を感じることがより少なく、ストレス刺激からの回復がより速く、脳統合尺度の得点(感情の安定性、道徳観念の高さ、不安の少なさと相関性がある)が高いという結果を示しました。

『サイコフィジオロジー』誌に発表された私たちの無作為対照化研究では、TMを始める前とTMを3か月実践した後で学生の脳がどのように機能しているかを調査しました。この3カ月間の計測は春の期末試験の直前に行ったのですが、おそらくそれは学生にとって一年のうち最もストレスの多い期間です。期末試験中、たいていの学生は何日間も深夜まで起きていて、健康に良くない食事をし、運動はせず、強い不安を感じています。これらの要素はどれをとってもそれだけで脳の統合的機能を低下させることが知られています。

研究が実施された3カ月間、TMを実践していない学生は、脳の働き、注意力、能力が低下していることを示しました。それに対して、学生が実践する超越瞑想は、大学生活がもたらす大きなストレスの影響を緩和させることがわかりました。瞑想をしている学生は、倦怠や疲労を感じることがより少なく、ストレス刺激からの回復がより速く、脳統合尺度の得点(感情の安定性、道徳観念の高さ、不安の少なさと相関性がある)が高いという結果を示したのです。

脳統合性尺度は、脳全体が統合されて機能しているか、それとも脳の各部分が切り離されて機能しているかを知るための尺度になります。期末試験の期間のストレスは瞑想している学生に影響しなかっただけでなく、実際には彼らの脳は超越瞑想の習得前よりも高いレベルで機能していました。超越瞑想がもたらす超越の体験は脳機能を根本から変化させるので、学生はストレスの悪影響に悩まされなくなり、より効率的により上手に生活を送れるようになります。それにより学生は、不安やストレスに悩まされる人生ではなく、穏やかさと全体性が保たれた状態で人生を送ることができるのです。

【2】に続く


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]